【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【光合成促進】水草に酸素の気泡をたくさん付ける方法

今回は「水草に酸素の気泡をたくさんつける方法」を解説します。

ようするに「水草が光合成しやすい環境」を作れば良いわけなんですが、それが難しかったりしますよね。

水草には育成するのに欠かせない5つの要素があります。

それを知り、1つ1つクリアしていくことで水草を自由に育てることが出来るようになりますよ。

皆さんがキレイな水草水槽を作り、維持できるようになっていただきたいので、ぜひ読んでみてください。

元気

特に「水質」で躓く方が多いですよ!

5つの要素

  1. CO2
  2. 水質
  3. 肥料
  4. 温度

こちらが水草には生育するのに欠かせない「5つの要素」です。

このうち「ひとつでも」欠けると水草は元気に育ちませんよ。

つまり

=気泡も付かない

と言うことです。

これらをバランス良く揃えることが大切なんですね。

それでは1つ1つ解説していきます。

なんと言っても光ですね。

「光合成」と言うからには、光が無いと始まりません。

適切な光量を、適切な時間当てることが大切ですよ。

こちらの記事で「光」について詳しくまとめましたので御覧ください。

また、各サイズ別に私がオススメするライトもまとめましたので、興味のある方は見てみてくださいね。

CO2

気泡が見たいなら添加は「必須」

高圧ボンベ式のものでしっかりと添加しましょう。

実は水質が合っていないと、添加しても水草にあまり利用出来ない形に変化してしまいます。

添加をお考えの方は一緒に「水質」も気にするようにすると理解が深まりますよ。

ちょっと上級者向けの内容ですが、水槽環境別に適切なCO2添加量を知る方法をまとめましたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

水質

躓く方が一番多いのがこの「水質」です。

実は「CO2の有効度」「肥料の吸収効率」に密接に関係しています。

ここがズレてしまうと、他でどんなに努力しても無意味。。。なんてこともあります。

「何をやっても水草が上手くいかない。。。」
なんて方は、水質を調整してみると幸せになれるかもしれませんよ。

こちらで詳しく解説しましたので、ぜひ読んでみてください。

読むのが面倒だ!

という方にザックリとアドバイスをすると

「換水時にテトラKH/PHマイナスを使うこと」

規定量の使用でOKですので、一度試してみることをオススメします。

肥料

割と気にする方が多い要素だとは思いますが、安易な肥料添加はオススメしません。

「苔の発生」に繋がるからです。

特に、「水草育成用ソイル」を使っているなら、とりあえずは添加しなくて育ちますよ。

まずは、他の要素を完璧にして、それから肥料に向き合うのでも十分に間に合います。

もし、肥料添加を始めるなら「カリウム肥料」「換水」からスタートされることをオススメしますよ。

カリウム肥料
水槽内で一番不足しやすい栄養素です。液体、固形どちらでも構いませんので、使いやすいものをご利用ください。
換水
厳密には肥料添加ではありませんが、水道水中のカルシウム、マグネシウムが水草に効きます。カルシウム、マグネシウムを含む肥料はあまり無いので換水で補うのが良いですよ(今後、変わる可能性はありまますが)

水草の必要とする栄養素についてはこちらで詳しく解説しました。

長いので、お時間のあるときにでも目を通してみてください。

温度

ざっくりと言えば「25℃」前後に水温を保てばOKです。

冬場はヒーターを設置して可動させるだけなので簡単ですね。

夏場は「水槽用ファン」「水槽用クーラー」「エアコン」等で下げる必要がありますよ。

水草の適温についてはこちらで詳しく解説してあります。

興味のある方は、ぜひお読みくださいませ。

各要素のバランス

ご紹介した5つの要素をすべてがバランス良くなければいけません。

「明るいライト」「CO2添加」があればOKというものではありませんのでご注意ください。

というのも、水草は環境の中で「一番少ない要素」に調子が左右されてしまいます。

そのため「足りないものは何なのか?」を常に問いかける必要がありますよ。

特にCO2と肥料に関しては「水質」が合っていないと利用出来ないという制約があるので特に注意が必要です。

この一番少ない要素の左右されることを「リービッヒの最小律」と言います。

こちらで詳しく解説しましたので、ぜひお読みください。

元気

水草育成の基本となる考え方ですので、覚えておいて損は無いはずです!

「気泡」が付きやすい水草

葉の表面に気泡が付きやすい種類を入れることも大切です。

全部、気泡を付ける草にしてしまうと、レイアウト的に煩くなってしまうので1、2種類ほど取り入れると良いですね。

種類によっては、絶好調でも気泡をあまり付けないです。

気泡が付いてないからといって、一概に調子が悪い訳ではありませんよ。

いくつか「大きな丸い気泡を付ける水草」をご紹介いたしますので、レイアウト制作の参考にどうぞ!


それぞれ図鑑までのリンクになっていますので、育成、レイアウトのコツなどを知りたい方は飛んで見てくだいね。

あわせて読みたい
直感で選ぶ水草図鑑直感で選ぶ水草図鑑

水草の「量」も必要

気泡が出る条件として水草の調子の他に「酸素が飽和している」ということも重要です。

「飽和」と聞くとなんだか難しげですが、ようは「これ以上、酸素が溶けない状態」ということです。

そのため、水草の量が少ないと抜群に光合成をしていても気泡が見れないこともありますよ。

特にセット初期など、水草の総量が少ない場合はあまり気泡が付かないかもしれません。

調子よく繁茂して水草の量が増えれば、自然と気泡が確認出来るようにはるはずですよ。

まとめ

「たくさん気泡がついている」=「調子の良い水草」

と言えますので、水草を元気にする方法を考えて行けば自然と気泡も付くはずです。

上手くいかないなぁ。。。
と言う方は、5つの要素を1つ1つクリアしていくのが面倒なようで1番の近道ですよ。

特に「水質」で躓かれている方が多い印象です!

元気

「基礎技術を極めると必殺技になる」というのは水草も同じです。まずはこちらの記事を読んで水草の基本から知ると良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です