「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

【水槽用ヒーターまとめ】水槽サイズ別にオススメのヒーターをご紹介

今回は水槽用のヒーターについてまとめました。

水槽サイズ別ヒーターの選び方やオススメのヒーターメーカー、使用上の注意点などを初心者の方にも分かりやすく解説します。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

元気

後半にヒーターの「隠し方」もまとめました。ヒーターの見た目が許せない方はぜひ目を通してください!

ヒーター適合表

AR100

ヒーターのパワーは「W数」で見ます。
↑画像の「プリセットオートAR100」みたいに商品名に数字が入っていますがコレが「W数」を表しています。ヒーターを選ぶ際は「水量」と「ヒーターのW数」を照らし合わせましょう。

私が使っている「水槽サイズ別ヒーター適合表」を載せます。
ヒーター選びの際にご利用ください。

水槽サイズ水量ヒーターW数
30cm15L50W
30cmキューブ27L100W
45cm35L100W
60cm60L150W
60cm×45cm×45cm120L200W
90cm180L200W×2
120cm240L300w×2
180cm650L300w×4

※120cm水槽以上のサイズはやや容量不足ですがなんとかなっています。

元気

私は関東地域でしか水槽を管理したことがありません。なのでどの程度かは分かりませんが、もっと寒い地域にお住まいの方は「1つ上の機種にする」などして対応した方が良いかもです。
あわせて読みたい
水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

小型水槽用のヒーター

PA20

最近はこんな形の小型水槽用のヒーターもあります。
発熱量が小さく、生体が火傷しない優しい設計です。
その分、温める力は弱いので余裕をもって使用したほうが良いです。例えばこちらの画像のヒーター「プリセットオートヒーター20」は7Lまで対応しますが、5L程度までと考えた方が良いですね。

小型水槽用のヒーター適合表も作りました。
こちらもチェックしてみてください。
※余裕をもった設定にしてあります

水槽サイズ水量ヒーターW数
ボトルアクア2L10W
15cm3L15W
20cm5L20W
20cmキューブ8L40W
注意
小型水槽用ヒーターには「設定温度が23℃」になっているタイプがあります。低温に強い亀や金魚、グッピー、コリドラス用ですので普通の熱帯魚水槽には使わないようにしましょう!

オススメのヒーターメーカー

エヴァリス製ヒーターがオススメです。
日本製だからなのか「初期不良」「動作不良」が少ないです。
空焚き防止機能を備えているので万が一の時も安心ですよ。

ヒーターカバーなどの樹脂パーツ部分は発火しない素材を使っているので、空焚き時に変形したり煙が出ることはあるかもしれませんが「火」は出ませんよ。興味のある方はメーカーHPを御覧ください。
参考 エヴァリスHPトップエヴァリス

空気中でヒーターが発熱しているとヒューズが飛んで壊れる仕様になっています。なので加熱状態が続くことはありませんよ(ヒューズが飛ぶまで3分くらいかかります)

ヒーター使用時の注意点

  1. 水中で使用する
  2. 水を循環させる

① 水中で使用する
発熱部分が必ず「水中」にあるようにしましょう。
良くあるトラブルは「換水時に電源を切り忘れる」「水が蒸発して水位が減る」ことで空気中で出てしまうことです。空焚き防止機能が働いてヒーターが壊れてしまいます。

② 水を循環させる
フィルターを使用していない水槽では水があまり循環しないので、水槽全体が均一に温まらないことがあります。ヒーターを使う場合は軽くでも良いので水を循環させるようにしましょう。特にオートヒーター、温度可変ヒーター(サーモスタット一体型)を使っている場合は注意が必要です。

オートヒーターと温度可変ヒーター

ヒーターには大きく分けると3種類あります。
それぞれ詳しく解説します。

私が一番オススメするのは②の温度可変ヒーター(サーモスタット一体型)です!

  1. オートヒーター
  2. 温度可変ヒーター(サーモスタット一体型)
  3.  温度可変ヒーター(ヒーター、サーモ分離型)

オートヒーター

AR100
PA20

水槽に入れて電源コードを接続するだけで「簡単」に設置出来ます。
ほとんどの商品が水温を26℃(±1℃)に固定されています。
本体の中にサーモスタット(温度管理をするところ)が内蔵されているので、これだけで水温を暖めることが出来ます。ヒーターの中でもっとも安価です。

コードが短いものが多いので、場合によっては延長コードが必要になるかもしれません。

メリット
  • 設置が簡単
  • 配線が少ないので水槽内がスッキリする
  • 安価
デメリット
  • 水温を調整することが出来ない
  • コードが短い

温度可変ヒーター(サーモスタット一体型)

R100AF

サーモスタットが付いているので水温を変えることが出来ます。
センサーコード(水温を感知する部分)はヒーターの手前側に内蔵されているので配線が増えません。そのためスッキリと配線をまとめることが出来ます。

私が一番オススメするタイプのヒーターです。
理由は「コードが長くて配線が楽」「センサーコードが無いので配線がスッキリ」なところが気に入っています。
欠点は「交換する時に割高」になってしまうことです。

メリット
  • 設置が簡単
  • 配線が少ないので水槽内がスッキリする
  • 水温が変えられる
  • コードが長い
デメリット
  • 交換時に割高になる

温度可変ヒーター(ヒーター、サーモ分離型)

NX150
HTP-300
300RD

昔ながらのヒーターシステムです。
サーモスタットとヒーターが別々に分かれているので、壊れた時に「壊れた部分だけ」を交換することが出来ます。そのため長期的に見ると最もコストパフォーマンスに優れているヒーターです。サーモスタットのセンサーコードを水槽に入れないといけないので、配線が1つ増えます。そのため美観が悪くなるのが欠点です。
大型水槽のヒーターは基本的にこちらのタイプになります。

注意
こちらのタイプの専用ヒーターは必ず「サーモスタット」に接続して使いましょう。水槽が煮えちゃいますよ!
メリット
  • 経済的
  • 水温が変えられる
  • コードが長い
デメリット
  • センサーコードも水槽内に設置しなければならない
  • オートヒーターとの買い間違えに注意が必要

ヒーターの設置位置

極端に言えば「水槽の中のどこでも良い」です。
ヒーターはとても存在感のある器具なので出来れば隠してしまいたいですよね。そのため、隠しやすい「水槽奥」に設置するのがオススメです。

「横置き」「縦置き」の2つの設置方法があります。

・横置き

ヒーターセッティング例 「横」

スタンダードなセッティングです。
カバーが底床に触れるのはOKですが、発熱部分が底床に触れるとヒーターの熱で底床が溶けてヒーターに張り付いてしまうことがあるので注意しましょう。


・縦置き

ヒーターセッティング例 「縦」

こっちの方がヒーターを隠しやすいですが、水位減少によるヒーターの露出事故に注意してください。キスゴムが古くなると外れてヒーターがズルっと水槽の外へ出ちゃうこともあるので、時々キスゴムを新しいものに取り替えてくださいね。

MEMO
ヒーターを設置する際は「電源コード、センサーコードをフィルターパイプなど」に固定するようにすると「外れてしまう」事故を防ぐことが出来ますよ!

ヒーターを隠す方法

決してヒーターは見栄えの良い機材では無いので美観のために隠してしまいたいですね。理想は見えないようにしてしまうことです。

隠す方法は大きく分けると2つの方法があります。

構図素材、水草で隠す

ヒーターを隠す

どんな水槽でも出来る手軽な方法です。
「水槽の奥にヒーターがある場合」限定の方法ですね。
石、流木で大まかに隠してあとは水草を茂らせて隠していく感じです。ついでにヒーターの設置場所のあたりにフィルター配管もまとめると「水の循環も良く、かつ一緒に隠すこと」が出来るのでオススメです。


コーナーカバーを使う

コーナーカバー

こんな感じのL字みたいになっている「板」を水槽奥に設置して配管やヒーターを隠すスペースにします。特に「盛り土」する際に有効な方法ですよ。
盛り土をすると通常なら配管やヒーターを水槽奥に設置することは出来ませんが、コーナーカバーを使えば簡単に水槽奥に設置出来ます。上から見るとこんな感じになります。

コーナーカバーの中にまとめる

これだけだと分かりづらいと思いますのでこちらのページを見てみてください。コーナーカバーを使って上手にレイアウト水槽を作られています。
参考 世界ランク14位の水草水槽のつくり方京都精華大学水槽学部

私も記事にまとめてみましたので興味のある方はぜひ読んでみてください!

まとめ

ヒーターは水槽に設置して電源を入れればどなたでも同じように作用するので初心者の方でも簡単に取り扱えます。

問題は見た目ですね。
どうしても悪目立ちしてしまいます。

「いかに隠すか」
それが問題です。

色々な方法があると思いますので、皆さんも工夫して楽しんでください!
ちなみに私は「コーナーカバー」を使うことが多いです。

元気

エアコンで管理すればそんな悩みから開放されますが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です