【初心者必見】私が行っている苔対策まとめ

【初心者必見!】水草水槽に欠かせない5つの要素

5つの要素

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事は「水草水槽に欠かせない5つの要素」を解説します。

水草を初めて育てる方に向けて「水草水槽ってこんな感じに捉えるんだよー」というお話です。まずはざっくりと全体の雰囲気を感じてくださいね。

水草をキレイに育てるには5つの要素のバランスが大事です。

「高光量のライト」「様々なCO2添加器具」「優秀な底床」など、現在では水草用品がたくさんあります。

しかし、どんなに優れた製品を使っても全体のバランスが悪くては水草はキレイになりません。

なのでこの記事を読んで「水草水槽のバランス感覚」の基礎を身に着けてくださいね!

これから水草水槽を始める方にぜひ読んでいただきたい内容です。

初心者の方にも分かりやすいよう丁寧に解説しますので、ぜひご覧ください。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

バランスが重要です!

5つの要素

5つの要素

水草水槽は5つの要素がお互いに影響し合い、絶妙なバランスの元に成り立っています。

5つの要素の内、どれか1つでも欠けると美しい水草水槽は成り立ちませんよ。

それでは1つずつ見ていきましょう。

光合成の源。

光が無いと水草は死んでしまいます。ライトを水槽直上より当てましょう。

【水草水槽の光とは?】必要な光量、点灯時間など徹底解説

CO2

光合成に必要なもの。

空気中と違って添加しないと不足します。

CO2添加の「有り/無し」で育てられる水草の種類が大きく変わりますよ。

CO2添加の必要性と4つの添加方法CO2添加の必要性と4つの添加方法CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安

水質

CO2の有効度、肥料効率に影響する要素。

水質を自由に操れるようになると上級者の仲間入りです。ほとんどの水草を育てられるようになるでしょう。

実は初心者の方が躓くことが多い要素です。

「pH 5.5~6.5」

になるよう調整するのがコツですよ。

水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー

肥料

扱うのが一番難しい要素。

とりあえず肥料の添加は後回しにして他の要素を調整してから、最後にチャレンジすることをおすすめします。

初心者の方はまず「カリウム」の使い方からマスターしましょう。

カリウム肥料の使い方【初めての肥料】カリウム肥料の使い方

温度

代謝や成長スピードに影響する要素です。

ヒーターやクーラー、エアコン等を駆使すればどなたでも同じ環境が作れます。

夏場の高温時以外はヒーターだけで簡単に対応出来ますよ。

水草水槽の適温【水草水槽の適温】ー季節ごとの水温管理を詳しく解説ー

バランス

5つの要素はバランスが大事です。

例えば

「すごく明るいライトがあっても肥料が無い育たない」

「CO2を添加しているからと言って、10℃しか水温がなければ水草はほとんど成長しない」

こんな感じですよ。

多すぎず、少なすぎず、全体としてバランスをとることが重要です。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

「美しい水草水槽 =バランスが良い水槽」という事です!!

優先順位

5つの要素は等しく重要なので優先順位はありません。

ですが、対処が簡単な順位はあります。

水草水槽を楽しむ過程で何か問題が発生したら下記の順番で対応するとスムーズです。

「温度は大丈夫か?→光は十分か?→CO2添加量は十分か?→水質は合っているか?→肥料は十分か?」

このように簡単なところからチェックしていきましょう。

温度

ヒーターを買ってセットすれば解決します。

夏場の高温時はファンやクーラー、エアコンで乗り切りましょう

ライトを買ってセットすれば解決することがほとんどです。

光量と点灯時間に注意しましょう。

CO2

基本的には高圧ボンベ式のCO2セットを買ってセットしましょう。

水質によって添加量を変える必要があることに注意してください。

添加量を増やしてもダメな場合は、水質を変える必要があります。

水質

「CO2を適正量添加している」「肥料を与えている」のに水草の成長スピードが遅い、育たない等の問題が発生している場合は気にしてみましょう。

基本的に pH 5.5~6.5 になるよう調整することをおすすめします。

※特に石を大量に使用している場合、問題になりやすいです

肥料

肥料は最後に当たるようにしましょう!

他の要素が原因で水草の成長が悪くなっている場合、肥料を添加しても水草が利用できず余ってしまうことがあります。

余った肥料から苔が発生することが多いので肥料を考えるのは一番後回しで良いでしょう。

バランスを取るということ

次は5つの要素のバランスをもっと具体的に解説します。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

高スペック水槽の例

高スペック水槽の例

これはとある水槽の要素を参考までに数値化したものです。

こちらの水槽の各要素を仮に「光」100点、「CO2」70点、「肥料」50点としましょう。

この場合、水槽のコンディションレベルは50点です。

MEMO
水草の状態は「もっとも少ない要素に左右されます」。これを「リービッヒの最小律」と呼びますよ。

リービッヒの最小律【水草を育てる前に読む話】まずはコレを知ろうーリービッヒの最少律ー

低スペック水槽の例

低スペック水槽の例

この水槽は「光」40点、「CO2」30点、「肥料」35点です。

なのでこの水槽のコンディションレベルは30点ですね。1つ目の水槽よりも20点低いです。

しかし「光」10点、「肥料」5点しか余りません。

このようなバランスの良い水槽では苔に悩まされる事が少なく、美しい水草水槽をキープすることが出来ます。

注意
いくらバランスが良くても全ての水草が育てられるようになる訳ではありません。例えば、CO2添加が必要な水草を無添加で育てられるようになる訳ではありませんよ。

要素が余ると

苔

要素が余るとどうなるのでしょうか?

それは苔の発生原因になってしまいます。

「苔」

こいつが水草水槽の最大の敵ではないでしょうか?

苔がたくさんあってもお魚の調子が悪くなる訳ではありません。しかし、見ていて気持ちの良いものではありませんよね。

初心者の方はまず、要素の「足し算」「引き算」を覚えて要素余りが出ないようにする事を目標にすると良いでしょう!

ちなみに苔対策についてはこちらで詳しく解説しています。

お時間のあるときにぜひご覧ください。

苔対策早見表【初心者必見】私が行っている苔対策まとめ

要素の足し算と引き算

これから、高スペック水槽を例にして、具体的なバランス調整法を解説します。

もう一度こちらのグラフをご覧ください。

高スペック水槽の例

こちらの水槽を例にしてバランスを調整していきましょう。

まずは引き算からです。

引き算

光100点、CO270点を減らし「肥料50点」に近づけます。

1番低いレベルの要素に合わせてバランスを取る方法です。

現在、苔でお悩みならこちらの方法がおすすめですよ。

MEMO
あくまで要素余りを解消してコケ発生量を抑える方法です。この方法では水草の活性は上がらないのでコケが落ち着いたら「足し算」をして水草の調子を上げましょう!
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

初心者の方は引き算から覚えましょう!

引き算の方法
  • 換水をして余分な養分を取り除く
  • ライトを暗くする
  • 点灯時間を短くする
  • CO2添加量を減らす

などなど

足し算

足し算

CO2 70点、肥料50点を増やし、光100点に近づけます。

これが理想的な方法です。

注意
読み間違えてしまうと、一気に苔が発生しまうなどの問題が起きる可能性があります。
足し算の方法
  • ライトを増設
  • 点灯時間を長くする
  • CO2添加量を増やす
  • 肥料を添加する

などなど

足し算引き算のコツ

  • CO2
  • 肥料

基本的に足し算、引き算で対応する要素は「光、CO2、肥料」の3つです。

  • ライトを増設or暗くする
  • 点灯時間を長くするor短くする
  • CO2添加量を増やすor減らす
  • 肥料を添加するor換水で取り除く

こんな感じで対応すると良いですよ。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

初心者の方は詳しい方に聞きながら調整すると良いでしょう!

バランスこそが肝

「ライトを追加する」「肥料を入れる」など足し算は簡単に行えるものが多いので、ついつい手が出てしまいます。

しかし「足りないこと」が原因の不調よりも、「バランスが悪いこと」が原因で起こる不調のほうが圧倒的に多いですよ。

「暗くする」「CO2添加量を減らす」「肥料を入れない」という事も場合によっては必要になると覚えておきましょう。

まずは、余分を取り除く「引き算」を学んで、それから足りないものを追加する「足し算」を学ぶようにすると失敗が少ないですよ。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

何度も言いますが重要なのは「5つの要素のバランス」という事です!

水質は「CO2と肥料」に深く関わっている

「水質」が「CO2」「肥料」の効率を大きく左右しています。

CO2を添加しても、肥料を入れても効果が無い場合、水質を調整することで調子が良くなることが多いですよ。

水草水槽に最適な水質

pH 5.5 ~ 6.5

こちらが水草水槽に最適な水質です。

「このくらいのならCO2と肥料を効率良く使えるようになる」と覚えて頂ければOKです!

初心者の方はとりあえず水質を「pH 5.5 ~ 6.5」にすれば水草が元気に育つと考えていきましょう。

水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー水質の基礎知識まとめ【pH?NH4?】水質の基礎知識まとめ

ろ過バクテリアの役割

  • 水の浄化
  • 養分の供給

こちらが水草水槽におけるろ過バクテリアに期待すること。

5つの必須要素ではありませんが「ろ過バクテリア」も重要な要素です。

・透明感のある美しい水

これを作るには微生物の働きが欠かせません。

「透明感ある美しい水」は水草の状態に良い影響を与えます。キレイな水の中でこそ水草は本調子になるのです。

また、「有機物を分解して水草の肥料にする」「硝化作用により、pHを下げることで最適な水質(pH 5.5 ~ 6.5)に近づける作用」もありますよ。

ろ過バクテリアによる「生物ろ過」についてはこちらの記事で詳しく解説しました。ぜひご覧ください。

生物ろ過【ろ過バクテリア】生物ろ過を詳しく解説

まとめ

今回は「水草水槽に欠かせない5つの要素」について解説しました。

水草水槽の成り立ちをざっくり説明しましたが、正直、体感していないと良く分からんと思います。

アクアリウムの様々な事柄は実際に水槽に向き合って経験を積まないと分からない事だらけです。

なので、この記事はざっと読んで頂いて頭の片隅にでも置いておいて下さいね。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

実際に水草水槽の経験を積んでいくうちに「あの話はこの事か~」みたいな感覚になって頂けたら幸いです!