【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【初心者必見!】水草水槽に欠かせない5つの要素

初めに「水草水槽ってこんな感じに捉えるんだよー」というお話をしようと思います。まずはざっくりと「水草を育てる」ということがどんなことなのかご説明いたします。初心者の方にも分かりやすくご説明しますので、ぜひ目を通して見てください。

元気

全体像をイメージ出来ていると水草水槽を楽しむ過程で起こる様々な状況に対応しやすくなりますよ!
注意
この記事は私がアクアフォレストのブログに書いたものを加筆修正したものです。

5つの要素

5つの要素
上記の表を見てみましょう!
水草水槽は5つの要素がお互いに影響し合い、絶妙なバランスの元に成り立っています。
5つの要素の内、どれか1つでも欠けると美しい水草水槽は成り立ちません。
それぞれ簡単に説明いたします。


① 光

光合成の源。
まずは光が無いと水草は死んでしまいます。
ライトを水槽直上より当てましょう。
【水草水槽の光とは?】必要な光量、点灯時間など徹底解説

CO2

光合成に必要なもの。
空気中と違って添加しないと不足します。
CO2添加の「有り/無し」で育てられる水草の種類が大きく変わります。
CO2の適正量を知る 【足りてる?】CO2の適正量を知る

水質

CO2の有効度、肥料効率に影響する要素。
これを自由に操れるようになると上級者の仲間入りです。ほとんどの水草を育てられるようになるでしょう。
初心者の方が躓くことが多い要素です。
水草水槽に最適な水質 【水草水槽】最適な水質を考える ーpH、KHをコントロールして水草水草に最適な水質を作ろうー

肥料

扱うのが一番難しい要素。
肥料を使いこなせればあなたはもう水草マスターです。ぜひその知識、技術を世に広めてください!
初心者の方はまず「カリウム」の使い方からマスターしましょう。

カリウム肥料の使い方 【初めての肥料】カリウム肥料の使い方

温度

代謝や成長スピードに影響する要素です。
ヒーターやクーラー、エアコン等を駆使すればどなたでも同じ環境が作れます。
夏場の高温時以外はヒーターだけで簡単に対応出来ます。
水草水槽の適温 【水草水槽の適温】ー季節ごとの水温管理を詳しく解説ー


5つの要素はバランスが大事です。
例えば、すごく明るいライトがあるからと言って肥料が無くとも水草がキレイに育つ訳ではありません。
CO2を添加しているからと言って、10℃しか水温がなければ水草はほとんど成長しないのです。

多すぎず、少なすぎず、全体としてバランスをとることが重要です。
美しい水草水槽 =バランスが良い水槽
という事です!!

優先順位

5つの要素は等しく重要なので優先順位もなにも無いのですが、対処が簡単な順に並べてみました。
水草水槽を楽しむ過程で何か問題が発生したら下記の順番で対応するとスムーズです。
温度は大丈夫か?→光は十分か?→CO2添加量は十分か?→水質は合っているか?→肥料は十分か?
みたいな感じで簡単なところからチェックしていきましょう。

元気

この順番で問題に取り組むのが一番シンプルだと私は思ってます。
1
温度

ヒーターを買ってセットすれば解決します。
夏場の高温時はファンやクーラー、エアコンで乗り切りましょう。

2

ライトを買ってセットすれば解決することがほとんどです。
光量と点灯時間に注意しましょう。

3
CO2

基本的には高圧ボンベ式のCO2セットを買ってセットしましょう。
水質によって添加量を変える必要があることに注意してください。
添加量を増やしてもダメな場合は、水質を変える必要があります。

4
水質

CO2を適正量添加しているのに肥料を与えているのに水草の成長スピードが遅い、育たない等の問題が発生している場合は気にしてみましょう。
特に石を大量に使用している場合に問題になりやすいです。

5
肥料

これは最後に当たるようにしましょう!
他の要素が原因で水草の成長が悪くなっている場合は、肥料を添加しても水草があまり利用しないor利用出来ないので余ってしまいます。そこからコケが発生することが多いので肥料を考えるのは一番後回しで良いでしょう。

バランスが重要

次は「バランス」を解説します。
分かりやすく「光」「CO2」「肥料」この3点を使ってご説明しますね。
↓のグラフを見てみましょう。

高スペック水槽の例

とある水槽のグラフ1
これはとある水槽の要素を参考までに数値化したものです。
こちらの水槽の各要素を仮に「光」100点、「CO2」70点、「肥料」50点としましょう。
この場合、水槽のコンディションレベルは50点、赤いラインのところになります。

MEMO
水草の状態はもっとも少ない要素に左右されてしまいます。これを「リービッヒの最小律」と言います。詳しくはこちらをご覧ください!
「リービッヒの最小律」へ飛ぶ

せっかく明るいライトを揃えても、CO2を添加していても、肥料がそれに見合う量がなければ活かせないのです!
このような水槽では「光」50点、「CO2」20点も余ってしまうためコケに悩まされるでしょう。

もう1つのグラフも見てみましょう。

低スペック水槽の例

とある水槽のグラフ2
この水槽は「光」40点、「CO2」30点、「肥料」35点です。なのでこの水槽のコンディションレベルは30点ですね。
1つ目の水槽よりも20点低いです。

しかし「光」10点、「肥料」5点しか余りません。
このようなバランスの良い水槽ではコケに悩まされる事が少なく、美しい水草水槽をキープすることが出来ます。

注意
いくらバランスが良くても全ての水草が育てられるようになる訳ではありません。例えば、CO2添加が必要な水草を無添加で育てられるようになる訳ではありませんよ。30点なら、30点でも育つ水草じゃないとダメですよ!

要素が余ると

要素が余るとどうなるのでしょうか?
それはコケの発生原因になってしまいます。
コケコケコケ


こいつが水草水槽の最大の敵ではないでしょうか?
苔がたくさんあってもお魚の調子が悪くなる訳ではありません。しかし、見ていて気持ちの良いものではありませんよね。

苔対策はこちらでまとめて解説してあります。
暇な時にでも目を通してみてくださいね。
苔とお掃除屋さんまとめ 【画像有】「苔」と「お掃除屋さん」まとめ ー苔の駆除、予防方法を徹底解説ー 苔対策早見表 【苔対策早見表】苔対策が一目で分かる一覧表を作りました

元気

初心者の方はまず、要素の「足し算」「引き算」を覚えて要素余りが出ないようにする事を目標にすると良いでしょう!

バランスを調整する

次は具体的なバランス調整法を解説します。
本当に良くあるパターンなので、高スペック水槽の場合を例にしますね。
もう一度、グラフを見てみましょう。

とある水槽のグラフ1
バランスを調整する方法には要素を「足し算」もしくは「引き算」する方法があります。
まずは「引き算」から見ていきましょう。

引き算

とある水槽のグラフ4
「光」100点「CO2」70点を減らし「肥料」50点に近づけます。
現在、コケでお悩みでしたらこの方法がオススメです。
一時的に全体を低レベルでバランスを取ることによってコケの発生量を抑えて減らしてゆく方法です。

MEMO
あくまで要素余りを解消してコケ発生量を抑える方法です。この方法では水草の活性は上がらないのでコケが落ち着いたら「足し算」をして水草の調子を上げましょう!

次は「足し算」を見ていきましょう。

足し算

とある水槽のグラフ3


「CO2」70点「肥料」50点を増やし「光」100点に近づけます。
理想的な方法です。しかしコケがある状況では大量に増殖してしまうこともあるので注意が必要です。一度、水草が本調子になると自身の抵抗力でコケが極端に少なくなります。
ある程度経験を積むと、コケが発生する前にこの状態を作ることが出来るようになりますよ!そこまでくればコケで悩むことはあまり無いでしょう。

このように「暗くする」「CO2添加量を減らす」という事も場合によっては大切なことなんですね。
ただし、足りない要素を感じ取って高いレベルでバランスを取らないと本当に美しい水草水槽は出来ないということに注意してください!!
重要なのは各要素のバランスという事です!

MEMO
基本的に足し算、引き算で対応する要素は「光」「CO2」「肥料」です。ライトを増設or暗くする、CO2添加量を増やすor減らす、肥料を添加するor換水で取り除く等の対応で調整しましょう。

元気

初心者の方はまず「引き算」を覚えてから「足し算」にチャレンジすると失敗が少ないですよ!

水質とCO2と肥料の関係

水質とCO2と肥料の関係

次は「水質」「CO2」「肥料」の関係について解説します。
この3つの要素は特に密接な関係にあり、「水質」が「CO2」「肥料」の効率を大きく左右しています。

最適な水質とは?

水草水槽に最適な水質
  • pH 5.5~6.5
  • GH 3以下
  • KH 3以下

「このくらいの水質にしておけばCO2と肥料を水草が効率良く使えるようになる」
と覚えて頂ければOKです!ここはシンプルに↑の水質にすれば水草が元気に育つと考えていきましょう。
MEMO
「CO2を十分に添加しているのに、肥料をしっかり与えているのに水草の調子が悪い」そんな時は水質を疑ってみてください!

元気

詳しくはこちらをお読みください!
「水草水槽に最適な水質」へ飛ぶ

微生物の役割

5つの必須要素ではありませんが
「微生物」
もとても重要な要素です。

・透明感のある美しい水
これを作るには微生物の働きが欠かせません。

「透明感ある美しい水」は水草の状態に良い影響を与えます。キレイな水の中でこそ水草は本調子になるのです。

なにより透明感のある水は見ていて気持ちが良いです!

また、有機物を分解して無機化することにより水草の肥料にしたり、硝化作用の結果、pHを下げることで↑の水質に近づける等の作用もあります。

最後に

水草水槽の成り立ちをざっくり説明するとこんな感じです。
正直、体感していないと良く分からんと思います。

アクアリウムの様々な事柄は実際に水槽に向き合って経験を積まないと分からない事だらけです。
この記事はざっと読んで頂いて頭の片隅にでも置いておいて下さい!

実際に水草水槽の経験を積んでいくうちに「あの話はこの事か~」みたいな感覚になって頂けたら幸いです!
これから各要素を掘り下げた記事を書いていきますので、ぜひそちらも目を通して見てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です