【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

リシア

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

リシア
Riccia fluitans

  • 高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 3mm~5mm
  • 中景草、ユニーク、茂みになる草
  • 世界中
  • カズノゴケ

レイアウトのコツ

ライトグリーンの葉色が美しいコケの仲間です。

適した環境では酸素の気泡をたくさん付ける姿が観察出来ますよ。

本来は湿地などの地面を覆うように生えています。水槽に入れる際は「石や流木」に釣り糸で巻き付けて配置します。

「活着」しないので釣り糸などの「水に溶けない糸」で巻き付けましょう。

中景にポイント的に配置するとキレイにレイアウト出来ます。

もともと水に沈まないので、茂みが大きくなると浮力が大きくなって巻き付けたところから外れてしまいます。

外れてしまったら、もう一度巻き直しましょう。

ランナーで増殖する水草と組み合わせて配置すると絡まって成長するので浮き上がりづらくなりますよ。

ヘアーグラスヒドロコティレsp. “ミニ”などと組み合わせると良いでしょう。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば簡単に育てることが出来ます。

気泡の付き方から簡単に調子を判断することが出来るので、水草の調子を判断する良い練習になります。

・調子良く育つ=気泡を付ける水草

なので、CO2量、水質の良いバロメーターになりますよ。

また、新陳代謝がとても早いので肥料不足の症状もすぐに現れます。葉の色が「白色」や「黄色」くなってきたら肥料を添加しましょう。

ハッキリと葉色が変わるので肥料添加の良い練習になるはずです。

元気

リシアが元気に育つ環境はほとんどの水草が元気に育つので、調子の判断する基準として、レイアウトに取り入れてみるのも良いでしょう!

分類

ウキゴケ科 ウキゴケ属 リシア

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です