【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

オーストラリアンクローバー

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

オーストラリアンクローバー
Hydrocotyle tripartita

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 10mm~18mm
  • 前景草、中景草、丸葉、茂みになる草
  • オーストラリア
  • オークロ、オーストラリアン・ヒドロコティレ
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

切れ込みの入る丸い葉をヒュルヒュルと伸ばす水草です。

可愛らしい姿と横に這って伸びる姿からとても人気のある水草ですよ。

前景、中景に使いやすく、登場以来、レイアウトに使われることの多い水草です。

やや背丈があるので最前面よりも「前景と中景の間」くらいに配置すると見栄えが良いですよ。

細葉」の前景草、中景草と相性が良く、組み合わせて配置することでより、自然感のある水景になります。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

数ある水草の中でも特に成長スピードに早い種類です。

マメにハサミを入れて間引きましょう。

周りに生長の遅い水草があると駆逐してしまうので注意が必要ですよ。

CO2無添加でも育成できる?

CO2無添加でも育成することも出来ます。

初心者の方にもオススメですよ。

上級者向けではありますが「軟水をキープ」「pHを6.4以下にキープ」することで、育てることが可能ですよ。

ヒョロヒョロとした姿になってしまうので、出来ることならCO2添加をして育成したほうが良いですね。

似ている水草

名前 葉の大きさ 成長速度 難易度 手に入りやすさ
オーストリアンクローバー 10mm~18mm とても早い 簡単 手に入れやすい
ヒドロコティレsp. “ミニ” 8mm~15mm 早い 簡単 専門店なら
ノチドメ 8mm~10mm 遅い 難しい 難しい

こちらの3種類はとても良く似ています。

葉の大きさがちょっと違う程度ですよ。

大きく違うのは成長スピードでしょうか。

特に本種とヒドロコティレsp.”ミニ”は間違えやすいので注意が必要ですよ。

見た目が似ているのに育成難易度が高いことが原因で、ノチドメは現在ほとんど流通していません。

元気
元気

ちなみにノチドメは日本にも自生しています。湧水が出ている場所ではポピュラーな水草ですよ。

分類

セリ科 チドメグサ属 オーストラリアンクローバー