「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

【初めての肥料】カリウム肥料の使い方

今回は「カリウム肥料の使い方」について解説します。

水草の肥料ってたくさん合って迷ってしまいますよね?

肥料は入れ間違えると効果が無いばかりで無く「苔」が生えてしまいます。

初心者の方はまず「カリウム肥料」から肥料添加の練習をしましょう。

それから他の肥料を使うようにすると失敗が少ないですよ。

添加量、添加間隔など初心者の方にも分かりやすく丁寧に解説していきます。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

肥料を添加する前に

水草には成長するのに欠かせない「5つの要素」があります。

肥料もそのうちの1つなのですが、肥料が豊富にあっても他の要素が足りないor合っていないと水草は元気に育ちません。

特に肥料は余ってしまうと「苔」が発生しやすくなってしまうので注意が必要です。

他の4つをクリアしてから肥料に取り組むようにしましょう。

5つの要素

上記が「5つの要素」です。

対応が簡単なものから番号を振りましたので、①番からチェックしていくと良いでしょう。

それぞれが詳細記事へのリンクになっていますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

また、「5つの要素」についてはこちらで詳しくまとめました。

水草育成の基本となるお話ですので、ぜひ一度目を通して見てください。

なんでカリウム肥料から始めるの?

カリウムは水槽内で不足しやすく、多少入れ過ぎても苔が出にくいからです。

そのため、効果を実感しやすく、失敗が少ないため初心者の方が肥料を始めるのにぴったりなんですよ。

元気

肥料の練習に丁度良いです!

カリウム肥料の効果

「根の発生に関わる」とされています。

また、光合成に必要なクロロフィル前駆体の合成に関わっていますよ。

これは低光量下では特に重要になるので、暗めのライトで育成している際に特に有効です。

上級者向けの内容ですが、こちらで詳しくまとめましたので興味のある方は、お時間のあるときにでも読んでみてくださいね。

カリウム肥料の使い方

使い方は簡単です。

「規定量の半分~規定量」程度を水槽へ投入するだけ!

まずは規定量の半分程度からスタートして、調子を見ながら添加量を増やしていくと良いです。

カリウム肥料には、「液体タイプ」と「固形タイプ」があります。

どちらも使っても結果は同じなので、使いやすい方をお選びください。

MEMO
CO2を添加していない場合、代謝スピードが遅いため「規定量の4分の1~8分の1」程度で十分ですよ。

液体タイプ

発売されている商品が多く、カリウム肥料の中でもっともメジャーなタイプです。

液体なのですぐに投入でき、水槽全体へ広がりますよ。

そのため、即効性があります。

プッシュポンプで適量を添加すればOKなので作業が簡単ですね。

すぐ効く代わりに持続性はありませんので、適時追加する必要があります。

添加が簡単な分、入れすぎてしまうことがあるのでご注意くださいね。

メリット
  • 即効性がある
  • 添加量の微調整が簡単
  • 添加が楽
デメリット
  • 持続性が無い
  • 入れすぎに注意

添加例

水槽セット後「2週間~1ヶ月後」

水槽セット直後は添加しなくても良いでしょう。

水草が落ちつてきたら添加するくらいで十分に間に合います。

水草用ソイル ⇒ 1ヶ月後

砂利、肥料の少ないソイル ⇒ 2週間後

から添加を始めると良いでしょう。

月曜日「添加」

水槽へ肥料を添加しましょう。

水曜日「添加」

水槽へ肥料を添加しましょう。

金曜日「添加」

水槽へ肥料を添加しましょう。

土日「作業をする」

換水、トリミング、水草の追加などメンテナンス作業を行ってください。

月曜日「添加」

後は繰り返しです。

添加は2~3日間隔程度で大丈夫です。

何か作業をした日は肥料を入れなくてOKですよ。

元気

曜日は例ですので、ご都合の良いタイミングで行ってくださいね。

固形タイプ

底床内に埋める、撒くようにして使うタイプです。

予め、水槽をセットする際に埋めておくと良いでしょう。

徐々に溶け出して効果を発揮するので、しばらく効果が持続します。

多少、入れすぎたとしても、ゆっくりと効果が出てくるタイプなので問題になりにくいですよ。

一度、水を張ってしまうと、肥料を追加する作業が大変です(追肥すると言います)

メリット
  • 持続性がある
  • 失敗が少ない
デメリット
  • すぐに効果が出ない
  • 追肥作業が大変

添加例

水槽セット時「底床内へ埋める」

水槽をセットする際に底床へ予め入れると作業が簡単です。

砂利系、肥料の少ないソイルを使う場合は入れましょう。

肥料の豊富に含まれる水草用ソイルを使う場合は入れなくも良いですよ。

1ヶ月後「追肥」

ピンセットなどでつまんで底床内へ入れましょう。

素早く作業をしないと、肥料が崩れてグズグズになってしまうのでご注意ください。

さらに1ヶ月後「追肥」

ピンセットなどでつまんで底床内へ入れましょう。

素早く作業をしないと、肥料が崩れてグズグズになってしまうのでご注意ください。

さらに1ヶ月後「追肥」

ピンセットなどでつまんで底床内へ入れましょう。

素早く作業をしないと、肥料が崩れてグズグズになってしまうのでご注意ください。

さらに1ヶ月後「追肥」

後は繰り返しです。

ADA「パワーサンド」をお使いの方は、6ヶ月程度は底床に肥料を追肥しなくても大丈夫ですよ。

固形タイプは効果の持続時間がマチマチです。

埋める場所、深さによって変わってきますので、様子を見ながら調整しましょう。

底面フィルターの場合

底面フィルターをご使用の場合は、底床内の水通りが良いため、固形タイプの肥料持続性が無くなってしまうことがあります。

何か問題が出る訳ではありませんが、固形タイプのメリットが無くなってしまいます。

そのため、底面フィルターを使っているのなら「液体タイプ」だけを使用すると良いでしょう。

液体タイプと固形タイプを同時に使う?

液体タイプと固形タイプを「同時に使用してもOK」です。

むしろオススメの使い方ですよ!

固形タイプを予め底床内へ入れ、足りない分を液体タイプで補うようにすると良いでしょう。

水草が繁茂して量が増えると、肥料の要求量も増えます。

添加量の微調節が簡単な液体タイプを使いこなすことで、環境の微妙な変化に対応出来るようになりますよ。

元気

逆にトリミングをして水草が減ったら、添加量を少なくしましょう。

他の肥料は入れなくいいの?

水草を「完璧なコンディション」「長期間に渡り維持する」には、様々な肥料を使いこなすことが必要不可欠です。

しかし、肥料を使いこなすことはとても難しく、熟練した技術が必要です。

初心者の方はまずはカリウム肥料から始めて「水槽へ肥料を添加するということ」に慣れてから、他の肥料を試すようにすると失敗が少ないでしょう。

カリウム肥料を使いこなすことだけでも、十分に美しい水草水槽を維持出来るようになるはずです。

窒素、リンはお魚のフン、残り餌などから供給されます。また、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルは換水によって水道水から供給されます。 それだけでは水草が繁茂すると不足してしまいますが、「入れ過ぎ」「肥料の選択を間違える」ことから苔が大量発生するよりマシだと考えています。

元気

カリウム以外の肥料は添加を間違えると「苔」が出てしまうことが多いですよ。

カリウム肥料に慣れたら

カリウム肥料に慣れたら次のステップです。

窒素やリン、鉄分、微量元素などが含まれるものにチャレンジしてみましょう。

これらの肥料は「余る」と苔が出やすいです。

水槽のコンディションと相談しながら添加しましょう。

次のステップ
  • 窒素肥料
  • 総合肥料(様々はものが混じっている肥料)
  • 微量元素肥料

オススメのカリウム肥料

私が使ったことのある肥料の中でオススメ出来るものをご紹介します。

どの商品も効果を実感していますので、安心してご利用ください。

液体タイプ

・ADA ブライティK

ブライティK

カリウム肥料のパイオニア。

たしかカリウム肥料の重要性を最初に言い出したのはADA?デュプラ(海外のメーカー)?だったような気がします。

以前はカルキ抜きも同時に出来ましたが、今は肥料としての効果しかありませんのでご注意ください。

ボトルも格好良いですよ。

参考 ブライティKADA

・ADA グリーンブライティ・ニュートラルK

グリーンブライティ・ニュートラルK

肥料リニューアル時に登場した「pHを上昇させない」カリウム肥料です。

「硫酸カリウム」が原料なのかな?

軟水を好む水草でレイアウトしているならこちらがオススメ。

参考 グリーンブライティ・ニュートラルKADA

・アクアフォレストオリジナル 水草ふさふさ リキッドカリウム

水草ふさふさリキッドカリウム

30cmクラスの小型水槽に使いやすい濃度になっています。

小型水槽で水草を楽しまれている方にオススメですよ。

60cmクラスから割高になるので、上記ADAのものに切り替えると良いでしょう。

参考 水草ふさふさ リキッドカリウムアクアフォレスト

固形タイプ

・テトラ イニシャルスティック

イニシャルスティック

通称「イニ棒」

底床肥料として1番知名度があるのではないでしょうか?

表記されている規定量はとっても多いので、「規定量の半分程度」で十分ですよ。

水に触れると短時間でグズグズになってしまうので、追肥にはあまり向きません。

新規セット時に予め底床に撒いておきましょう。

MEMO
CO2無添加の場合は「4分の1~8分の1」程度で十分ですよ。
参考 イニシャルスティックテトラ

・アクアフォレスト 水草ふさふさ

水草ふさふさ

固形のカリウム肥料で私が1番オススメなのがコイツです。

手前味噌になってしまいますが、仕事でヘビーユースしていますよ。

イニシャルスティックよりも水に溶けづらいので追肥に向いています。

新規セット時はコスパの良いイニシャルスティックを使って、追肥時はこちらと使い分けると良いですよ。

参考 水草ふさふさアクアフォレスト

まとめ

水草をキレイに育てるには肥料を使いこなすことが大切なのですが、肥料の使い方ってプロでも難しいんです。

ですが、肥料をしっかりと使いこなせるようになると、今までとは比べものにならないくらい水草を元気に育てられるようになりますよ。

まずはカリウムから始めて、いろいろな肥料を使いこなせるようになってくださいね。

元気

入れ過ぎにご注意ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です