「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

【初期エロモナス症対策】観パラD、グリーンFゴールドリキッドの使い方

今回は初期エロモナス症の治療に効果的な「観パラD、グリーンFゴールドリキッドの使い方」を解説します。

どちらも液体タイプで使いやすく、小さなサイズもあるので小型水槽でも使いやすい薬です。

初期、中期症状のエロモナス症には「観パラD」「グリーンFゴールドリキッド」を使い、重症のエロモナス症には「エルバージュエース」と使い分けると良いでしょう。

殺菌剤としては珍しく、ろ過バクテリアへのダメージが少ないので急ぎの場合は飼育水槽へ入れる使い方も出来ますよ。

MEMO
水草は枯れてしまうのでご注意ください。
注意
コショウ病、エビの細菌感染症への効果は説明書には記載されていません。オフィシャルではありませんが実際に効果を確認していますよ。

元気

液体タイプなので使いやすいですよ!

観パラDとグリーンFゴールドリキッド

どちらも「オキソリン酸」を主成分とする薬です。

違うのは「濃度」

観パラDの方がより濃いので、少ない投入量ですみます。そのため、コスパが高いですよ。

グリーンFゴールドリキッドはコスパが悪いのですが、濃度が薄い分、小型水槽でも使いやすいです。

効果は変わりませんので、使いやすい方を使えば良いでしょう。

 観パラDグリーンFゴールドリキッド
コスパ
使いやすさ

効能

主に「初期、中期のエロモナス症」治療薬です。

その他、こちらの病気にも効果があります。

  • カラムナリス症(初期症状なら)
  • コショウ病(初期症状なら)
  • 白雲病(効果は限定的です)
  • エビの細菌感染症(初期症状なら)

エロモナス症って何?

細菌の仲間「エロモナス」の感染によって起きる病気の総称です。

・エロモナス サルモニシダ
・エロモナス ハイドロフィラ

などが原因菌として有名ですよ。

感染する箇所、症状から病名が変わります。

  • 運動性エロモナス症
  • 赤斑病
  • 穴あき病
  • 松かさ病

などと呼ばれている病気はエロモナス菌が原因であることが多いですよ。

使い方

「液体」のお薬です。

規定量を入れましょう。

色は「透明」です。

※グリーンFゴールドリキッドは黄色です。

他の薬と違い、薬液の色で濃度、効果を測ることが出来ません。

そのため、投入日、投入量をメモるようにしましょう。

基本的に「隔離水槽」での薬浴をオススメしますが、ろ過バクテリアへのダメージが限定的なので飼育水槽へ投入する方法もありますよ。

MEMO
水草は枯れてしまうのでご注意ください。

投薬例①

熱帯魚など「小型魚」を対象とした投薬例です。

隔離水槽の用意、投薬、病魚の移動

隔離水槽をセッティングし、薬を入れましょう。

準備が整ったら病魚を移して治療スタートです。

~6日目「様子を見る」

お魚の様子を確認してください。

もし、何か異変がある場合は、換水をして薬を抜き様子をみましょう。

7日目「換水」

50%程度換水を行い、薬を抜きましょう。

治癒しているようなら薬浴は終了です。

症状がまだ残っている場合、再度薬を投入し薬浴を続けましょう。

※投薬量は換水した水量分です

8日目~14日目「様子を見る」

お魚の様子を確認してください。

もし、再発があるようなら薬を追加して、再度薬浴を行ってください。

薬浴を続けている場合、お魚に何か異変があれば、換水して薬を抜きましょう。

15日目 「 お魚を戻す 」or「様子を見る」

治療の終わったお魚を飼育水槽へ戻して治療を終えてください。

STEP3で再度、薬を投入している場合は、50%程度換水を行い薬を抜きましょう。

もう3日~7日程度様子を見て再発が無いようなら、お魚を飼育水槽へ戻し治療を終えてください。

治らなかった場合

ここまでで治らないようなら、投入量を1.5倍~2倍に増やし再度STEP1より薬浴をスタートしてください。

濃度を高くすると薬害も増えます。薬に負けて死んでしまう子もでるはずです。

MEMO
「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」も同様の使い方です。

成分

観パラD
1ml中
オキソリン酸 :50mg
グリーンFゴールドリキッド
100ml中
オキソリン酸:500mg
水酸化ナトリウム94mg
黄色4号:微量
精製水:適量

ざっくり言うと観パラDはグリーンFゴールドリキッドの「10倍の濃度」です。

用量

観パラDの場合

10Lに対して、1ml程度です。

本体のフタが計量カップ代わりになりますよ。

サイズによってフタの大きさが変わります。

詳しくは説明書を御覧くださいませ。

MEMO
スポイトがあると投入量調整が簡単です。薬と一緒に購入すると良いでしょう。

グリーンFゴールドリキッドの場合

10Lに対して、10ml程度です。

観パラDに対して10倍投入しなければならないので、水量の多い水槽には不向きです。

5L以下の水量で使うと良いと思います(しっかり計量出来る方は観パラDをオススメしますが)

MEMO
スポイトがあると投入量調整が簡単です。1ml単位で計れる小さなものを薬と一緒に購入すると良いでしょう。

注意点

  • 紫外線で分解される
  • 活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう
  • 薬浴は隔離水槽で
  • 生き物によっては使えない

・紫外線で分解される

紫外線で成分が分解され薬効を失います。

太陽光が当たる水槽では効果が下がるのでご注意ください。


・活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう

「吸着系ろ材」は薬を吸着して無効化してしまいます。

薬浴時は予め取り除いておきましょう。


・薬浴は隔離水槽で

ろ過バクテリアに多少ダメージがある
水草を枯らす

以上の点から、薬浴は隔離水槽で行うことをオススメします。

この薬はろ過バクテリアへのダメージは限定的なので、隔離水槽をすぐにご用意出来ない場合は飼育水槽へ投入する手段もありますよ(水草はダメになりますが)

・生き物によっては使えない

古代魚、ナマズの仲間などは薬にあまり強くありません。

耐性は魚種によって異なり、まったく駄目というわけではないので、薬浴する際は詳しい方に聞いてみましょう。


塩水浴と組み合わせて

隔離水槽で薬浴する場合、「塩水浴」と合わせて行うとより効果的ですよ。

塩水浴についてはこちらで詳しく解説しましたので、御覧ください。

エビの細菌感染症?

エビの細菌感染症に効果があります。

「エビが1日数匹づつ死んでいる」「外傷は無い」などの場合、もしかしたら細菌感染が原因かもしれませんよ。

お困りの方は試してみると良いでしょう。

MEMO
色々と試しましたが、規定量投入でもエビにダメージは無さそうでしたよ。

オススメの魚病薬をご紹介

こちらで私が普段から使っている薬を紹介しています。

病状別にオススメの薬を一覧表にまとめましたので薬をお探しの方はぜひ読んでみてください!

また、こちらの記事では流通量の多いポピュラーな薬を網羅した一覧表を作りました。

魚病薬に興味のある方は、お時間のあるときにでも読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です