【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

セイロンロタラ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

セイロンロタラ
Rotala sp.’Ceylon’

  • 低光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 5mm~15mm
  • 中景草、後景草、茂みになる草
  • アジア
  • ロタラsp.”セイロン”、ロタラ・ロトンディフォリア”セイロン”

レイアウトのコツ

仄かに色味がつく葉が美しいロタラの仲間です。

ロタラの中でも特に生長が早い種類なので、すぐに背が高くなります。

トリミングにも強く、脇芽をたくさん出すので、すぐに大きな茂みになりますよ。

生長が早いので、60cm以下の水槽では後景として使うと良いでしょう。

中景に使うなら、高さが60cm以上ある水槽が良いですね。

茎が細く、若干赤みがかります。

それが良いアクセントになりますよ。

同じロタラの仲間で組み合わせてグラデーションを作ると面白いです。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

ロタラの中でも育てやすい種類ですよ。

生長が早いので、周りに生長の遅い水草があると駆逐してしまうことがあります。

水草の配置には注意しましょう。

CO2無添加でも育つ?

低光量下ではCO2要求量が低下する性質があることから、添加していないくてもなんとかキレイに育つ場合があります。

上級者向けではありますが「軟水をキープ」「pHを6.4以下にキープ」することで、育てることが可能ですよ。

分類

ミソハギ科 キカシグサ属 セイロンロタラ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です