私が行っている苔対策まとめ

【pH?NH4?】水質の基礎知識まとめ

水質の基礎知識まとめ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「水質の基礎知識」について解説します。

アクアリウムのことを調べていくと「pH」「NH4」など見慣れない水質の単位に出会いますよね?

そこで今回はアクアリウムの世界に出てくる主要な水質の単位を分かりやすく解説いたします。

化学的に厳密な情報でない部分もありますが、「アクアリウムの世界で実用的な情報」となるよう努めました。

長い記事ですので、目次を使って必要なところだけお読みください。

PCの方は右側「追尾バー」、モバイルの方は画面右下「JUMP」にあります。

また、水質をチェックする際はこちらの表と照らし合わせると便利ですよ。

数値は実用的になるように僕が調整しています。

ぜひ目安としてご活用ください。

まず初めに知って欲しいこと

初心者の方、ご安心ください。

今回ご紹介する内容に全然詳しく無くてもキレイなアクアリウムを作ることは出来ます。

一番重要なことは「 生き物達の調子 」です。

まずは生き物を観察することを優先しましょう。

「じゃあ、なんで記事にしたの?」というと、水質を計ると何か困った時、上手くいかない時のヒントになるからなんです。

もっと上手に管理したくなったら計ってみてください。

一度に全てを把握するには無理がありますし、そんなことする必要もありませんので、少しづつ詳しくなっていただければと思います。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

これからご紹介する水質を良い数値に収めた水槽であっても「=キレイなアクアリウム」とは限りません。

水質の数値に振り回されず、あくまで 「 生き物達の調子 」を見てあげてくださいね。

主要な水質一覧

水の属性
  • pH(水素イオン濃度)
  • GH or TH(全硬度)
  • KH (炭酸塩硬度)
  • TDS( 総電解物質 )
  • 塩分濃度(比重)
  • 水温(℃)
汚れの目安
  • NH4 (アンモニア)
  • NO2(亜硝酸)
  • NO3 (硝酸)
  • CIO (残留塩素)
  • COD (化学的酸素要求量)
  • PO4 (リン酸)

ざっと一覧にするとこんな感じです。

全部で12種類ありますね。

水質の指標は大きく分けると「水の属性」を表すものと「汚れの目安」を表すものに分けられます。

キレイなアクアリウムを作るために、「全てを把握する必要があるのか?」というとそんなことはありません!

「お魚を中心」「水草」「海水」などアクアリウムの種類によって気にする水質は変わりますよ。

まずはご自分のアクアリウムスタイルに必要な部分からチェックしていけばOKです。

それぞれスタイル別に分けてみましたので御覧ください。

評価基準
  • △ こだわるなら
  • ◯ 定期的に計かると良い
  • ◎ 重要、必ずチェックしたい

お魚中心

水質評価
pH(水素イオン濃度)
TDS( 総電解物質 )
水温(℃)
NH4 (アンモニア)
NO2(亜硝酸)
NO3 (硝酸)

一般的な熱帯魚、メダカ、金魚の飼育であればこちらをチェックしておけば、とりあえずOKでしょう。

お魚を中心とした水槽で一番気になるのが亜硝酸です。生物濾過が出来上がるまでの間は定期的にチェックしたいですね。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

アンモニア、亜硝酸は生物濾過が出来上がっているなら、検出されなくなるはずです!

水草

水質評価
pH(水素イオン濃度)
GH or TH(全硬度)
KH (炭酸塩硬度)
TDS( 総電解物質 )
水温(℃)
NH4 (アンモニア)
NO2(亜硝酸)
NO3 (硝酸)

水草の場合、特に注意したいのがpHです。ph6.5以下でキープ出来ると調子良くキープしやすくなりますよ。

ついで全硬度でしょうか。ほとんどの水草は軟水を好むので、石をたくさん使っている水槽などは硬度が高くなりがちです。

もし水草の調子が悪いなら計測して水質を調整しましょう。

水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

水草の場合はなんといってもpHです。6.5以下になるようにキープできるなら「CO2」と「肥料」の吸収効率がよくなりますよ!

海水

水質評価
pH(水素イオン濃度)
KH (炭酸塩硬度)
塩分濃度(比重)
水温(℃)
NH4 (アンモニア)
NO2(亜硝酸)
NO3 (硝酸)

海水の場合は一番マメに計測するのは比重でしょうか。

換水毎に人工海水を使って水を作るので、その度に計りますよね。

海水は仕様上、pHが高くなります。そのためアンモニアの毒性が増すので弊害が強くでるので注意しましょう。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

海水の場合は必ずアンモニア、亜硝酸を計って0になってから生体を入れましょう。

水の属性

一言でいうと

「今、水槽の水がどんな感じなのか?」

という指標です。

これだけで水の良し悪しは判断できませんので、あくまで「今現在の水槽の状態」を把握するためのものと思ってください。

水の属性が大きく影響するのは主に「水草」です。

お魚を中心とした水槽であればそれほど重要視しなくても大丈夫ですよ。

MEMO
「繁殖を狙う」「極端な水質を好む魚」の場合は重要になることもあります。
水の属性
  • pH(水素イオン濃度)
  • GH or TH(全硬度)
  • KH (炭酸塩硬度)
  • TDS( 総電解物質 )
  • 塩分濃度(比重)
  • 水温(℃)

pH(水素イオン濃度)

一言でいうと

水が酸っぱいか苦いかということです。 「ペーハー」「ピーエイチ」などと読みます。

酸っぱい = 酸性
苦い = アルカリ性

水の中に酸っぱいものが多ければ酸性に、苦いものが多ければアルカリ性になると思っていただいてOKです。

ほとんど淡水魚、水草は弱酸性を好みます(pH5.0~6.5程度)。

pHとは「水素イオン指数」のことです。

大体0~14までの数値で表し、7を中性として、7以下を酸性、以上をアルカリ性と呼びます。

アクアリウムにおいて水槽環境の指標としてよく使われます。

実際のところ、よほど極端な数値で無い限り、ほとんどのお魚を飼育することが出来ますよ。

一般的な熱帯魚
ほとんどの魚種がpH5.0~6.5の範囲で調子良く飼育することが出来ます。図鑑などに「弱アルカリ」と記載のあるお魚でも弱酸性下で飼育したほうが調子良く飼えることがほとんどですよ。

水槽を管理していくとバクテリアの影響で徐々にpHは低下していきます。時間のかけて管理している水槽の方がお魚が調子が良いのはこのあたりの影響もあります。

弱アルカリを好む熱帯魚
ワイルド物の「アフリカンシクリッド」などは弱アルカリ性に調整しないと調子良く飼育できません。養殖物のアフリカンシクリッドは中性~弱酸性でも問題無く飼育できますよ。
水草
pH5.5~6.5を目安に調整すると良いです。

CO2、肥料の吸収効率に深く関係しているので、お魚よりもpHに気を配りましょう!

CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー
海水
pH8.0~8.5程度を目安に高い状態をキープしましょう。海水の場合、レイアウトにサンゴ砂、ライブロック、換水時に人工海水を使うことが多いと思いますが、これらはpH8.0~8.5程度にキープする作用があります。そのため、換水を長期間行わないなどの管理をしない限りはそこまでpHは下がりませんよ(生体の数や環境にもよりますが)。

pHを計る

テトラ  テスト ペーハートロピカル試薬(5.0ー10.0
テトラ  テスト ペーハートロピカル試薬(5.0ー10.0)

付属の試験管に試薬を入れて色の変化でみるタイプ。

アバウトに酸性~弱酸性~中性~弱アルカリ性~アルカリ性と測れます。

水質検査のエントリーモデルですね。

初心者の方は水質を測るという感覚を掴むために使ってみるのも良いでしょう。

本格的な計るなら下記で紹介するデジタル式のタイプをオススメします。私はもうこれを使っていません。

参考 テトラpH試薬
マーフィード  エコ・ペーハー
エコPH

デジタル体温計のような要領で、pHを0.1刻みで測ることが出来ます。

試薬タイプより簡単に計測出来て、かつ正確な数値がでるので持っていて損は無いですよ。

大陸製の格安pH計(Amazonに出てる赤いやつとか)に浮気していた時期もありましたが直ぐに壊れてイヤな思いをしたので、今はこれ一択です。

参考 マーフィードエコpH

pHを調整する

テトラ PH/KHマイナス
PHKHマイナス

水草水槽を管理しているなら持っていたいアイテムの1つ。

換水時等に入れることでpHとKHを低下させることが出来ます。

慣れてくると水槽に直で入れたりもしますが、バケツに水道水を汲んで、そこで水質を調整してから水槽に入れるのがセオリー。

概ね、10ℓ/1mlくらいが規定量です(pH7.0以上の場合)。

酸性度の強い薬品なので、マーフィードエコpH等のデジタルpH計を使って変化を見ながら使うと安心です。

参考 テトラPH/KHマイナス
テトラ テトラ PH/KHプラス
テトラ PH/KHプラス

換水時等に入れることでpHとKHを上昇させることが出来ます。

正直なところ、活躍する場面は少ないかと思います(私はほとんど使ったことがありません)。

KHも上昇させるので、pHの下がりづらい水質を作ることが出来ます。

マーフィードエコpH等のデジタルpH計を使って変化を見ながら使うと安心です。

参考 テトラPH/KHプラス
サンゴ砂
サンゴ砂

パラッと水槽に入れることでpHとGHを上昇させることが出来ます。

少量でもかなりの効果がなるので、少しづつ入れましょう。

マーフィードエコpH等のデジタルpH計を使って変化を見ながら使うと安心です。

GH or TH(全硬度)

一言でいうと

水の中にカルシウム、マグネシウムがどれだけあるかということです。

全硬度の高い水を「硬水」、低い水を「軟水」と呼びます。

GHはドイツの指標で「ジーエイチ」、THはアメリカの指標で「ティーエイチ」と読みます。

どちらも全硬度を表したものです(総硬度とも呼ばれます)。

水草の場合とても重要ですが、一般的な熱帯魚を飼育する場合、そこまで気にする必要はありませんよ。

全硬度とは、水中の「カルシウム塩」「マグネシウム塩」の総量のことです。

全体としてはアメリカ式のTHを使うことが多くなっているのですが、アクアリウム業界の場合、GHの方がまだ知名度が高いでしょうか。

日本の場合、水道水の全硬度はGH3、TH50程度です。

この値であればほとんどの熱帯魚を問題無く育てることが出来ますので、そこまで気にする必要はありません。

一般的な熱帯魚、水草
ほとんどの魚種がGH1~5程度、TH10~80程度の範囲で調子良く飼育することが出来ます。

サンゴ砂などカルシウム分が溶け出すようなものを使っていない限り、そこまで強く心配する必要はありません。

軟水を好む熱帯魚、水草
一部の地域に生息しているもの(主にブラックウォーターに生息している種)は極端な軟水を好みます。GH1以下、TH10以下程度に調整する必要があります。
海水
もともと海水の場合、仕様上とても全硬度が高くなるので気にしなくても大丈夫です。

GH、THを計る

テトラ テスト 総硬度試薬

付属の試験管に試薬を入れて色の変化でみるタイプ。

水草水槽を管理するなら持っていたい測定キットですね。

このあと紹介する「ADA TH測定キット」の方が簡単に測定出来ますが、こちらの方がコスパは良いです。

どちらも「全硬度」を計ることに変わりはありませんのでお好みで選ぶと良いでしょう。

参考 テトラテスト 総硬度試薬
ADA パックチェッカーTH(全硬度)
パックチェッカーTH(全硬度)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

水草水槽を管理するなら持っていたい測定キットですね。

試験管と見るタイプよりも簡単に作業が出来ます。

その分、コスパが悪いので、「作業の手間」と「コスパ」を天秤にかけて選ぶと良いでしょう。

参考 パックチェッカーTH(全硬度)

GH、THを調整する

ウォーターエンジニアリング リバースグレインシリーズ
ウォーターエンジニアリング リバースグレインシリーズ

活性炭のようなイメージで水中のアルカリ成分を吸着して硬度を低下させることが出来ます。

ピートモスみたいに水が茶色くならずに軟水化出来て、一度吸着したものを離さないので安心して利用できます。ついでにコケの発生も抑えてくれますよ!

参考 ウォーターエンジニアリングリバースグレイン
サンゴ砂
サンゴ砂

パラッと水槽に入れることでpHとGHを上昇させることが出来ます。

少量でもかなりの効果がなるので、少しづつ入れましょう。

サンゴ砂は水槽中の酸と反応して硬度を上昇させます。

そのため、一度入れると継続して効果が持続しますよ。

KH(炭酸塩硬度)

一言でいうと

「pHが上がりやすいか」「下がりにくいか」という指標です。

「ケーエイチ」と読みます。

一般的な熱帯魚、水草なら1~5程度の間であれば問題無く飼育できます。

日本の水道水は概ね3程度なので、そこまで気にする必要はありませんよ。

「pHを下げたいのに下がらない時」「サンゴの飼育」など計測する必要のある場面は少ないです。

実はKHでは無く「アルカリ度」のことです。

※本来、KHとは炭酸水素イオンと結合するカルシウムイオンとマグネシウムイオン濃度のことです。「一時硬度」とも呼ばれます。

しかし、計測することが難しいのでKH試薬は炭酸水素イオン(HCO-)+αを計測して炭酸カルシウム(CaCO3)の量として置き換えたものをKHとして表していますよ。

アルカリ度が高いとpHが下がりづらくなるため、特に水草の育成時に気をつけた方が良いです。

ただ、日本の水道水は概ねKH3程度なので、そこまで気にする必要はありません。

どーしてもpHが下がらない時に計るくらいで良いでしょう。

一般的な熱帯魚、水草
ほとんどの魚種がKH1~5程度の範囲で調子良く飼育することが出来ます。そのため強く気にする必要はありません。
低pHを好む熱帯魚、水草
一部の地域に生息しているもの(主にブラックウォーターに生息している種)は低めのpHを好みます。もしpH調整を行いpHが下がりづらいようであればKHを計測してみても良いでしょう。
海水
とくにサンゴ飼育場合高くキープする必要があります。KH8以上をキープできるように添加剤やカルシウムリアクターなどを使用すると良いです。

KHを計る

テトラ テスト 炭酸塩硬度試薬
テトラ テスト 炭酸塩硬度試薬

付属の試験管に試薬を入れて色の変化でみるタイプ 。

薬液の変化が何滴目で起きたかを数えて、その滴数をdHとして計測します。

これ1箱あれば数年使える量なので、私はこれしか使ったことがありません。

日本は水道水の水質的にほとんどの地域でアクアリウムに丁度良いKHになっています。

そのため、KHを計測する優先順位は低いですよ。

参考 テトラテスト 炭酸塩硬度試薬

KHを調整する

テトラ PH/KHマイナス
PHKHマイナス

水草水槽を管理しているなら持っていたいアイテムの1つ。

換水時等に入れることでpHとKHを低下させることが出来ます。

慣れてくると水槽に直で入れたりもしますが、バケツに水道水を汲んで、そこで水質を調整してから水槽に入れるのがセオリー。

概ね、10ℓ/1mlくらいが規定量です(pH7.0以上の場合)。

酸性度の強い薬品なので、マーフィードエコpH等のデジタルpH計を使って変化を見ながら使うと安心です。

参考 テトラPH/KHマイナス
テトラ テトラ PH/KHプラス
テトラ PH/KHプラス

換水時等に入れることでpHとKHを上昇させることが出来ます。

正直なところ、活躍する場面は少ないかと思います(私はほとんど使ったことがありません)。

KHも上昇させるので、pHの下がりづらい水質を作ることが出来ます。

マーフィードエコpH等のデジタルpH計を使って変化を見ながら使うと安心です。

参考 テトラPH/KHプラス

TDS( 総電解物質 )

一言でいうと

「水に溶けているものがどれだけあるか」という指標です

「ティーディーエス」と読みます。

水に溶けているものは良いものも悪いものも一様に検出してしまうので、使いこなすのが難しい指標です。

主にRO水など純水を使った水作りをする際に利用します。

仕様上、海水は計る意味がありません。

ほとんどの場合、100ppm内程度でキレイな水槽をキープ出来ます。

100ppmよりも高い数値でも全然OKなのですが、これくらいで維持したほうが「水の透明度が高い」「苔の発生量が少ない」状態を維持しやすいですよ。

問題になるのは「何が」どれだけ溶けているかということですので、TDSだけでは総合的なことは分からないので注意しましょう。

「水の汚れを見る指標」にするか「RO水を調整する際に見る指標」にするかで見方が変わります。

水の汚れを見る
MAX300ppmくらいを目安にキープすると良いでしょう。「残り餌」「排泄物」が多いほど数値が高くなりますよ。水草水槽の場合、MAX100ppmくらいを目安にキープするとキレイに維持出来ると思います。肥料を入れとTDSが上がり、水草が肥料を吸収するとTDSは下がります。上下の変動を観察することで肥料がどれだけ利用されているか知ることが出来ますよ。
RO水の調整
「RO水=ほぼTDSは0」なので添加剤、水道水を入れてTDSを調整します。簡単な方法は「RO水50%、水道水50%」で調整することです。
海水
「海の水=地球上の物質が全部溶けてる水」なのでTDSはとても高くなります。そのため海水のTDSを計る意味はありません。海水を作る前の水を計るのは意味がありますが。

TDSを計る

マーフィード エコ・TDSメーター
エコ・TDSメーター

デジタル体温計のような要領で、TDSを1刻みで測ることが出来ます。

正直なところ、Amazonで他国製のかなり安いものも手に入るのですが、精度、故障の少なさからこちらを愛用しています。

参考 マーフィードエコ・TDSメーター

塩分量(比重)

一言でいうと

水の中にどれだけ塩分がとけているかという指標です。

「比重ひじゅう」で表します。

主に海水魚、汽水魚を飼育する際に「比重計」を使い計ります。

海水の比重「 1.023 」程度を目安に人工海水を溶かして調整しましょう。

1.023は塩分濃度では無く「比重」であることに注意してください。

厳密にいうと水温によって比重は変わります。

そのため、海水を作る際は「水槽の水温と同じくらいの水温」にして作らないと比重が変わってしまうので注意しましょう。

淡水魚
一般的な淡水魚の場合、使うことはほとんど無いでしょう。使うとすると「塩水浴」の時くらいでしょうか。しかし、塩水浴の場合「1Lあたり5グラム」の食塩を入れればOKです。これを覚えておけば比重を気にする必要はありません。塩水浴の方法【お魚の調子を整える】塩水浴の方法

水草水槽
水草は塩分が大の苦手です。基本的に水草水槽に塩は厳禁です。

比重を計る

カミハタ ディープシックス
ディープシックス

水温20℃~30℃の間で比重が計れるようになっています。

簡易的な比重計ながら、十分実用に堪えます。

ポイントは「 使った後 、しっかり水道水で塩水を洗い流さすこと」

塩が中に残ったまま乾燥させると、正常に動かないことがありますよ。

参考 カミハタディープシックス

水温(℃)

一言でいうと

そのまんまですね。

日本の場合「℃」で表記することがほとんどです。

熱帯魚の場合「20℃~30℃程度」、温帯魚の場合「15℃~30℃程度」を目安にしておけば大抵大丈夫です(例外もありますが)。

多くの場合、夏場の高水温の方が問題になりますよ

実はお魚はある程度広い範囲に対応する力を持っています。

そのため急激な温度変化でなければ、ある程度の変化に対応出来ますよ。

冬場はヒーターで簡単に対応出来ますが大変なのは夏場、「エアコン」「水槽用クーラー」「冷却ファン」などを駆使して乗り切りたいですね。

【水槽用ヒーターまとめ】水槽サイズに合わせたヒーターをご紹介 ー選び方、おすすめのヒーター、ヒーターの隠し方ー
熱帯魚
基本的にヒーターを入れておけばOKなので夏場以外は苦労しません。熱帯魚ですが日本の夏は暑すぎるので高水温対策はしっかりと行いましょう。

温帯魚
基本的にヒーターを使わなくても育成出来ます。ただし低水温になると代謝が下がって動かなくなるので、元気に泳いでいる姿を観察しないならヒーターを設置しましょう。熱帯魚以上に高水温が苦手な種類が多いので夏場は要注意です。

水草
高水温になるとそれだけ代謝が増し、様々な要素の要求量が増えてしまいます。出来れば30℃を越えないように管理したいところ。低水温に耐える種類が多いですが、しっかりと成長させたいなら20℃は下回らないようにしましょう。水草水槽の適温【水草水槽の適温】ー季節ごとの水温管理を詳しく解説ー
海水
お魚メインならMAX30℃、サンゴならMAX28℃(難易種は25℃)程度を目安にしましょう。特にサンゴは高水温に弱いので夏場の高水温対策は必須です。

水温を計る

エヴァリス きっちり計れる水温計
きっちり計れる水温計

とても精度の高い水温計。

欠点はどうしても目立つこと。

計るときだけ水槽に入れる方法もアリです。

参考 エヴァリスきっちり計れる水温計
ADA NAサーモメーターJ
NAサーモメーターJ

水温計の中で一番スタイリッシュです。

見た目の良いですが、精度もそこそこ高いので十分実用に耐えます。

水槽に引っ掛けて設置するため「オールガラスタイプ」の水槽で無いと使えません。

また、水槽の「ガラス厚」に合わせて選ぶ必要があるので買い間違えないように注意しましょう。

参考 ADANAサーモメーターJ

汚れの目安

「水槽の濾過が上手くいっているか?」ということを知る指標です。

硝化バクテリアがちゃんと増えているのか?
余分な養分は無いか?

などが確認出来ますよ。

アンモニア、亜硝酸、硝酸は生物濾過の様子を知る大切な指標です。

NH4 (アンモニア)

一言でいうと

水の汚れの指標です。

「残り餌」「生き物の排泄物」「死骸」などから発生します。

硝化バクテリアが分解するものの一つです。

おもに水槽セット後1週間目ごろに問題になります。

海水などpHの高い環境の場合、毒性が高くなるので 特に注意が必要ですよ。

試薬で計って検出されないことが理想です。

ただし濾過バクテリアの発生の都合上、必ず一度は水槽内に溜まります。これが「水槽セット直後は環境が不安定」と言われる理由の一つです。

毒性はpHに大きく左右され、7.0よりも高いと加速度的に毒性が強まります。

そのため、pHをアルカリ性よりにしている水槽ほど危険です。

逆に酸性下ではほとんど毒性が無いので、見過ごされがちですよ。

アンモニアは植物の栄養になります。水草も吸収するのですが、「苔」の栄養にもなるのでアンモニアが検出されていると苔が増えやすいですよ。

酸性よりの水槽
ソイルを使用している水槽など水質が酸性よりの場合、検出されていたとしてもあまり問題になりません。油断しているとアンモニアが分解されて出来る「亜硝酸」が増えるタイミングで一気に環境が悪くなるので注意しましょう。
アルカリよりの水槽
海水などアルカリ性ではアンモニアの毒性がかなり強くなるため危険です。検出されるうちは生体はいれないようにしましょう。

アンモニアを計る

ADA パックチェッカーNH4(アンモニウム)
パックチェッカーNH4(アンモニウム)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーNH4(アンモニウム)
バイコム スターターテストキット

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

硝化バクテリアの立ち上がりを調べる「アンモニア」「亜硝酸」「硝酸」を調べられるキット。

こちらの3つを一度に計測出来るのはとても便利です。

それぞれ3本入った使い切りなので無駄がありません。

参考 スターターテストキット

NO2(亜硝酸)

一言でいうと

水の汚れの指標です。

アンモニアをバクテリアが分解して発生します。

硝化バクテリアが分解するものの一つです。

おもに水槽セット後1週間~2週間目ごろに問題になります。

亜硝酸は緑藻、藍藻などが好んで吸収するので苔の発生原因にもなります。

試薬で計って検出されないことが理想です。

ただし濾過バクテリアの発生の都合上、必ず一度は水槽内に溜まります。これが「水槽セット直後は環境が不安定」と言われる理由の一つです。

アンモニアはpHに毒性が左右されますが亜硝酸はされません。

特に弱酸性の水質の場合、セット後2週目あたりから急に状態が悪くなるのはこのため。

亜硝酸は植物の栄養になります。水草も多少吸収するのですが、「苔」の栄養にもなるので亜硝酸が検出されていると苔が増えやすいですよ。

すべての水槽
出来るだけ0になるようにしたいです。亜硝酸が検出されるなら「濾過バクテリアが十分に繁殖していない」「魚の数が多い」「餌がの量が多すぎ」「濾過が不十分」のうちのどれかです(原因が複数の場合もある)。

亜硝酸を計る

ADA パックチェッカーNO2(亜硝酸)
パックチェッカーNO2(亜硝酸)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーNO2(亜硝酸)
バイコム スターターテストキット

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

硝化バクテリアの立ち上がりを調べる「アンモニア」「亜硝酸」「硝酸」を調べられるキット。

こちらの3つを一度に計測出来るのはとても便利です。

それぞれ3本 入った使い切りなので無駄がありません。

参考 スターターテストキット
テトラ テスト 亜硝酸試薬

付属の試験管に試薬を入れて色の変化でみるタイプ 。

検査するためにいくつか工程を行わなければいけないので、作業はちょっと大変です。

その代わり、これ1箱あれば数年使える量なので、パックチューブタイプよりもコスパは良いですよ。

参考 テトラテスト 亜硝酸試薬

NO3(硝酸)

一言でいうと

水の汚れの指標です。

亜硝酸をバクテリアが分解して発生します。

硝化バクテリアが分解して出来る最後のものです。

おもに水槽セット後2週間~3週間目ごろに検出されるようになります。

多少検出されるからといって、水質が悪い訳ではありませんよ。

生物濾過が機能している環境なら常に生成されています。

そのため、「硝酸が検出 = 生物濾過が機能している」と言えます。

硝酸は多くの水草が好んで吸収します。水草を元気に維持し吸収させることでかなり低い濃度を維持出来るようになりますよ。

苔も好んで吸収するので、多量にあると苔の発生原因になります。

硝酸が検出されるようになれば生物濾過が機能していると言えます。

毒性も低いので、多少検出されていても問題はありませんよ。

生物濾過が機能した結果出来るものなので、逆に0にすることが難しいものです。

一般的な水槽
生物濾過が機能している水槽なら必ず検出されます。多少検出されても問題ありません。
水草水槽
水草は硝酸を好んで吸収します。そのため、水草が元気に茂っている水槽は硝酸をかなり低い濃度で保つことが出来ます。
海水
硝酸は酸性のため溜まるとpHを下げます。定期的に換水をして硝酸を取り除きましょう。育成の難しいサンゴは硝酸濃度をほとんど0にする必要があります。

硝酸を計る

ADA パックチェッカーNO3(硝酸)
パックチェッカーNO3(硝酸)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーNO3(硝酸)
バイコム スターターテストキット

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

硝化バクテリアの立ち上がりを調べる「アンモニア」「亜硝酸」「硝酸」を調べられるキット。

こちらの3つを一度に計測出来るのはとても便利です。

それぞれ3本入った使い切りなので無駄がありません。

参考 スターターテストキット

CIO(残留塩素)

一言でいうと

塩素が残っているかという指標です。

おもに換水時に計るものなのですが、現状、水道水の塩素濃度が低いこともありあまり重要ではありません。

浄水器を使用している場合に交換フィルターの寿命を見るために使う程度でしょうか。

正直に言うと、

僕は残留塩素を計ったことがありません。

塩素が気になるなら中和剤を使いますし、規定量を投入すれば塩素はしっかり中和されますので。

浄水器のフィルターの交換時期を知るためには有用かもしれませんね。

残留塩素を計る

ADA パックチェッカーClO(残留塩素)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーClO(残留塩素)

COD(化学的酸素要求量)

一言でいうと

「有機物」がどれだけあるかという指標です。

そんなに計る必要はないですね。

有機物は良いものも悪いものもあるのですが、たくさんあると水槽は不安定になります。

養分の多い水草用ソイルを使用している場合、気にしたほうが良いでしょう。

特にセット初期はこの数値が高くなりやすいですよ。

CODが高い環境は「濁り」「匂い」が出やすいです。また、病原菌の栄養にもなるので低いに越したことはありません。

酸素消費量とも呼ばれます。

難しく言うと「水中に酸化するものがどれだけあるか?」ということです。

水中の酸化物というとほとんどは有機物(炭素の化合物)なのですが、そのほか亜硝酸塩、硫化物などの無機物も含まれます。

そのため、一概にCODが高いからと言って「水質が悪い」とは言い切れない部分があります。

水草の肥料など、水槽用の添加物の中にはCODを上昇させるものもありますよ。

かなりマニアックな指標なので、まったく計らなくても綺麗な水槽を作ることが出来ます。

アクアリウムのことをさらに詳しくなりたい方は計測してみると良いでしょう。

CODを計る

ADA パックチェッカーCOD(化学的酸素消費量)
パックチェッカーCOD(化学的酸素消費量)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーCOD(化学的酸素消費量)

PO4(リン酸)

一言でいうと

水中にリン酸がどれくらいあるかという指標です。

リン酸は過剰にあると苔の発生原因になります。

「残り餌」「排泄物」から主に発生しますよ。

魚の数が多い場合、餌を与えすぎている場合、特に高い数値になりやすいので注意が必要です。

現在、苔に悩まされているなら計測してみると良いかも。

そこまで重要な指標ではありません。

リン酸は簡単は対応出来るので計っている時間があるなら、「餌の量を減らす」「換水をする」「クリアウォーターを使う」「リン除去剤をフィルターに入れる」などの施策をしたほうが良いでしょう。

リン酸は何かと悪者扱いされますが、水草水槽においてはとても大切な養分です。リン不足から水草が調子を崩すこともありますよ。

お魚メインの水槽、海水
苔の発生原因になりますので、なるべく低い数値を目指しましょう。特に残り餌には注意が必要です。と言っても餌を0にすることは出来ませんので、リン酸を除去するものを効果的に使うと良いでしょう。クリアウォーターのアイキャッチ【濁りに効果バツグン】ADAクリアウォーターの使い方
水草水槽
リン酸を除去するよりもまずは、pH調整、CO2量調整、微量元素の添加などを行い水草がリン酸を吸収出来る環境を整えることを優先すべきです。水草を元気に育てた先に綺麗な水槽があるということを意識しましょう。水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうーCO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安

リン酸を計る

ADA パックチェッカーPO4(リン酸)
パックチェッカーPO4(リン酸)

パックチューブの中に水槽水を入れて色の変化を見るタイプ。

簡単に作業が出来るので初心者の方でも扱いやすいです。

参考 パックチェッカーPO4(リン酸)

リン酸を減らす

ADA クリアウォーター
クリアウォーター

現状、最も簡単にリン酸を除去出来るアイテムです。

本来の用途は「凝集剤=濁り取り」ですが、こちらも強力。水がピカピカになりますよ。

こちらを定期的に使用すれば、基本的にリン酸過多に悩まされることは無くなります。

クリアウォーターのアイキャッチ【濁りに効果バツグン】ADAクリアウォーターの使い方 参考 クリアウォーター

苔が出ている時にチェックする水質

苔の発生原因を探る
  • GH or TH(全硬度)
  • NO2(亜硝酸)
  • NO3 (硝酸)
  • PO4 (リン酸)
  • COD (化学的酸素要求量)

こちらが高い数値の場合、苔が発生しやすくなります。

一概に言えないのですが、苔で悩んでいるなら低い数値でキープするようにしましょう。

GH or TH(全硬度)

苔の直接の原因にはなりませんが、高いとそれだけ「硬い苔」が成長します。

柔らかに苔の方がエビやオトシンが食べやすいので、それだけキレイにキープしやすくなりますよ。

全硬度を下げるには
  • 軟水化作用のあるろ材を使う

NO2(亜硝酸)

緑藻や藍藻など苔の仲間は効率よく亜硝酸を吸収出来ます。

セット初期、2週間目あたりから急に苔が出てくることも関係していると思われます。

亜硝酸を少なくするのは生物ろ過のうち、硝化バクテリアを成熟させるのが一番です。

しかし、安定するまで時間がかかるので、それまでは換水で乗り切りましょう。

亜硝酸濃度を下げるには
  • 生物ろ過を成熟させる(待つ)
  • 換水

NO3(硝酸)

硝酸は生物ろ過のうち、硝化バクテリアによって行われる硝化作用により最終的に生成されます。

= 検出されるということは生物ろ過が上手く機能しているといえます。

そのため、「0」にすることが難しいものです。

多少、検出されるくらいは問題ありませんが、多量にあると苔の原因になりますよ。

硝酸濃度を下げるには
  • 餌の投入量を少なくする
  • 水草に吸収させる

PO4(リン酸)

魚の餌、排泄物から発生するので、特にお魚メインの水槽で問題になります。

特に給餌量の多くなりがちな「大型魚」「肉食魚」水槽では注意が必要ですね。

リン酸を除去する薬品、ろ材は数多く発売されているので対処は簡単です。

リン酸濃度を下げるには
  • 餌の投入量を少なくする
  • リン酸除去材を使う

COD(化学的酸素要求量)

パッと見て水槽がある程度透明ならCODは低いので、それほど計る優先度は高くないかと思います。

CODが高くとも、それだけで苔が増える訳では無いのですが、「COD高い=有機物多い=苔の養分が多い」ということですので一応、苔の発生原因になります。

気になる方は計ってみても良いでしょう。

CODを下げるには
  • 換水
  • 活性炭を使う

全部チェックしたけど苔が減らないよ??

残念ですが、これらの水質に問題が無くても苔は生える時は生えます。

そして、一度生えた苔は根絶しない限り増え続けてしまいます。

苔対策は必ず「苔取り生体」と共同作業で挑みましょう。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

苔を食べてくれる生き物が十分にいないのでは苔は減りませんよ!

苔対策水槽で生える苔(藻)対策まとめ ー苔の増殖原因、苔一覧、お掃除屋さんの量など丁寧に解説ー水槽のお掃除屋さん水槽のお掃除屋さんまとめ ー苔、残り餌、スネール、油膜を食べる生き物ー

水質チェック表

各水質のチェック表をもう一度載せます。

チェックの際にご利用ください。

まとめ

今回は「水質の基礎知識」について解説しました。

アクアリウムで一番大切なことは「生き物達の調子」です!

何か問題が発生した時、上手く育たない時など水質を計ることでヒントになることが多いですよ。

ただし「水質は目安」だと考えるようにしてください!

数値ばかり追ってもキレイなアクアリウムを作ることは出来ませんので。

あくまで「参考にする」程度に向き合うと良いでしょう。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

今回ご紹介した水質を全て良い数値にしたとしても、その水槽がキレイかどうかまた別の問題です。

数値に振り回され過ぎないようにしましょう!