【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【小型水槽向け】粉タイプの魚病薬を簡単に計量する方法

本記事は小型水槽向けに「粉タイプの魚病薬を簡単に計量する方法」を解説します。

「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」など粉の薬は有用なものが多いのですが、計量するのが大変です。

特に小型水槽の場合、「0.02g」みたいな量になってしまうことが少なくありません。よほど、精密な秤をもっていないと対応出来ませんよね。

そこで今回は、「簡単」に少ない水量にも対応できる計量方法を皆さんにお伝えいたします。

「ベタ」「金魚」「メダカ」など小型水槽で飼育されることの多いお魚を飼っている方には特に有用な情報かと思いますよ。

より具体的な情報をお伝えするために、「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」を例にお話を進めていきます。

計算の苦手な方にも分かりやすく丁寧に解説しますので、ぜひ読んでみてください。

 

グリーンFゴールド顆粒
「尾腐れ病」「口腐れ病」などカラムナリス病に効く薬です。
エルバージュエース
カラムナリス病の他、「腹水病」「穴あき病」などエロモナス病に効く薬です。

それぞれ詳しい薬浴方法などはこちらで解説してありますので、必要な方は読んでみてください。

また、こちらで私が活用している魚病薬を病状に合わせて一覧にしましたので、併せてご利用ください。

大まかな流れ

ざっくり言うと、顆粒、粉のままでは計量するのが難しいので、「2Lの濃い薬液」を作ってそれを水槽水量に合わせて入れます。

大まかな流れはこんな感じです。

2Lのペットボトル

炭酸でもお茶でも何でも良いので、空の2Lのペットボトルを用意しましょう。

中は水でキレイに洗ってくださいね。

魚病薬を入れる

使用する魚病薬をペットボトルに入れてください。

用量などは後ほど詳しく解説します。

水を入れる

水道水で構いませんので2L入れてください。

シェイク!

よく振って混ぜましょう。

薬浴水槽へ入れる

出来た薬液を計量して水槽へ入れましょう。

保存

作った薬液は「冷蔵庫」で冷蔵保存すれば1週間程度薬効をキープ出来ます。

時間が経ってしまったものは処分しましょう。

用意するもの

  1. 2Lのペットボトル
  2. 魚病薬
  3. 計量カップ
  4. スポイト

・2Lのペットボトル

空のペットボトルであれば種類は問いません。

中にジュースなどが残っているとまずいので、よく水で洗ってください。


・魚病薬

病気に合わせて各自準備しましょう。

今回は「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」を使うことを想定しています。


・計量カップ

「10ml単位」で計れるものが適しています。

ホームセンターなどで手に入るはずです。


・スポイト

投入量の微調整にあると便利です。

「1ml単位」で計れるものが適しています。

用量

「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」それぞれの詳しい用量を解説していきます。

グリーンFゴールド顆粒の場合

グリーンFゴールド顆粒

2gづつ梱包されているので、これをそのまま利用します。

「1袋(2g)をペットボトルへ入れましょう」

そうすると、2L= 80L用の薬浴が出来ます。

こちらを、水槽水量に合わせて投入すればOKです。

エルバージュエースの場合

0.5gづつ梱包されているので、これをそのまま利用します。

「1袋(0.5g)をペットボトルへ入れましょう」

そうすると、2L=60L用の薬液が出来ます。

こちらを、水槽水量に合わせて投入すればOKです。

薬液を投入する

出来た薬液を水量に合わせて入れましょう。

それぞれ表にまとめましたので、参考にしてみてください。

ちなみに、薬浴は隔離水槽で行うようにしましょう。

隔離水槽の作り方はこちらで詳しく解説してあります。

 
注意
ペットボトルの底に薬の成分が沈殿します。よく振ってから投入しましょう。

グリーンFゴールド顆粒

水量投入量
1L25ml
3L75ml
5L125ml
10L250ml
13L325ml
15L375ml
20L500ml
30L750ml

1L当たり「25ml投入」すればOKなので、水槽サイズに合わせて調整してみてください。

エルバージュエース

水量投入量
1L33ml
3L100ml
5L165ml
10L330ml
13L430ml
15L500ml
20L660ml
30L1000ml

1L当たり「33ml投入」すればOKなので、水槽サイズに合わせて調整してみてください。

より簡単に薬浴を行っていただくために、分かりやすい量になるよう微調整してあります。

問題無い範囲での調整ですので、上の表のまま投入して大丈夫ですよ。

水槽の水量

使っている水槽の水量が分からない。。。

という方は「メーカーHP」で確認してみましょう。

また、こちらの記事で水槽水量を正確に計算する方法を解説しましたので、興味のある方は読んでみてください。

流通量の多いサイズに関しては、予め私が計算して一覧にしましたので、こちらも合わせて御覧くださいね。

「規格水槽の水量」へ飛ぶ

あわせて読みたい
水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

残った薬液の保存

密閉して冷蔵保存すれば1週間程度は保ちます。

しかし、ほとんどの方が余った薬液を処分することになると思います。

ちょっともったいないのですが、こればかりは仕方ありません。。。

元気

薬にロスが出てしまいますが、お魚がダメになるよりはマシだと思っています!

小型水槽向けのパッケージは発売されないの?

魚病薬は法律でややっこしく制限されているので、メーカーさんもなかなか対応出来ないようです。

元気

大きく仕組みが変わるなどしない限りは、現状のままだと思います!

まとめ

今回は小型水槽向けに「粉タイプの魚病薬を簡単に計量する方法」を解説しました。

贅沢に魚病薬を使う方法なので、ちょっともったいないですが、粉のままよりもずっと計量しやすいはずです。

ぜひご活用ください!

元気

皆さんの薬浴作業が少しでも楽になったら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です