私が行っている苔対策まとめ

【白点病に効く】ヒコサンZとアグテンの使い方

ヒコサンZとアグテンの使い方

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事は「ヒコサンZとアグテンの使い方」を詳しく解説します。

ヒコサンZとアグテンは「初期、中期症状の白点病治療」に特化した薬です。

液体タイプで扱いやすいので、初心者の方でも十分に取り扱えるはず。

分かりやすく、丁寧に解説していきますのでぜひご覧ください。

魚病薬まとめ【魚病薬まとめ】私が使っているおすすめのお薬をご紹介

ヒコサンZとアグテン

ヒコサンZ
アグテン

こちらの2つの薬は「成分」「濃度」が同じです。

そのため、同様に使うことができます。

効能

「白点病(初期、中期症状)の治療薬」です。

その他、こちらの病気ににも効果がありますよ。

  • コショウ病(極初期症状なら)
  • 水カビ病(極初期症状なら)
  • ツリガネムシ病(初期、中期症状)

白点病とは?

最も水槽内で発生しやすい病気です。

ウオノカイセンチュウが原因で発生する寄生虫症。

体に寄生したウオノカイセンチュウが白い点に見えることからこう呼ばれます。

【お魚の病気】白点病の治療法【お魚の病気】白点病の治療法

白点病が重症化したら

残念ながらヒコサンZとアグテンでは対応しきれないので、「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」のどちらかに切り替えましょう。

グリーンFゴールド顆粒の使い方【カラムナリス症に効く】グリーンFゴールド顆粒の使い方エルバージュエースの使い方【様々な感染症に】エルバージュエースの使い方

用量

10Lに対して1ml程度

液体タイプなので計量は簡単です。

スポイトを使い計量すると便利ですよ。

使い方

青い液体の薬で、水槽へそのまま投入します。

「毎日」「規定量」を投薬しましょう。

水が青いうちは薬効が続きますよ。

主成分であるマラカイトグリーンは不安定な物質のため、すぐに分解されてしまいます。

水槽に入れると水が青くなりますが、半日~1日程度で透明に戻りますよ。

そのため、マメな投薬が必要です。

比較的、薬害の少ない薬です。

1週間程度の薬浴なら、飼育水槽で行ってもそれほど飼育環境にダメージはありませんよ。

長期間薬浴するなら「隔離水槽」を用意しましょう。

投薬例

白点病の治療例です。

薬効が短いことから基本的に毎日投薬するのがポイントです。

1日目
投薬

1日/1回、規定量を水槽へ入れましょう。

2日目
投薬

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合は薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

3日目
投薬

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

※もし、初日からの青く染まったままなら、50%程度換水をして薬を取り除きましょう。

4日目
投薬

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

5日目
投薬 or 様子を見る

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

6日目
投薬 or 様子を見る

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

7日目
投薬 or 様子を見る

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

8日目
投薬終了 or 重症の治療法へ移る

ここまでで治っていない場合、白点病が重症化する可能性が高いです。すぐに「重症の治療法」へ移りましょう。

治っているなら、投薬を終了し治療を終えてください。

途中でお魚の様子がおかしくなったら

すぐに50~80%程度換水しましょう。

もしかしたら薬によるダメージかもしれません。

投薬を中止し換水をして薬を抜きましょう。

成分

  • マラカイトグリーン(しゅう酸塩) 50ml
  • 日局精製水 適量

100ml中にこちらが入っています。

塩水浴と組み合わせて

隔離水槽で薬浴する場合、「塩水浴」と合わせて行うとより効果的ですよ。

塩水浴についてはこちらで詳しく解説しましたのでぜひ覧ください。

塩水浴の方法【お魚の調子を整える】塩水浴の方法

注意点

  • 紫外線で分解される
  • 活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう
  • 長期間の薬浴は隔離水槽で
  • 生き物によっては使えない

紫外線で分解される

紫外線で成分が分解され薬効を失います。

太陽光が当たる水槽では効果が下がるのでご注意ください。


活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう

「吸着系ろ材」は薬を吸着して無効化してしまいます。

薬浴時は予め取り除いておきましょう。

【ろ過の要】3種類のろ材を徹底解説!

薬浴は隔離水槽で

  • ろ過バクテリアに多少ダメージがある
  • 水草を枯らす
  • 染色してしまう

以上の点から、ヒコサンZとアグテンを長期間薬浴する場合は隔離水槽で行うことをおすすめします。

【病気の治療】隔離水槽のセッティング方法

生き物によっては使えない

古代魚、ナマズの仲間は薬にあまり強くありません。

耐性は魚種によって異なり、まったく駄目というわけではないので薬浴する際は詳しい方に聞いてみましょう。

おすすめの魚病薬

こちらで私が普段から使っている薬を紹介しています。

病状別におすすめの薬を一覧表にまとめましたのでぜひご覧ください。

魚病薬まとめ【魚病薬まとめ】私が使っているおすすめのお薬をご紹介

また、こちらの記事では流通量の多いポピュラーな薬を網羅した一覧表を作りました。

魚病薬に興味のある方は、お時間のあるときにでも読んでみてくださいね。

魚病薬一覧【小型熱帯魚向け】魚病薬一覧