【初心者向け】カリウム肥料の使い方

【白点病に効く】ヒコサンZとアグテンの使い方

本記事は白点病の治療薬「ヒコサンZとアグテンの使い方」を詳しく解説します。

この2つは「初期、中期症状の白点病治療」に特化した薬です。

液体タイプで扱いやすいので、初心者の方でも十分に取り扱えるはずですよ。

分かりやすく、丁寧に解説していきますのでぜひ読んでみてください。

元気

常備薬にオススメです!

ヒコサンZとアグテン

ヒコサンZ
アグテン
  • ヒコサンZ(キンコウ物産)
  • アグテン(日動)

この2つの薬は「成分」「濃度」が同じです。

そのため、同様に使うことが出来ますよ。

効能

「初期、中期症状の白点病」に効く薬です。

白点病以外には効かないの?

コショウ病、水カビ病にも多少効きます。

効果は限定的なので、あまりオススメはしませんが。

パッケージには「尾腐れ病」にも効果があると記載されていますが、あまり効きませんのでご注意ください。

それぞれのオススメの魚病薬は下記を御覧ください。

病名初期、中期症状重症
コショウ病グリーンfクリアーグリーンFゴールド顆粒、エルバージュエース
水カビ病グリーンFリキッド、メチレンブルーグリーンFゴールド顆粒、エルバージュエース
尾ぐされ病(カラムナリス症)グリーンFゴールド顆粒、観パラDエルバージュエース

使い方

青い液体の薬で、水槽へそのまま投入します。

「毎日」「規定量」を投薬しましょう。

水槽に入れると水が青くなりますが、半日~1日程度で透明に戻りますよ。

主成分であるマラカイトグリーンは不安定な物質のため、すぐに分解されてしまうからです。

そのため、マメな投薬が必要ですよ。

比較的、薬害の少ない薬です。

1週間程度薬浴なら、飼育水槽で行っても、それほど飼育環境にダメージはありませんよ。

気になる方、長期間薬浴するなら「隔離水槽」を用意しましょう。

投薬例

1日目「投薬」

1日/1回、規定量を水槽へ入れましょう。

2日目「投薬」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合は薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

3日目「投薬」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

※もし、初日からの青く染まったままなら、50%程度換水をして薬を取り除きましょう。

4日目「投薬」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

5日目「投薬」or「様子を見る」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

6日目「投薬」 or「様子を見る」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

7日目「投薬」 or「様子を見る」

1日/1回、 規定量を水槽へ入れましょう。

水槽水が青く染まっている場合、薬が抜けていません。投薬を見送りましょう。

もし、白点が完全に消えているようなら、もう1日投薬を続けて治療を終了しましょう。

治っている場合は再発が無いか良く観察し、様子を見てください。

8日目「投薬終了」or「重症の治療法へ移る」

ここまでで治っていない場合、重症化する可能性が高いです。すぐに「重症の治療法」へ移りましょう。

治っているなら、投薬を終了し治療を終えてください。

注意
薬浴中にお魚の調子が悪くなる場合は薬のダメージかもしれません。換水をし薬を抜いて様子をみましょう。

成分

100ml中に

・マラカイトグリーン(しゅう酸塩) 50ml

・日局精製水 適量

が入っています。

用量

100Lに対して10ml投薬します。

10Lに対して1mlということですね。

元気

スポイトがあると投薬作業が楽になりますよ。
あわせて読みたい
水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

注意点

  • 紫外線で分解される
  • 活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう
  • シリコンやエアーチューブを染色してしまう
  • 生き物によっては使えない

・紫外線で分解される

紫外線で成分が分解され薬効を失います。

太陽光が当たる水槽では効果が下がるのでご注意ください。


・活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう

「吸着系ろ材」は薬を吸着して無効化してしまいます。

薬浴時は予め取り除いておきましょう。


・シリコンやエアーチューブを染色してしまう

染色作用が強いので水槽のシリコンやエアーチューブが青く染まることがあります。

シリコンの少ないオールガラス性水槽なら、それほど気になりませんよ。

エアーチューブは気になるなら交換して対応しましょう。

元気

服や肌につくとなかなか落ちないのでご注意ください。

・生き物によっては使えない

古代魚、ナマズの仲間は薬にあまり強くありません。

また、貝の仲間は大きくダメージを受けます。

耐性は魚種によって異なり、まったく駄目というわけではないので、薬浴する際は詳しい方に聞いてみましょう。

貝は薬浴する間だけ、隔離しておくと良いでしょう。


マラカイトグリーンの効果

マラカイトグリーン(しゅう酸塩)には還元作用があると言われています。

その結果、活性酸素が発生し「消毒殺菌」していると考えられていますよ。

詳しくはこちらを御覧ください。

参考 マラカイトグリーンWikipedia 参考 活性酸素Wikipedia

オススメの魚病薬をご紹介

こちらで私が普段から使っている薬を紹介しています。

病状別にオススメの薬を一覧表にまとめましたので薬をお探しの方はぜひ読んでみてください!

また、こちらの記事では流通量の多いポピュラーな薬を網羅した一覧表を作りました。

魚病薬に興味のある方は、お時間のあるときにでも読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA