私が行っている苔対策まとめ

【水槽の温度管理】エアコンを使った場合の電気代 ー水槽用ヒーター、クーラーとの比較

エアコンを使った場合の電気代

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事ではアクアリウムの水温管理に「エアコンを使った場合の電気代」を解説します。

実はエアコンを24時間使用することでも、水槽の水温管理をすることができます。

最近では、夏の高水温対策が必須ですので、エアコンを導入したい方も多いと思います。

しかし、エアコンで水温管理をすると電気代が心配ですよね?

そこで今回は、「エアコンを使用した場合の電気代」「水槽用ヒーターとの比較」「水槽用クラ-の電気代」などを詳しく解説していきます。

「大型水槽ユーザー」「たくさん水槽がある方」は一部屋にまとめてエアコンで管理したほうが電気代が安くなるケースがあります。

それぞれ一覧表にまとめて比較しやすくしましたので、エアコン導入の際の目安としてお使いください。

注意
実際の電気代はエアコンの省エネ能力、外気温、部屋の広さ、断熱性能などで異なります。この記事に記載している電気代はあくまで目安としてご利用ください。

モデルエアコン「三菱電機 霧ヶ峰 Zシリーズ」

MSZ-ZW2220

本記事では省エネに定評のある「三菱電機 霧ヶ峰 Zシリーズ」をモデルエアコンとしました。

6畳程度の「一人暮らし」「水槽部屋」を想定した「MSZ-ZW2220」。

14畳程度の「リビングに水槽がある場合」を想定した「MSZ-ZW4020S」。

こちらをそれぞれ解説していきます。

MEMO
霧ヶ峰シリーズはエアコンの中でも高級な機種です。もっと安いものもありますので、導入の際は家電ショップなどでご相談ください。
参考 霧ヶ峰 Zシリーズ三菱電機

エアコンを24時間稼働させた場合の電気代目安

品名期間消費電力量24時間稼働電力量電気代
(月平均)
電気代
(年額)
MSZ-ZW2220
(6畳用)
695kWh924kWh約1,925円約23,100円
MSZ-ZW4020S
(14畳用)
1081kWh1438kWh約2,996円約35,950円

※1kWh=25円で計算

計算内容解説

期間消費電力量

期間消費電力量とは「エアコンで冷房、暖房を使い通年で室温管理をした場合の電気量」のことです。

エアコンは「外気温」「お部屋の環境」などに合わせて設定温度を保つように、その都度パワーを変えながら稼働しています。

このような仕様のため、電気料が変化するので正確な電気代を計ることが難しいです。

そこで各エアコンの電気代の目安として登場したのが「期間消費電力量」です。

販売されているエアコンの公式HP、カタログ等には期間消費電力量が記載されているので、こちらに「1kWh単価」をかけることで簡単に年間電気代を計算することができます。

例:695kWh × 25円(1kWh単価) = 17,375円(年間電気代)

ちなみに、期間消費電力量の算出には詳しい定義が定められています。

外気温東京をモデル
設定室内温度冷房時27℃/暖房時20℃
冷房期間5月23日 ~ 10月4日
暖房期間11月8日 ~ 4月16日
使用時間18時間(6:00~24:00)
住宅JIS C 9612による平均的な木造住宅(南向)

24時間稼働電力量

水槽用としてエアコンを使う場合は24時間連続で稼働させる必要があります。

そこで、期間消費電力量(18時間使用)を24時間使用に再計算してみました。

18時間 → 24時間 = 期間消費電力量 × 1.33倍

電気代(月平均)

単純に年間電気代の目安を平均化したものです。

実際には気温によって大きく電気代は上下しますので、季節ごとに差が出ます。

電気代(年額)

エアコンを24時間使い水槽の温度管理をした際の年間電気代の目安です。

水槽用ヒーターの電気代

水槽サイズ水量総電気代
(年額)
ヒーター以外の電気代
(年額)
ヒーターの電気代
(年額)
W20×D20×H20 6L約3984円約1,356円約2,628円
W30×D18×H2410L約4692円約1,848‬円約2,844円
W36×D22×H2616L約4740円約1,884‬円約2,856円
W30×D30×H3022L約6900円約2,280‬円約4,620円
W45×D27×H3030L約7080円約2,376円約4,704円
W60×D30×H3655L約12708円約3,924円約8,784円
W45×D45×H4579L約17760円約6,012円約11,748円
W60×D45×H45107L約18600円約6,120円約12,480円
W90×D45×H45155L約29880円約9,996円約19,884円
W120×D45×H45204L約45480円約15,972円約29,508円
W180×D60×H60559L約104436円約33,444円約70,992円

※W=幅、D=奥行、H=高さ
※水量は水位を水槽高より3cm程度下げた状態で計算

まずはこちらの「水槽サイズ別電気料金の目安」をご覧ください。

これは「一般的な熱帯魚水槽(ライト、フィルター、ヒーター、その他の機材を使用)」の電気代を目安化したものです。

エアコンの方がコスパが良くなるライン

MSZ-ZW2220(6畳用)

「電気代(年額) 約23,100円」

大体、合計水量が150~200L以上からエアコンの方が割安になります。

例えば、、、

  • W120×D45×H45以上の水槽
  • W60×D30×H36 ×2台 W45×D27×H30 ×1台
  • W90×D45×H45 ×1台 W36×D22×H26 ×1台
MSZ-ZW4020S(14畳用)

「電気代(年額) 約35,950円」

大体、合計水量が250~550L以上からエアコンの方が割安になります。

例えば、、、

  • W180×D60×H60以上の水槽
  • W90×D45×H45 ×2台
  • W120×D45×H45 ×1台 W60×D30×H36 ×1台

水槽を複数台お持ちの方は、こちらの表より「ヒーターの電気代」を合計して、エアコンの電気代と比べて見てください。

合計金額がもしエアコンの電気代よりも高くなるなら、エアコンで管理したほうが安くなると言えるでしょう。

水槽サイズヒーターの電気代
(年額)
W20×D20×H20約2,628円
W30×D18×H24約2,844円
W36×D22×H26約2,856円
W30×D30×H30約4,620円
W45×D27×H30約4,704円
W60×D30×H36約8,784円
W45×D45×H45約11,748円
W60×D45×H45約12,480円
W90×D45×H45約19,884円
W120×D45×H45約29,508円
W180×D60×H60約70,992円

エアコンは冷房より暖房が苦手

傾向として暖房の方が電気代が高くなります。

そのため、暖房期間は20℃設定にし、残りを水槽用ヒーターに頼るようにすると結果的に電気代を安くすることができますよ。

ヒーターは水槽に入れたくない!

見た目が悪いからヒーターを水槽に入れたくないよ!

という方は、暖房期間は25~27℃設定で稼働させましょう。

その分、電気代は高くなってしまいますがレイアウトを作る際に邪魔なヒーターの問題を解決することができます。

ヒーターは「コーナーカバー」の中に仕舞うことで、目立たなくすることもできます。

簡単な加工でできますので、興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

【コーナーカバーを作ろう!】配管、配線を隠して美観アップ ー盛り土をする方は必見ですー

エアコンの稼働効率を上げるには

  • エアーサーキュレーターを使う
  • ドアやカーテンを締める
  • マメにフィルターを掃除する
  • 自動運転にする
  • ON/OFFはなるべく少なく

エアーサーキュレーターを使う

[山善] 扇風機 18cm サーキュレーター
山善(YAMAZEN)

このような「エアーサーキュレーター」を使い部屋の空気を循環させると、稼働効率が上がります。

音が大きいものが多いので、気になる方は「静音性」に着目して選ぶと良いでしょう。

カーテンをしっかり締める

「窓」が断熱の大敵です。

なるべく隙間ができないようにカーテンをキッチリ締めることで、熱が逃げる(入っていくる)のをある程度防ぐことができます。

マメにフィルターを掃除する

エアコンのフィルターはマメに掃除するようにしましょう。

ホコリなどで詰まると稼働効率が下がります。

理想は1ヶ月枚に掃除することですが、最低でもシーズンごとに掃除しましょう。

自動運転にする

基本的にずっと「自動運転」でOKです。

最近のエアコンは優秀なので、文字通り「空気を読んで」最適な稼働で設定温度にしてくれます。

下手にいじるよりはずっと省エネですよ。

ON/OFFはなるべく少なく

エアコンは稼働直後が最も電力を消費します。

そのため、マメにON/OFFを繰り返してしまうと返って電気代が増えてしまいます。

稼働中はなるべく動かしたままでOKですよ。

エアコンの環境負荷

誰も人がいないのに水槽のためにずっとエアコンを稼働させておくのは、なんだか罪悪感がありますよね?

しかし、水槽用ヒーターを使っていた時より電気代が安くなっているなら、「より環境負荷っが少ない」と言えます。

環境負荷を考えると「安心してガンガン使え」とは言えませんが、水槽用ヒーターを使い続けるよりはマシでしょう。

水槽用クーラーの電気代

ZC-500α
製品名冷却水量目安電気代目安
(8時間稼働/月)
ZC-100α70L約570円
ZC-200α140L約1122円
ZC-500α315L約924円
ZC-700α455L約1302円
ZC-1000α665L約1890円
ZC-1300α910L約3318円

※クーラー周囲温度35℃の状態で水温を25℃まで下げる際の電気代

夏季の高水温対策に水槽用クーラーを使う場合、7、8月にこちらの電気代が加算されます。

6、9月にも暑い日がありますので、表の半額程度の電気代がかかるはずです。

水槽用クーラーは導入、維持にかなりのコストがかかります。

結果としてエアコンを24時間稼働した方ががコストが安くなるケースも多いですので、ご注意ください。

  • 冷水管理が必要
  • 広い空間に水槽がある
  • 外気の影響を大きく受ける場所

「23℃以下」など冷水温で管理する場合(渓流魚、高難易度のサンゴなど)、エアコンで行うと電気代が高額になります。

企業のエントラスなど、大きな空間に設置した水槽の水温管理をエアコンだけで行うのうと電気代がかなり高額になります。

マンションのエントランス、ガレージなど、外気の影響を大きく受ける場所はエアコンで水温管理を行うことが困難です。

このような場合は水槽用クーラーを導入したほうが結果として電気代が安くなることが多いですよ。

通常の水槽設備で管理した場合の電気代

エアコンを使わず、通常の水槽設備で管理した場合の電気代はこちらの記事で詳しく解説しました。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

水槽サイズ別電気料金の目安【アクアリウムの電気代】水槽サイズ別電気料金の目安

まとめ

今回は「エアコンを使った場合の電気代」を解説しました。

アクアリウムにハマるとどんどん水槽が増えますよね(大きくなりますよね)!

それに合わせて維持コストも増えてしまいます。

水槽の維持コストのほとんどが電気代(多くはヒーター)ですから、一度計算してみると良いでしょう。

もしかしたら、エアコンの方が安上がりかもしれませんよ?

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

以上。「水槽部屋を作って、まとめてエアコンで管理しちゃいなよ」というお話でした!