私が行っている苔対策まとめ

【水草水槽の適温】ー季節ごとの水温管理を詳しく解説ー

水草水槽の適温

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事は「水草水槽の適温」を解説します。

あまり注目されない要素ですが、温度は水草の代謝スピードを決める大切な要素です。

しかし、コントロールするのは簡単ですよ。

ヒーターやクーラー、エアコンを使えばどなたでも同じ環境が作れます。

「水質」「肥料」などと比べると簡単なので、この記事を見てサクッと覚えていただければ大丈夫です。

初心者の方にも分かりやすく丁寧に解説していきますので、ぜひご覧ください。

5つの要素

温度は水草が成長するために必要な「5つの要素」の1つです。

5つの要素についてはこちらの記事で詳しく解説しましたので、まだお読みでない方は先に見ることをおすすめします。

本記事の理解がより深まると思います!

5つの要素【初心者必見!】水草水槽に欠かせない5つの要素

水草水槽の適温

(18℃)22℃~28℃(30℃)

※()内は一応の下限と上限です

こちらが水草水槽の適温です。

これ以下、でも以上でも、すぐにダメになるわけではありませんが無理なく管理できるのはこれくらいの範囲内ですよ。

水草によって対応温度の幅にかなりの差があるので一概には言えないのですが、上記温度内で管理していれば今流通している水草のほとんどを問題無く育成することができます。

18℃より低い場合

代謝スピードがかなり低下するので成長速度が低下します。

30℃より高い場合

代謝スピードが上昇するので、より多くの光、養分、CO2を必要とします。

冬場の水温管理

ヒーターを使い「25℃程度」にキープ

水は冷ますより温める方が簡単です。

そのため冬場の方が温度管理は簡単ですよ。

ヒーターを設置して電源を入れれば設定した温度まで温めてくれます。

難しく考える必要はありません。

水槽用ヒーターについてはこちらの記事で詳しく解説しました。

興味のある方はぜひご覧ください。

【水槽用ヒーターまとめ】水槽サイズ別にオススメのヒーターをご紹介

夏場の水温管理

できるだけ「30℃」を超えないように

冬場は簡単ですが夏は大変です。

特に最近は尋常じゃないくらい暑い日があるので、油断できません。

高水温対策についてはこちらの記事で詳しく解説しました。

興味のある方はぜひご覧ください。

水槽の水温を下げる3つの方法【夏場の高水温対策】水槽の水温を下げる3つの方法

夏場の方が管理が難しい理由

高水温によって水草の代謝が上がるという事は「苔」の代謝も上がるということです。

水温の上昇と共に発生量が増えることを経験している方は多いはず。

ここに水草水槽における「夏場の難しさ」があります。

夏場の難しさをイメージするとこんな感じです。

夏場の水草

水温上昇

代謝上昇

各要素の要求量増

「 CO2添加量を増やす」「肥料を増やす」などで対応

夏場の苔対策

水温上昇

代謝上昇

増殖スピード増

「点灯時間を短く」「肥料を少なくする」「お掃除屋さんを増やす」などで対応

水草に焦点を当てて考えると「代謝が増す→各要素の要求量増大に対応して各要素を増やす」となります。

しかし、苔に焦点を当てて考えるとコレは逆効果にですね。苔が増えます。

逆に苔を少なくすることに集中すると「各要素を少なくする必要」があります。

コレを続けると高水温で弱っている水草がさらに弱ります。

夏場に限らず水草水槽の永遠のテーマですが「苔は少ないけど水草は元気」というところに各要素のバランスを調整する必要があるという事です。

夏場はバランスの遊びの幅が狭くなります。

今まではコケも無く水草が元気だったのに急にコケが出た。なぜ??

CO2も肥料も同じようにやっているけど水草が元気無い、、

夏になるとこういったご相談が増えます。

これは水温上昇によってバランスの幅が狭くなったことが原因です。

今までは遊びの幅の中だったけど、狭くなったことで「苔が出るor水草の調子が悪くなった」ということですね

夏場のバランス調整例

温度に合わせて他の要素を増やす場合

温度に合わせて他の要素を増やす

水温の上昇に合わせて各要素を増やす方向です。

「CO2添加量を増やす」「肥料を増やすこと」が重要です。

バランスを取るのが難しいので、合わせて「水温」を下げる方向も考えましょう。

MEMO
肥料はコントロールが難しいので、初心者の方は「カリウム」に注力するか、とりあえずCO2添加量を増やして様子を見ると良いでしょう。
カリウム・微量元素肥料【失敗しない肥料の始め方】カリウム・微量元素肥料の使い方

水温を下げる場合

水温を下げる場合

こっちの方がずっと簡単です。

普段どおりの水温(例えば25℃)まで下げられれば、いつも通りにの管理で大丈夫です。

クーラーかエアコンを常時使わないと、夏場に25℃をキープするのは難しいので、上記のグラフのように各要素を増やすことを並行して行いましょう。


実際はこんなにシンプルではありませんが、何となくのイメージとして捉えておくと、実際に水槽に向き合った時にスムーズに対応できるかと思います。

お掃除屋さんを増やして対応!

高水温による苔の発生量増大にはお掃除屋さん達を増やすことで対応するのが吉です。

点灯時間を短くしたり、肥料を少なくするのは「短期間」にして水草の調子を崩さないようにするのが夏場のコツ。

水草の元気が無くなってしまうと美しくないですし、なによりさらに苔が増えてしまいます。

苔予防の最良の方法は「元気な水草そのもの」ですよ。

こちらの記事で私が普段から行っている苔対策をまとめてあります。

苔でお困りの方はぜひご覧ください。

苔対策水槽で生える苔対策まとめ ー苔の増殖原因、苔一覧、お掃除屋さんの量など丁寧に解説ー
元気
元気

高水温時はお掃除屋さんの活性が鈍ります(特にエビ)いつもより苔を食べる量が少なくなりますので場合によっては追加して対応しましょう!

「ミスト式」の注意点

ミスト式

ミスト式の場合、「15~30℃以内」に常時室温をコントロールしましょう。

簡単に立ち上げが出来ることが最大のポイントだと思うのですが、ちらほらとこんなご相談を受けます。

水草が育たない、、

ぜんぜん伸びないよ、、

これは温度が原因の場合が結構あります。

生き物の代謝は体温で決まるように植物の代謝も温度で決まります。

温度が高ければ代謝も高く、低ければ代謝も低くなりますよ。

なるべく20℃をキープしないと成長スピードが遅いです。

室温が平均10℃くらいならほぼ成長はストップしますよ。

成長がストップしているということは緩やかに枯死に向かっているようなものなのですよ。

エアコンを使えないなら水を張って今まで通りに立ち上げた方が無難ですよ。

夏場は逆に暑すぎてしまって蒸れで水草が溶けてしまうことがあります。

こちらもエアコンで室温を25℃くらいに設定してあげれば大丈夫です。

エアコンを使わずミスト式で立ち上げるなら、4月~6月、9月~11月くらいがオススメですよ。

ミスト式の立ち上げ方などはこちらの記事で詳しく解説しました。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

ミスト式【水草水槽の立ち上げ】ミスト式で立ち上げる方法
元気
元気

ミスト式は「新鮮な空気」がとても大切なので、毎日一度はフタを開けて空気を入れ替えてあげましょう!

【検証中のお話】底床の温度について

遥か太古の昔、ラインヒーターという商品がありました。

電熱線を水槽底面に張り巡らせ、断続的に電源を入れることで底床内に対流を起こして底床内の微生物や根の働きを助けるものなんですが、寒冷地で水道が凍らないように配管に巻き付けるヒーターみたいな感じです(私は使ったことがありません)

もう日本では流通していないと思いますが、ヨーロッパではまだあるのかな??

ダッチアクアリウムでは定番のアイテムでした。

冬場に底床内の水温が下がることで起こる弊害を何とかするためにあるシステムなんですが、日本はドイツ、オランダよりも温暖なので、冬季における底床内の温度低下はそれほど問題になりませんでした。

なので徐々に無くなってしまいました。

時は流れて現代、最近は盛り土をしたレイアウトが増えました。

ADAのレイアウトコンテストに合わせて作る方が多いので、あまり長期維持を考えてセッティングすることは少ないですが、厚く敷いた底床は長期維持を考えた場合、底床内の水の循環や温度管理を考えないと崩壊する危険があります。

長期間、底床内に水の動きが無いと、このようなことが起きます。

  • 底床内が嫌気になって腐る
  • 嫌気化により有益な土壌微生物が死ぬ
  • ソイルの場合、崩れて泥状になる

こうなってしまうと環境を一から作り直す方が簡単なのでリセットする流れになります。

長期維持どころではないですね。

また、底床内の温度が低いと前景草の成長が鈍ったりします。

冬場に前景草が調子を崩した場合、底床内の温度が低いことが原因かもしれません(あんまり無いとは思いますが)。

根張りが悪かったりするのは土壌内の微生物の活性が悪くても起こりえます。

私はセット初期に微生物の増殖を促すために28℃くらいにして立ちげることが良くありますが、冬場は立ち上がった後もそのまま28℃でキープすることが多いです。

そのほうが調子が良いので。

高水温で代謝がいいから調子が良いのか、底床まで温まるから良いのか微妙ですが、、

ちなみに確認したところ28℃だと底床内の温度は20℃くらいでした(冬場に底床に水温計をぶっさしてみました)。

経験的に夏場に25℃くらいでキープするのが水草水槽にとって一番良い気がするので底床内もある程度水温が高い方が土壌微生物達の活性が上がって調子が良くなるのでは??

と考えています(夏場は底床内の温度は25℃くらいでした)。

盛り土をしたレイアウトを長期維持する場合「底床内を好気的に保つことはかなり重要なのでは??」と考えていますよ。

そのめ最近は温度で循環させるのでは無く底面フィルターを外部式フィルターの吸水部分に使用することでもっと直接的に水を循環させています。

こちらで紹介している水槽は「底面フィルターを外部式フィルターの吸水部分に使用」していますよ。

IAPLC2018【IAPLC2018】世界水草レイアウトコンテスト 出品水槽の作り方 vol1 構図組~コケ活着IAPLC2019出品作品【IAPLC2019】世界水草レイアウトコンテスト 出品水槽の作り方 vol1 コンセプトと構図組

ちなみにこちらの記事で「外部式フィルターと底面式フィルター」を繋ぐ方法を解説しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

水草水槽で底面式フィルターを使う方法水草水槽で底面式フィルターを使う方法

まとめ

今回は「水草水槽の適温」を解説しました。

冬場はヒーターをセットするだけので簡単ですが、夏場は工夫が必要です。

電気代を考えなければ、エアコンで管理してしまえばそれで全て解決します。

部屋ごと「暖めるor冷やす」ようにしてしまえば、底床内の温度も一緒に管理出来るので色々考えずに済みますね(笑)。

小型水槽は個別に管理したほうが安上がりですが、大型水槽ユーザーの方、水槽本数が多い方はまとめてエアコンで管理したほうが安いかもしれません。

ぜひ、一度エアコンの導入もご検討ください。

エアコンを使った場合の電気代【水槽の温度管理】エアコンを使った場合の電気代 ー水槽用ヒーター、クーラーとの比較