私が行っている苔対策まとめ

【アクアリウムの電気代】水槽サイズ別電気料金の目安

水槽サイズ別電気料金の目安

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「水槽サイズ別電気料金の目安」を解説します。

アクアリウムの電気代は、一体どれくらいかかるのでしょうか?

水槽に使われている機材は、「1日中ずっと電源が入っているもの」もあれば、「数時間だけ使うもの」もあります。また、ヒーターなどの温度管理用品は、「外気温、部屋の保温能力などの影響」を大きく受けます。

そのため、正確な電気代を計算することは難しいです。

ですが、日々のコストが分からないと、モヤモヤとした気持ちになりますよね?

そこで今回は、パッと一目で目安が分かるように、「電気料金表」を作りました。

100%正確なものではありませんが、それなりの精度になるよう計算して作りましたので、文字通り「目安」になるはずです。

水槽の電気代を知りたい方は、ぜひご覧ください。

なお、記事中の電気代計算にはこちらのサイトを使わせていただきました。

直感で扱えるので誰でも簡単に計算できます。電気代を計算する際にぜひご利用ください。

参考 電気料金の計算電気料金計算

今回のモデルケース

モデルとした水槽設置例
  • 一般的な熱帯魚水槽(ライト、フィルター、ヒーター、その他の機材を使用)
  • 一人暮らしのワンルームアパートに設置
  • 昼間は仕事で家にいない
  • ライトの点灯時間 8時間

こちらが今回モデルとしたケースです。

私が一人暮らしをしていた頃のコスト感で計算してみました。

「一人暮らしのワンルーム」「昼間は仕事でいない」ことから、温度管理コストが割高です。

一軒家などでご家族と住んでいる方は、今回の目安よりも「10~30%程度」お安くなる可能性があります。

MEMO
人がいるとエアコン、ストーブなどで室温を調整することから、水槽の温度管理コストが低減します。家全体の電気代は変わらないかもしれませんが、、
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

安く見積もってもがっかりするので、ちょっと高めに設定しました!

水槽サイズ別電気料金の目安

水槽サイズ水量電気代
(月平均)
電気代
(年額)
高い月
(12,1,2月)
安い月
(7,8月)
W20×D20×H20 6L約332円約3984円約534円約113円
W30×D18×H2410L約391円約4692円約592円約154円
W36×D22×H2616L 約395円約4740円約598円約157円
W30×D30×H3022L約575円約6900円約1090円約190円
W45×D27×H3030L約590円約7080円約1150円約198円
W60×D30×H3655L約1059円約12708円約1665円約327円
W45×D45×H4579L約1480円約17760円約2289円約501円
W60×D45×H45107L約1550円約18600円約2360円約510円
W90×D45×H45155L約2490円約29880円約3742円約833円
W120×D45×H45204L約3790円約45480円約5819円約1331円
W180×D60×H60559L約8703円約104436円約13575円約2787円

※W=幅、D=奥行、H=高さ
※水量は水位を水槽高より3cm程度下げた状態で計算

電気代(月平均)は月ごとの変動を考慮した年間合計電気代を12ヶ月で割ったものです。

1年水槽を設置すると、「毎月平均、これくらい電気代がかかりますよ」という目安ですね。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

こちらの表を元に、各家庭の財務責任者に提案すると稟議が通りやすくなるかもしれません(笑)

計算内容解説

上記の表の計算内容を解説していきます。

すべての水槽サイズを乗せると膨大な量になってしまうので、人気のある「30cm水槽」を例に説明していきます。

1kWh単価 = 25円

電気料金の大体の中央値である25円で計算しました。

計算式はこのような形です。

ヒーター50W × 12時間 × 30日 = 18kWh(合計電力量) = 約450円

ご契約の内容、電力会社によって微妙に異なるので、実際の数値とはちょっと離れるはずです。

詳しい計算方法はこちらのサイトで詳しく解説させれていますので、興味のある方はご覧ください。

参考 電気料金の計算方法電気料金計算

使用機材

W30×D18×H24機材名 消費電力電気代
(1時間)
ライト水作 LightUP 3009.5W約0.2円
フィルターテトラ AT-202.2W約0.05円
ヒーター(寒い時期のみ)エヴァリス AR5050W約1.25円
冷却ファン(暑い時期のみ)GEX アクアクールファン コンパクト1.3W約0.03円
その他機材エアレーションなど2.5W約0.06円

よくある「熱帯魚飼育セット」をモデルとしています。

ライト、フィルターなどはメーカーごとに消費電力に差がありますが、微々たるものです。

上記以外の機材で同程度のセッティングをしても電気代は大きく変わりません。

その他機材は「別途何か機材を使用した場合」を想定して付け足してみました。

エアレーション(ブクブク)など追加で使用している場合などですね。

1ヶ月の電気代目安

機材名 消費電力電気代
(1時間)
使用時間
(夏季)
使用時間
(冬季)
1日の電気代
夏季
1日の電気代
( 冬季 )
月の電気代
( 夏季 )
月の電気代
( 冬季 )
水作 LightUP 3009.5W約0.2円8時間 8時間約1.9円 約1.9円約57円約57円
テトラ AT-202.2W約0.05円24時間 24時間約1.3円 約1.3円約39.6円約39.6円
エヴァリス AR5050W約1.25円0 12時間0円 約15円0円約450円
GEX アクアクールファン コンパクト1.3W約0.03円12時間0約0.4円 0円約11.7円0円
エアレーションなど2.5W約0.06円 24時間 24時間約1.5円 約1.5円約45円約45円

夏季:1ヶ月 約154円

冬季:1ヶ月 約592円

ざっくりと計算するとこんな感じです。

ライト(8時間)、フィルター(24時間)は季節を問わずいつも同じ時間稼働させます。

温度を管理する機材は季節によって大きく稼働時間が変わるので、時期によって大きく電気代が上下しますよ。

ヒーターと冷却ファンの稼働時間による合計電気代の変動

ヒーター
稼働時間
ヒーター
電気代
冷却ファン
稼働時間
冷却ファン
電気代
合計電気代
1月12時間約450円00円約592円
2月12時間約450円00円約592円
3月9時間約338円00円約480円
4月8時間約300円00円約442円
5月5時間約188円2時間約2円約332円
6月2時間約75円8時間約8円約217円
7月00円12時間約12円約154円
8月00円12時間約12円約154円
9月2時間約75円4時間約4円約217円
10月8時間約300円00円 約442円
11月9時間約338円00円 約480円
12月12時間約450円00円約592円

30cm水槽の電気代月平均: 約391円

詳しく月ごとに計算するとこんな感じになります。

熱帯魚水槽の電気代はほとんどがヒーター

ヒーター
稼働時間
ヒーター
電気代
合計電気代
1月12時間約450円約592円
8月0時間0円約154円

このように熱帯魚水槽の電気代のほとんどがヒーターによる電気代です。

そのため、夏季冬季で大きく電気代が異なります。

寒い時期はヒーターの稼働時間が長くなるため、電気代が高くなりますよ。

ということは、ヒーターの稼働時間を短くすれば電気代の節約になるということですね。

ヒーターは「水量」によって、使用電力がことなります。

電気代を計算する際は、水槽サイズよりも「水量」に注目しましょう。

【水槽用ヒーターまとめ】水槽サイズ別にオススメのヒーターをご紹介水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

ヒーターの電気代を節約する方法

  • 外気温の影響を少なくする
  • なるべく暖かい部屋に設置
  • 保温シートで覆う

大きく分けると3つの方法があります。

ヒーター代を節約するのは、要するに水槽が冷めないようにすると良いです。

外気温の影響を少なくする

「窓辺」「玄関」など外気温の影響を受けやすい場所に水槽がある場合、冬場に水温が下がりやすいので電気代が増える傾向があります。

電気代の安くするなら、外気の影響をあまり受けない場所へ設置しましょう。

なるべく暖かい部屋に設置

「リビング」など人が長時間過ごす場所は、エアコンやストーブなどの暖房器具を使うので温かい時間長いです。

その分、ヒーターが稼働する時間を短くすることができます。

保温シートで覆う

created by Rinker
萩原
¥1,140 (2020/07/12 23:11:20時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのようなアルミシートを水槽に張ることで保温することができます。

ハサミで自由にカットできるので、水槽に合わせて使いましょう。

水槽用クーラーを使う場合

製品名冷却水量目安電気代目安
(8時間稼働/月)
ZC-100α70L約570円
ZC-200α140L約1122円
ZC-500α315L約924円
ZC-700α455L約1302円
ZC-1000α665L約1890円
ZC-1300α910L約3318円

※クーラー周囲温度35℃の状態で水温を25℃まで下げる際の電気代

夏季の高水温対策に水槽用クーラーを使う場合、7、8月にこちらの電気代が加算されます。

6、9月にも暑い日がありますので、表の半額程度の電気代がかかるはずです。

水槽用クーラーは導入、維持にかなりのコストがかかります。

結果としてエアコンを24時間稼働した方ががコストが安くなるケースも多いです。

水槽用クーラー導入の際は、エアコンの導入も検討してくださいね。

参考 ZCシリーズゼンスイ

エアコンの導入を検討する

こちらの記事で「エアコンで管理した場合の電気代」を詳しく解説しています。

大型水槽ユーザー、水槽本数の多い方はエアコンで管理したほうが電気代が安くなるケースがあります。

エアコン導入の目安が知りたい方は、ぜひご覧ください。

エアコンを使った場合の電気代【水槽の温度管理】エアコンを使った場合の電気代 ー水槽用ヒーター、クーラーとの比較
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

エアコンなら水槽内にヒーターを入れなくても良いという利点もあります!

まとめ

今回は「水槽サイズ別電気料金の目安」を解説しました。

アクアリウムにおける維持費の大部分は電気代です(≒ヒーターの電気代)。

ざっくりとでも基準となる金額を知っていると、日頃のコスト計算がやりやすくなります。

ぜひ、水槽導入の際にご利用ください!

水槽サイズ水量電気代
(月平均)
電気代
(年額)
高い月
(12,1,2月)
安い月
(7,8月)
W20×D20×H20 6L約332円約3984円約534円約113円
W30×D18×H2410L約391円約4692円約592円約154円
W36×D22×H2616L 約395円約4740円約598円約157円
W30×D30×H3022L約575円約6900円約1090円約190円
W45×D27×H3030L約590円約7080円約1150円約198円
W60×D30×H3655L約1059円約12708円約1665円約327円
W45×D45×H4579L約1480円約17760円約2289円約501円
W60×D45×H45107L約1550円約18600円約2360円約510円
W90×D45×H45155L約2490円約29880円約3742円約833円
W120×D45×H45204L約3790円約45480円約5819円約1331円
W180×D60×H60559L約8703円約104436円約13575円約2787円
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

コスト感覚を身につけて、上手にアクアリウムを楽しんでくださいね!