【初心者向け】カリウム肥料の使い方

【魚病薬まとめ】私が使っているオススメのお薬をご紹介

本記事は「私が使っているオススメの魚病薬」をご紹介します。

お魚の病気には様々な種類がありますが、治療するためには症状に合ったお薬を正しく使う必要がありますよ。

しかし、たくさんありますのでどれを使って良いか迷ってしまいますよね。

そこで、私が普段から使い込んでいる魚病薬をご紹介したいと思います。

実際に「使って効果の有ったもの」しか書きません。

また、初心者の方にも分かりやすいよう、丁寧に解説しますので安心してお読みください。

注意
「治る」ということを優先していますので、中には説明書に記載されていない使い方、禁止されている使い方をしているものもあります。

元気

逆に「効く」と記載されていても効果の無い薬もあるので注意が必要です!

魚病薬一覧

私が使っていた薬を一覧にしてみました。

こちらの薬があれば大体の病気に対応可能です。

病気の症状から薬を逆引き出来るようにしましたので、薬をお探しの方は参考にしてみてください。

見かた
  • 極初期症状ならなんとかなるかも
  • ◯ 初期~中期症状まで対応出来る
  • ◎ 重症でも対応出来る

 白点病カラムナリス症エロモナス症コショウ病水カビ白雲病イカリムシウオジラミ
ヒコサンZ
アグテン
     
グリーンFゴールド 顆粒  
観パラD    
エルバージュエース  
グリーンF クリアー     
グリーンFリキッド      
リフィッシュ    
トロピカルN      

薬解説

薬をそれぞれ詳しく解説していきます。

参考までに「実際に使ってみた使用感」なども書きますので、興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

注意
今回ご紹介するお薬、使い方が「唯一の治療法」ではありません。時と場合によって柔軟に対応する必要がありますよ!

ヒコサンZ、アグテン

ヒコサンZ
アグテン

こちらの2つの薬は「成分」「濃度」が同じなので、同様に使うことが出来ます。

初期、中期症状の白点病によく効きますよ。

次いでコショウ病、水カビの初期症状に対応出来ますよ。

コショウ病、水カビに関しては効果は限定的ですので、おまけ程度に考えましょう。

パッケージに「尾腐れ病にも効く」ような記述がりますが、あまり効果がありませんので注意してください。

主成分のマラカイトグリーンはかなり毒性が強いですが、不安定な物質なので水中に入れるとすぐに分解されてしまいます。

そのため治療中は毎日投入するようにしましょう。

毒性自体は強いのですが、効果時間が短いので結果として「生き物」「水槽環境」へのダメージは比較的少ないお薬ですよ。

「ヒコサンZ、アグテンの使い方」へ飛ぶ

注意
白点病のお薬として良く紹介されますが、重症化した白点病にはあまり効果がありませんので気をつけてください。重症なら後述する「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュエース」を使いましょう。

効果のある病気
  • 白点病
  • コショウ病(限定的)
  • 水カビ(限定的)

グリーンFゴールド 顆粒

グリーンFゴールド顆粒

対応範囲の広く、生体担当時代に一番お世話になったお薬です。

細菌性の病気を治療する「殺菌薬」で、カラムナリス菌が原因で起こる「尾腐れ病」などの治療薬です。

お魚を中心に楽しまれている方はひとつ持っておくと何かと便利ですよ。

説明書に記載はありませんが「重症化した白点病」「コショウ病」「水カビ病」に効果があります。

水槽をキレイにしている「濾過バクテリア」の一部も殺してしまうので、隔離水槽を作って薬浴させたほうが無難です。

「グリーンFゴールド顆粒の使い方」へ飛ぶ

効果のある病気
  • 白点病
  • カラムナリス症
  • エロモナス症(限定的)
  • コショウ病
  • 水カビ
  • 白雲病
実は「藍藻」の特効薬でもあります。
 
藍藻対策用に使用する際は、こちらを御覧ください。

観パラD

観パラD

厄介なエロモナス症に効くお薬です。

細菌性の病気を治療する「殺菌薬」で、エロモナス菌が原因で起こる「穴あき病」などの治療薬です。

エロモナス症は治療が難しいので、なるべく早く対応することが重要ですよ。

重症化してしまうと、このお薬を使ってもあまり治りません。

その場合はこの後ご紹介する「エルバージュエース」での薬浴をオススメします。

こちらもグリーンFゴールド顆粒と同様「殺菌薬」ですが、濾過バクテリアへのダメージは限定的です。

エロモナス症に急ぎ対応するために飼育水槽へ投入しても割と大丈夫ですよ(水草はダメになりますが)

透明なお薬なので、水の「色」から濃度を判断出来ません。
「投入日時」「量」をメモっておきましょう。

「観パラDの使い方」へ飛ぶ

効果のある病気
  • カラムナリス症(限定的)
  • エロモナス症
  • コショウ病(限定的)
  • 白雲病(限定的)

エビに発生する感染症にも一定の効果を発揮します。

「毎日少しづつエビが死ぬ」なんてときは細菌感染が原因かもしれません。

こちらで対処法をまとめましたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


エルバージュエース

グリーンFゴールド顆粒、観パラDの上位互換です。
これらを合体させたようなお薬ですよ。

効果が強力な分、お魚への負担も大きいので、あまり使用頻度は高くありません。

カラムナリス症にグリーンFゴールド顆粒で対応出来なかった時、エロモナス症に観パラDで対応出来なかった時に使用するようにしています。

説明書に記載はありませんが「重症化した白点病」「コショウ病」「水カビ病」に効果があります。

水槽をキレイにしている「濾過バクテリア」の一部も殺してしまうので、隔離水槽を作って薬浴させたほうが無難です。

「エルバージュエースの使い方」へ飛ぶ

効果のある病気
  • 白点病
  • カラムナリス症
  • エロモナス症
  • コショウ病
  • 水カビ
  • 白雲病

グリーンFクリアー

グリーンFクリアー

重症化した白点病、コショウ病に効果のあるお薬です。
塩素を使ったお薬でそれほど水草や濾過バクテリアにダメージを与えることなく薬浴させることが出来ます。効果の高いとても良いお薬だと思いますよ。

特にコショウ病対策にオススメです。

ただし、pH6.5以下になると毒性が強まってしまうので注意が必要です。
使用するなら「エコpH」などのpHメーターを使って水質をチェックした方が良いでしょう。

もし、pHをチェックをせずに使うのであれば、新しく隔離水槽を立ち上げてそちらで薬浴させたほうが良いですよ。
(水道水のpHはほとんどの地域で弱アルカリ性なので)

効果のある病気
  • 白点病
  • コショウ病(限定的)
  • 水カビ(限定的)

グリーンFリキッド

グリーンFリキッド

メチレンブルーという成分がメインのお薬です。
主に水カビの治療に使います。

青い色をしており、とても染色力が強いので皮膚や服などにつくと落ちないので注意してください。熱帯魚屋の謎の青いシミは大体マラカイトグリーンかメチレンブルーが原因ですよ。

水槽のシリコンも青く染めてしまうため、隔離水槽で薬浴させたほうが良いでしょう。

他のメチレンブルーを主体とした薬(メチレンブルー水溶液など)との違いは「アクリノール」が含まれること。

アクリノールには静菌作用が期待できるので、水カビ病の傷が化膿してしまうのをある程度予防することが出来ます。

効果のある病気
  • 白点病
  • 水カビ

リフィッシュ

イカリムシやウオジラミなどの寄生虫を倒す駆虫薬です。
寄生虫は同時にお魚の皮膚に傷を付けるので、感染予防に殺菌剤も含まれています。下記のトロピカルNと効果がかぶるので基本的にどちらかがあれば良いでしょう。

池を対象としたお薬のため、量の記載が大水量基準になっています。
小型水槽で使おうとすると、計算がちょっとやっかいなのが弱点です。

注意
イカリムシ、ウオジラミは重症化するとお魚の体にかなり傷が付きます。高確率で感染症を併発しますので「グリーンFゴールド顆粒」or「エルバージュエース」を併用して対応しましょう。
効果のある病気
  • カラムナリス症(限定的)
  • 白雲病(限定的)
  • イカリムシ
  • ウオジラミ

トロピカルN

トロピカルN

通称「トロN」
上記のリフィッシュと効果がかぶるので基本的にどちらかで良いと思います。

こちらの方が使用量の計算はしやすいので、水槽で薬浴させるならこちらの方が使いやすいですよ。

注意
イカリムシ、ウオジラミは重症化するとお魚の体にかなり傷が付きます。高確率で感染症を併発しますので「グリーンFゴールド顆粒」or「エルバージュエース」を併用して対応しましょう。
効果のある病気
  • イカリムシ
  • ウオジラミ

薬浴は隔離水槽で行う

薬浴は隔離水槽で行うと飼育水槽へ負担がかかりません。

なるべくなら隔離水槽を用意して、魚病薬は飼育水槽へ入れないようにしましょう。

MEMO
白点病の初期症状くらいなら飼育水槽で薬浴しても大丈夫ですよ。

「粉タイプ」の薬を簡単に計量する方法

「粉タイプ」の薬は計量するのが大変です。

特に小型水槽での薬浴は単位が「0.1g」みたいな感じになるので、かなり精密な秤を持っていないと計れません。

そこで、粉タイプの薬を簡単に計量する方法をご紹介します。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

水量を計算する

魚病薬を使う際は「水量を正確に計算」する必要がありますよ。

薄いと効きませんし、濃いとお魚へのダメージが大きくなってしまいます。

計算方法をこちらで詳しく解説しましたので御覧ください。

あわせて読みたい
水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

薬浴と塩水浴の併用

今回ご紹介した魚病薬はすべて塩水浴と「併用出来ます」

塩には病気を治す力はあまりありませんが「お魚の調子を整える力」があります。「何となく調子が悪いなぁ」という時には塩を入れると良いですよ。

上記お薬と合わせて計画的に使いましょう。

メリット
  • お魚の調子を整えることが出来る
  • 経済的
  • 簡単に出来る(塩を入れるだけ)
デメリット
  • 塩抜きが大変
  • 水草が枯れる
MEMO
塩水浴はコショウ病には良く効きます。お薬と併せて使うことでかなりの効果が期待できますよ。場合によっては塩だけでも治せちゃいます。

塩水浴についてはこちらで詳しくまとめました。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

耐性菌を作らないように注意する

中途半端にお薬を使うと菌や寄生虫が薬に耐性をもってしまいます。

お薬を使うなら中途半端に使わず「菌や虫を倒しきる」ことを考えましょう。

魚病薬は「菌や寄生虫を殺す毒」のようなものなので、お魚やエビなど水槽にいるすべての生き物にダメージがあります(薬によってダメージのある生き物が変わりますが)

「少ない時間、少ない量」を使用することでダメージを少なくすることは可能なのですが、その分、菌や寄生虫へのダメージも少なくなってしまいます。

私は「とりあえず病気になりそうだからお薬をちょっとだけ入れよう」みたいな使い方をオススメしません。

その間にお薬への耐性をもってしまうと治すことがさらに難しくなってしまうからです。

冷たい言い方になってしまいますが「ちょっとだけお薬を入れよう」というのは、飼育者の気持ちの問題であることが多いと思います。

お魚により良いことをしてあげようというお気持ちは汲みますが、はたしてそれが本当に良いことなのか、お薬を入れる前にもう一度考えてみてください。

 
  • お薬の種類を変える
  • より強力なお薬を使う(グリーンFゴールド顆粒→エルバージュエースなど)
  • 量を増やす
などの対応が必要です。より多くのダメージを菌や寄生虫に与えるようにする訳ですから、当然、お魚やエビなどの生き物へのダメージも大きくなってしまいます。それでも治すことを前提とした場合、お薬使うしかないのですが、、、

その他の魚病薬

今回ご紹介したものの他にもたくさんの魚病薬があります。

メジャーなものを集めて一覧表にまとめましたので、興味のある方は読んでみてください!

まとめ

お魚の病気への対応をとても難しいことだと思います。

薬は使い方を間違えると効かないばかりかお魚への負担になってしまうので、初心者の方はまず詳しい方にアドバイスを求めたほうが良いと思いますよ。

店舗で質問する際は「実際に治療したことがあるか?」とスタッフに聞くと良いです。

ちょっと意地悪な質問かもですが、経験がものを言う事柄なので、実践されている方に聞くことをオススメいたします。

元気

各病気の詳しい治し方はいずれ記事にします!

4 COMMENTS

アバター 斉藤道男

すみませんお尋ねさせてください。
グッピーですが、お腹が膨れています。
2匹隔離しています。
塩水浴させ、餌は与えていません。
毎日水替をしています。
もう4日経ちますが変化ありません。
何か効く薬ありますでしょうか。
元気に泳いではいますが…

返信する
轟 元気 轟 元気

斉藤道男さん、コメントありがとうございます。

グッピーのお腹が膨れているのですね。
お魚の画像を見てみないとなんとも言えないので、お手数ですがこちらまで画像をお送りください。
もしかしたら、詳しくご案内出来るかもしれません。
ordinaryaquarium@gmail.com

返信する
アバター アキラ

お薬の上位互換や種類など、ちょうど知りたい情報が立つ的にまとまっていて、とても助かりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA