【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

【守備範囲が広い!】グリーンFゴールド顆粒の使い方 ー尾腐れ病、口腐れ病、エラ腐れ病の治療におすすめー

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事はグリーンFゴールド顆粒の使い方を解説します。

尾腐れ病、口腐れ病、エラ腐れ病、赤斑病、穴あき病などと呼ばれる細菌感染症に対応できる守備範囲の広い薬です。

こいつを使いこなせるようになると、治療の幅がグッと広がりますよ。

初心者の方がつまづく病気の多くに効果がありますのでぜひ使い方をマスターしてください!

効果や用量、投薬例など分かりやすく丁寧に解説していきますのでぜひご覧ください。

注意

今までの使用経験を元に執筆しています。中には説明書記載の使用法などと違う部分もありますので参考までにご覧ください。

おすすめの魚病薬

グリーンFゴールド顆粒の他、おすすめの魚病薬をこちらの記事でご紹介しています。

お魚の病気の薬をお探しの方はぜひご覧ください。

魚病薬まとめ 【魚病薬まとめ】私が使っているおすすめのお薬をご紹介
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

グリーンFゴールド顆粒の効果

グリーンFゴールド顆粒
  • 尾腐れ病
  • 鰭腐れ病
  • 口腐れ病
  • エラ腐れ病
  • 赤斑病
  • 穴あき病

などと呼ばれる細菌感染症に効果のある薬です。

細菌感染症は発症する部位によって呼ばれ方が変わるのでややっこしいのですが、主にカラムナリス菌によっておきる症状に効果があります。

また、白点病やコショウ病、水カビ病などが重症化すると患部から細菌感染が始まることが多いのですがグリーンFゴールド顆粒を使うことによってそれを予防することができます。

そのためこちらの病気にも対応できる薬です。

  • 白点病(重症にも効く)
  • エロモナス症(初期症状なら)
  • コショウ病(重症にも効く)
  • 水カビ病(重症にも効く)
  • 白雲病(重症にも効く)
元気
元気

白点病、コショウ病、水カビ病への効果は説明書には記載されていません。オフィシャルではありませんが実際に効果を確認していますよ。すので手に入れやすい方を購入すればOKです!

カラムナリス菌?

細菌の仲間「フレキシバクター・カラムナリス」の総称です。

正直なところ、厳密には他にもたくさんの原因菌がいるのだと思いますが対処法が似ているのでまとめて「カラムナリス症」としてしまうことが多いです。

  • 尾腐れ病
  • 鰭腐れ病
  • 口腐れ病
  • エラ腐れ病
  • 赤斑病
  • 穴あき病

こんな感じで呼ばれる病気はカラムナリス症の可能性が高いです。

お困りの方はグリーンFゴールド顆粒で薬浴することをおすすめします。

MEMO

赤斑病、穴あき病はエロモナス菌が原因の場合もあります。そのためカラムナリス、エロモナス症両方に効果の高いエルバージュエースでの薬浴をおすすめします。

用量

規定量 = 40Lに対して1g程度

これくらいを目安に薬浴をしましょう。

粉の薬のため量が計りづらいです。

隔離水槽を使用し薬浴をする場合、ほとんどの方が小型水槽を使用するかと思います。

小型水槽向けに「簡単に計量する方法」をこちらの記事で紹介していますので、計量時にご覧ください。

粉タイプの魚病薬を簡単に計量する方法 【小型水槽向け】粉タイプの魚病薬を簡単に計量する方法

使い方

薬浴は隔離水槽で行う

薬は予め水で溶かしてから水槽に入れる

こちらがグリーンFゴールド顆粒で薬浴するときのコツです。

  • 薬を抜きづらいこと
  • 水草が枯れてしまうこと
  • ろ過バクテリアにある程度ダメージがあること

このような事情から薬浴は隔離水槽で行いましょう。

隔離水槽のセット方法などはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

飼育水槽と隔離水槽 【病気の治療】隔離水槽のセッティング方法

投薬例

  • カラムナリス症
  • 白点病(重症にも効く)
  • エロモナス症(初期症状なら)
  • コショウ病(重症にも効く)
  • 水カビ病(重症にも効く)
  • 白雲病(重症にも効く)

こちらの病気治療の場合の投薬例をご紹介します。

期間、再投薬のタイミング、換水のタイミングなど参考までにご覧ください!

隔離水槽の用意、投薬、病魚の移動

隔離水槽をセッティングし、薬を入れましょう。

準備が整ったら病魚を移して治療スタートです。

~6日目「様子を見る」

お魚の様子を確認してください。

もし、何か異変がある場合は、換水をして薬を抜き様子をみましょう。

7日目「換水」

50%程度換水を行い、薬を抜きましょう。

治癒しているようなら薬浴は終了です。

症状がまだ残っている場合、再度薬を規定量投入し薬浴を続けましょう。

8日目~14日目「様子を見る」

お魚の様子を確認してください。

もし、再発があるようなら薬を追加して、再度薬浴を行ってください。

薬浴を続けている場合、お魚に何か異変があれば、換水して薬を抜きましょう。

15日目 「 お魚を戻す 」or「様子を見る」

治療の終わったお魚を飼育水槽へ戻して治療を終えてください。

STEP3で再度、薬を投入している場合は、50%程度換水を行い薬を抜きましょう。

もう3日~7日程度様子を見て再発が無いようなら、お魚を飼育水槽へ戻し治療を終えてください。

治らなかった場合

ここまでで治らないようなら、薬を「エルバージュエース」へ変え再度STEP1より薬浴をスタートしてください。

薬を入れ過ぎたら

規定量より10~20%程度多く入れ過ぎてしまうくらいなら許容範囲であることが多いです。

1.5倍以上入れてしまったのなら30~50%程度(入れ過ぎた量にもよります)換水をして薬の濃度を薄くしましょう。

グリーンFゴールド顆粒の場合、多少入れ過ぎる程度なら問題にならないことがほとんどです。

1.5倍以上入れてしまったのなら、入れ過ぎた量に応じて換水をして薄めましょう。

投薬中の餌について

様子を見ながら与えてOKです。

治療中はお魚の様子を見ながら餌を与えても大丈夫です。

かなり弱っている場合、餌を食べないこともありますのでその場合は与えないようにしましょう。

元気に食べるようなら、残り餌が出ない程度に与えてください。

投薬時の注意

紫外線で分解される

太陽光

紫外線で成分が分解され薬効を失います。

太陽光が当たる水槽では効果が下がるのでご注意ください。

発注類用のライトなど紫外線を照射するタイプも薬効が短くなってしまいますので、薬浴中の水槽には当てないようにしましょう。

活性炭、ゼオライトで無効化されてしまう

キョーリン ブラックホール

濁り取りなどに有用な活性炭は薬も吸着してしまう。

  • 活性炭
  • ゼオライト

などの吸着系ろ材は薬を吸着除去してしまうため薬浴中は水槽から取り除きましょう。

MEMO

薬の成分を抜きたい場合は水槽に入れましょう。

ソイル水槽では薬効が短くなる

JUN プラチナソイル パウダー

水草水槽でよく使用するソイル(土)は活性炭などと同様に薬を吸着してしまいます。

ソイルを使用している水槽に薬を添加するとソイルが成分を吸着してしまうので薬効が短くなります。

グリーンFゴールド顆粒を使い薬浴をする水槽にはソイルを敷かないようにしましょう。

酸欠に注意

魚が酸欠で鼻上げしている様子

薬を添加すると場合によって水槽中の酸素を大きく消費することがあるため、お魚が酸欠になる場合があります。

フィルターを稼働させている場合は酸欠になることは稀ですが、念のためエアレーション(ブクブク)をセットしておくと安心です。

MEMO

フィルターを使用していない水槽で薬浴をする場合はエアレーションを必ずセットしましょう。

薬浴は隔離水槽で

  • ろ過バクテリアにダメージを与える場合がある
  • 水草にダメージがある

以上の点から、グリーンFゴールド顆粒で薬浴する場合は隔離水槽で行うことをおすすめします。

飼育水槽と隔離水槽 【病気の治療】隔離水槽のセッティング方法

生き物によっては影響が大きい

  • 古代魚
  • ナマズの仲間
  • エビの仲間
  • 貝の仲間

などは薬の影響でダメージを受けやすいです。

特に鱗の少ないお魚ほどダメージを受ける傾向にあるのでご注意ください。

貝類などは薬浴中だけ一時的バケツなどに避難させておくと良いでしょう。

MEMO

薬への耐性は魚種によって大きく異なります。古代魚、ナマズの仲間であってもまったく駄目というわけではないので薬浴する際は詳しい方に聞いてみましょう。

薬浴中にお魚の様子がおかしくなったら

すぐに50~80%程度換水しましょう。

もしかしたら薬によるダメージかもしれません。

投薬を中止し換水をして薬を抜きましょう。

成分

10.5g中
  • ニトロフラゾン 5g
  • スルファメラジンナトリウム  5g
  • マクロゴール6000 適量

塩水浴と組み合わせて

隔離水槽で薬浴する場合「塩水浴」と合わせて行うとより効果的です。

塩水浴についてはこちらで詳しく解説しましたのでぜひ覧ください。

塩水浴の方法 【お魚の調子を整える】塩水浴の方法 ー効果、手順、期間、塩の量、塩の種類など徹底解説!ー

藍藻対策にもおすすめ

グリーンFゴールド顆粒を使うと「藍藻」をあっさりと倒せます。

藍藻対策についてはこちらで詳しく解説しましたのでお困りの方はご覧ください。

藍藻を駆除する方法 【これで解決】藍藻を確実に駆除する2つの方法

おすすめの魚病薬

こちらで私が普段から使っている薬を紹介しています。

病状別におすすめの薬を一覧表にまとめましたのでぜひご覧ください。

魚病薬まとめ 【魚病薬まとめ】私が使っているおすすめのお薬をご紹介

よくある質問

グリーンFゴールド顆粒で薬浴する期間、時間はどれくらい?
通常の薬浴なら1~2週間程度です。
詳しくは投薬例をご覧ください。
グリーンFゴールド顆粒は穴あき病、赤斑病にも効くの?
穴あき病、赤斑病は魚の体表に何らかの菌が感染しておきる症状です。
菌の種類によってはグリーンFゴールド顆粒でも効きますので試す価値はあります。
穴あき病、赤斑病に関してはエルバージュエースの方が効果が高いため、よりおすすめです。
グリーンFゴールド顆粒はヒコサンZやアグテン、メチレンブルーなどと併用できるの?
場合によっては併用することもあります。
薬の併用は説明書では禁止されていますが、現場では必要に応じて行っています。
薬の効果範囲からヒコサンZやアグテンとの併用はあまり有用だとは考えていませんが、グリーンFリキッドなどのメチレンブルー系の薬品とは状況に応じて併用しています。
グリーンFゴールド顆粒を入れ過ぎてしまいました。薄める方法は?
換水をするのが良いでしょう。
例えば50%換水をすれば濃度を半分にできます。
グリーンFゴールド顆粒とエルバージュエースの違いは?
どちらも細菌感染症に効く薬ですがエルバージュエースの方が守備範囲が広いです。
エルバージュエースはグリーンFゴールド顆粒よりもエロモナス菌が原因で生じる症状に効果が高いです。
エルバージュエースが効果のある病気や使い方、成分についてはこちらの記事をご覧ください。
グリーンFゴールド顆粒とグリーンFゴールドリキッド、観パラDの違いは?
どちらも細菌感染症に効く薬ですがグリーンFゴールドリキッド、観パラDは主にエロモナス菌が原因で生じる初期症状に対応する薬です。その他、薬餌を作る場合やエビの発生する感染症対策用としても使える薬です。
グリーンFゴールドリキッド、観パラDの効果のある病気、使い方、成分などの詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
グリーンFゴールド顆粒がなかなか溶けません。液体のタイプは無いの?
残念ながらありません。
ペットボトルなどに入れてシャカシャカ降ると溶かしやすいですよ。
グリーンFゴールド顆粒の上手な希釈方法を教えてください。
グリーンFゴールド顆粒は粉なので水槽に適量入れるのが難しいですよね。
こちらの記事でペットボトルを使った簡単な計量方法をご紹介していますのでご覧ください。
グリーンFゴールド顆粒は開封後どれくらい保つの?
なるべく早く使い切ったほうがよいですが、冷蔵庫などで保管すれば半年程度は保つと考えています。乾燥剤などと一緒に保管すると良いでしょう。
グリーンFゴールド顆粒で薬浴していますが効きません。なぜですか?
投薬した濃度が薄い場合、効果は期待できません。
薬浴をする際は規定量入れるようにしましょう。
また、エロモナス症には初期症状程度しか対応できません。
あまり効果が見られないようなら薬をエルバージュエースに切り替えると改善するかもしれません。
グリーンFゴールド顆粒が手についてしまいました。人体になにか影響はありますか?
私は職業柄、たくさん手で触っていますが今のところ何も異常はありません。
特別に悪いものというわけではありませんが、良いものでもありませんので触れないようにするのに越したことはありませんが。
グリーンFゴールド顆粒で薬浴する際は遮光したほうが良い?
直射日光が当たる場合は薬効が無くなってしまうため遮光してください。
水槽用のライト程度の明るさであれば問題ありません。
お魚を休ませるという意味でしたら遮光した方が良い場合もあります。
グリーンFゴールド顆粒の捨て方は?
日光に当てると薬効が無くなるので1日程度日光に当ててから薬液を捨てましょう。