「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

【病気の治療】隔離水槽のセッティング方法

今回は「隔離水槽」のセッティング方法について解説します。

隔離水槽とは「何らかの理由によりお魚を退避させておく水槽」のことです。

簡易的なセットで大丈夫ですので、1セット用意しておくと何かあった時にすぐに対応出来るので便利ですよ。

飼育水槽と隔離水槽

この記事では、分かりやすくするためにメインで飼育している水槽を「飼育水槽」、今回ご紹介するセットを「隔離水槽」と呼ぶことにします。

「隔離」する場面

下記のような場面で「隔離水槽」が活躍します。

  • 病気の治療
  • 稚魚の飼育
  • 弱っているお魚の養生
  • トリートメント

・病気の治療

魚病薬は基本的に寄生虫や病原菌を殺す「毒」なので、水草やろ過バクテリア、お魚達にダメージがあります。なるべくなら飼育水槽へは入れたくないので隔離水槽で薬浴させましょう。

また、塩水浴をする場合も、隔離水槽で行ったほうが良いです。


・稚魚の飼育

飼育水槽で他のお魚に食べられてしまうようなら隔離した方が良いでしょう。ある程度の大きさまで育ててから飼育水槽へ戻しましょう。


・弱っているお魚の養生

「ケンカで負けてしまった」「いつもいじめられている」など弱っているお魚がいたら隔離して様子を見たほうが良いかもしれません。


・トリートメント

買ってきたお魚に万が一、寄生虫や病気がついていると飼育水槽へ持ち込んでしまいます。心配な方は隔離水槽でしばらく養生させてから飼育水槽へ移動すると安心です。


必要なもの

隔離水槽を作るの必要なものはこちらの4つです。
後程、それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 水槽
  2. ヒーター(温度調整が出来るタイプ)
  3. 水温計
  4. エアーレーション

水槽

レグラスフラットF-20S
レグラスフラット F-300

水量が5L~15L程度ある水槽が適しています。
サイズで言うと「20cm~30cm程度」の水槽ですね。

薬の種類によっては水槽のシリコン部分などを「染色」してしまうので、汚れてしまいます。美観よりも「使いやすさ」「価格」を優先して選んで良いと思いますよ。

シリコン部分が黒いタイプの水槽は薬で色が付いてしまっても目立たないのでオススメです。

プラスチックケースでも隔離水槽を作ることが出来ますが「すぐに傷が付いてしまうこと」からお魚をよく観察することが出来なくなってしまうのでオススメしません。

元気

この記事では「小型熱帯魚向け」の隔離水槽について解説していきます。大きなお魚、隔離させるお魚の数が多い場合は、水槽サイズを大きくしてお考えください。

ヒーター(温度調整が出来るタイプ)

ダイヤルブリッジR50AF
ダイヤルブリッジR30AF

上記でご紹介した水量なら30 ~50W程度のヒーターがオススメです。

病気の種類によって「水温を高くキープ」した方が治りが早いものもあるので「温度設定が変えられるタイプ」がオススメです。

ヒーターは専門メーカーである「エヴァリス」のものが精度も良くオススメですよ。

水温計

きっちり計れる水温計 ミニ
サーモ1010デジタル内外サーモ

薬浴時には水温を調整することもありますので、なるべく「精度の高い」水温計があると良いです。

大きなサイズの水温計ほど精度が高いです。小型水槽で使用すると目立って美観が悪いのですが、ここは見た目よりも性能を重視した方が良いですよ。

また、デジタル式の水温計はわざわざ水槽を覗き込まなくても「直感」で水温を知ることが出来るので管理の負担を減らすことが出来ますよ。

アイシー サーモ1010 デジタル内外サーモSD
created by Rinker

エアーレーション

エアーレーション

要するに「ブクブク」です。

「酸素の補給」「水の循環」「水温を均一にする」などの効果があるので設置したほうが良いですよ。調子の悪いお魚に強い水流は逆効果なので、空気の量を調整して泡を少なくすると良いですね。

フィルターは付けなくて良いです。
薬には「ろ過バクテリア」にダメージを与えるものがあり、フィルターを効かせても薬を入れるとあまり機能しなくなります。もし心配なようでしたら「ウールマット」などの物理ろ材のみを使うようにすると良いですよ。

エアーレーションをするために必要な機材類を下記にまとめました。エアーレーションのセットは揃えておくと何かと便利です。隔離水槽に限らず「油膜対策」「酸欠予防」「水合わせの際」など様々なアクアリウムシーンで活躍します。

エアーレーションに必要なもの
  • エアーポンプ
  • シリコンチューブ
  • 逆流防止バルブ
  • エアーストーン
  • キスゴム

・エアーポンプ

空気を送り出すポンプです。
水草水槽用のエアーレーションならパワーの弱いもので十分ですよ。
なるべく「静かな」ものを使いたいですね。

水作 水心SSPP-7S

水心SSPP-7S
静かさとパワーを兼ね備えています。
エアーポンプの中ではとても静かなタイプですよ!

参考 水心シリーズ水作

ニッソー MUTE S

MUTE S

現状、最も静かなエアーポンプです。
ほとんど音がしません!その代りパワーが弱いです。

強い流れの必要ない隔離水槽にピッタリのポンプです。
「MUTE S」があれば十分ですよ。

参考 MUTE Sニッソー

・シリコンチューブ

シリコンチューブ
絶対にシリコン100%のチューブをオススメします。
普通のエアーチューブと比べて作業効率、メンテナンス性が段違いです。
エアーチューブを探す際は必ず原材料「シリコン100%」であることを確認してください!

薬を入れると染色されてしまうことがあります。
隔離水槽用として割り切って使いましょう。
参考 シリコンチューブ太平洋セメント 参考 シリコンチューブ(各サイズ)モノタロウ


・逆流防止バルブ

逆流防止バルブ

エアーポンプにセットでついている場合は別途揃える必要はありません。
水面より下にエアーポンプを設置する場合、ポンプがストップすると水が逆流してくることがありますので必ず付けましょう。

使えるものと使えないものがあります。CO2用のものは「強い圧力」をかけて作動させないと機能しないものがありますのでエアーレーション用として使えるかは確認してからにしましょう。
参考 逆流防止バルブテトラ

・エアー調整用コック

一方コック

エアーポンプに内蔵されている場合は必要ありません。
泡が勢いよく出ていると流れが強くなってしまいますのでこれを使って調整しましょう。泡の量の目安はこちらの動画を御覧ください。ほんのちょっと出す程度で十分ですよ。

 

泡の量の目安

参考 一方コックチャーム

・いぶき エアーストーン 18Φ丸

エアーストーン 18Φ丸

エアーストーンの中で一番泡が細かいストーンです。
隔離水槽なら小さなサイズで十分機能しますよ。
硬いので寿命が長いのも素敵です。

参考 エアーストーン 18Φ丸いぶき

・キスゴム

キスゴム

チューブを固定するために使用します。
必ず必要なものではありませんが、配管の美観をよくするためにあると便利ですよ。

参考 キスゴム各種チャーム

セッティング方法

手順1
場所を決める
水槽の設置場所を決めます。
手順2
機材をセット
ヒーター、水温計、エアーレーションをセットします(電源はまだ入れない)
手順3
お水を入れる
飼育水槽からお水を分けるとお魚に負担がかかりません。薬浴の場合は新しいお水を使った方が良いですよ。
手順4
お魚を移す
そっとお魚を移動しましょう。
手順5
機材類の電源を入れる
電源を入れたら完了です!

場所を決める

隔離水槽の設置場所は「暗くて」「静かな場所」が適しています。

また、飼育水槽の近くに設置することで、同時に観察できるなど管理の負担を減らすことが出来ますよ。もし、水槽キャビネットの中にスペースがあるなら、そこがオススメです。

MEMO
「水平」「重みに耐えられる」など水槽設置場所の基本を満たしている必要もあります。

機材をセット

ヒーター、水温計、エアーレーションをセットします。

邪魔にならないように水槽の奥側へ設置すると良いでしょう。水温計は「ぱっと見て」確認出来る方が良いので手前側へ設置しましょう。

注意
ヒーターの電源は必ず水を入れてから入れましょう。ヒューズが働いて壊れてしまいますよ。

お水を入れる

魚病薬を使わない場合
飼育水槽のお水を使いましょう。お魚をお水ごと移動させれば「水質の変化」が無いため、その分負担が少なくなりますよ。

飼育水槽の水を使う

魚病薬を使う場合
「すべて水道水にする」または「50%飼育水槽の水、50%水道水にする」など必ず新しいお水を加えてください。薬は古い水、汚れた水では効果が下がってしまいます。※塩素中和剤を使って水道水に含まれる塩素を中和してください

お魚を移す

アミでそっとお魚を掬って移動させましょう。

大きめのアミを使って「お魚をアミに追い込むように掬う」のがコツです。アミは動かさず手で追い込むようにすると良いですよ。

MEMO
ベテランのお魚担当はアミの使い方が上手です。今度、アクアリウムショップでお魚を買う際は掬い方を観察してみてください。きっと参考になるはずです!

機材類の電源を入れる

お水を入れたら機材の電源を入れて完了です!

注意
何度も書きますがヒーターは必ず「水中にある状態」で電源を入れましょう。

ライト、底床はいらないの?

必要ありません。

お魚を養生させる際は「暗く」することでお魚の負担を少なくすることが出来ます。お魚は周囲が暗いと「休眠」するので、暗い環境下ではずっと寝ているようになります。

底床はあると汚れが溜まってしまうので無いほうが管理が楽ですよ。見た目は味気なくなってしまいますが、ここは管理を優先したほうが良いと思います。
※底床⇒ 砂や砂利、ソイルのこと

MEMO
ライトが無いとお魚を観察出来ないと思いますので、観察するタイミングだけライトを点けると良いでしょう。

隔離水槽のエサやり

お魚が元気なら
通常通り、エサを与えて大丈夫です。ただし、水槽が小さいの「残りエサ」が出ないように注意してください。
お魚が弱っているなら
いつもより少なめが良いでしょう。エサを消化する過程でエネルギーを消費してしまうので元気が無いお魚に無理に与える必要はありません。また、薬浴時などはしばらく絶食させて養生させる方法もあります。

元気

人間も具合が悪いと食欲が無くなりますよね?お魚も一緒ですよ。無理に与えず、食欲を回復させるよう養生させることに注力しましょう。

隔離水槽のメンテナンス

  • 1週間/1度 50%換水
  • 底に溜まった汚れを取り除く

これくらいを目安に行うと良いでしょう。

病気の治療時など急にお魚の調子が悪くなるようなら、その都度調整して追加で換水を行って対応しましょう。

MEMO
薬浴している水槽を換水すると薬の濃度が薄まってしまいます。お魚の治療状況を考えて薬を追加し薬浴を継続するか、もしくは薬の濃度を下げていくのか決めましょう。

隔離する期間

「どれくらいの期間を隔離水槽で過ごすか」は場合によってマチマチなので一概に言えません。

「トリートメント」「薬浴」の場合は一応の目安がありますので、参考までに読んでみてください。

トリートメントなら
2週間~1ヶ月程度が目安です。これくらいの期間、状態に問題が無いなら飼育水槽へ戻しても大丈夫だと思いますよ。
薬浴なら
2週間程度が目安です。まだ調子が悪いようなら隔離して養生を継続させましょう。治っているなら様子を見て飼育水槽へ戻してあげてください。

まとめ

アクアリウムを楽しんでいると一度はお魚が病気になったり、稚魚を隔離したくなるはずです。

隔離水槽は一度セットを揃えてしまえば長く使えます。使う時だけサッと出して使えるようにしておくと便利ですよ。

元気

余った水槽があるなら隔離水槽にしちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です