【初心者向け】カリウム肥料の使い方

金魚をシンプルに楽しむための水槽セッティング ー必要機材、セット方法を詳しく解説ー

今回は「金魚をシンプルに楽しむための水槽セッティング」を解説します。

5cm未満の金魚を3匹適度飼育するイメージで考えてみました。「金魚掬い」で採ってきた金魚を飼う感じですね。

初心者の方でも十分にセット、メンテナンスが出来るように考えた内容ですので、これから金魚飼育を始める方の役に立つ情報かと思いますよ。

  • 簡単にセット出来る
  • メンテナンスが楽
  • 見栄えが良い

以上のことを重視した内容です。

なるべく飼育者の負担が減るように、私が管理していて「不必要」だと思っている部分は削りました。丁寧に解説していきますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

長い記事ですので「目次」を利用して必要な部分だけを読むようにしていただくと良いかもです。PCでご覧の方は右側のスライドバー、モバイルの方は、右下の方に「目次」があるはずです。

注意
今回ご紹介する飼育方法がベストという訳ではありません。「こんな飼い方もあるよ」というご提案なので他の飼育方法を否定するものではありませんよ!

必要な飼育設備

様々な金魚用品が発売されていますが、物が増えるほど管理が大変になります。なるべくシンプルに管理した方が楽ですし、なにより「金魚の飼育」に集中出来ます。ここでは「必要最小限」でも「十分に飼育を楽しめる」機材をご紹介します。

必要な設備
  1. 水槽
  2. ライト
  3. 水温計
  4. フィルター
  5. 底床
  6. バックスクリーン

水槽

水量10L~20L程度の水槽がオススメです。

大きい程、水質は安定しやすくなるのですが大きすぎると管理が大変ですし、寂しく見えます。これくらいの水量がちょうど良いでしょう。

オススメの水槽

ADA キューブガーデン30cm×18cm×24cm (10L)
ADA キューブガーデン36cm×22cm×26cm (16L)
ADA キューブガーデン30cm×30cm×30cm (22L)

キューブガーデン

クリアガラス、シリコンの処理と現状最も美しい水槽である「キューブガーデンシリーズ」の最小サイズです。他社の水槽と並べてみるとガラスの質の違いが分かります。見た目にこだわりのある方にはこちらがオススメです。

フタ、下敷き(ガーデンマット)が水槽に付属しないので必要な方は合わせてご購入ください。

参考 キューブガーデン20cm×20cm×20cmADA

GEX グラステリアスリム450 (45cm×20cm×22cm 17L)

グラステリアスリム 450

こんな感じに横長の水槽もオススメです。
横に長いデザインは「川」を連想させます。そんなに大きな水槽は置けないけど大きく見せたいなんて時にオススメですよ。カウンターなどに置きやすい形状です。

参考 レグラスR-200 コトブキ

ライト

金魚の「生き死に」には影響しませんが、暗いとキレイに見えないのでライトは必ず付けたほうが良いですよ。水槽をインテリアとして見た場合、ライトがダサいと「残念」な印象になってしまうので出来ればこだわりたいところ。

金魚の場合、ライトを点ける時間は「5時間程度」で十分です。
長くても10時間以内にしましょう 。苔が生えやすくなってしまいますよ。

オススメのライト

水作 ライトアップ300

ライトアップ300 ブラック

30cm~36cmまで対応出来ます。
安いのに明るい優秀なライトです。アルミボディーは落ち着いた雰囲気で見た目も悪くありませんよ。

参考 ライトアップ300 ブラックチャーム

アクアリウム用品ではありませんが、関節照明やデスクスタンドライトを使うのも良いですよ。というかこちらの方がオシャレなのでオススメです。

もしLED電球が使えるならこんな可愛いランプもあります。こだわりのある方はぜひ既存のランプと交換して使ってみてくださいね。

光の色味は電球色(夕日の色みたな感じ)のものが多いのでお魚をキレイに見せるというよりはインテリアとしての雰囲気を重視するイメージになります。E26、E17など口径にご注意ください。

水温計

水温をチェックするために使用します。お部屋ごと、季節ごとなど週一くらいでチェックすれば十分かと思います。常時水槽につけてなくても良いと思いますよ。

元気

私は水温計の見た目が好きではないので、たまにしか水槽に入れません!

オススメの水温計

エヴァリス きっちり計れる水温計 L

きっちり計れる水温計 L

水槽内に入れるには大きいサイズなので、たまに使う用です。誤差±0.5℃なのでかなり正確に計ることが出来ます。大きなサイズの方が高い精度で水温を計ることが出来ます。小さくて安いタイプは見た目の邪魔はしませんが誤差±2℃とかなので役に立ちませんよ。

参考 きっちり計れる水温計 Lエヴァリス

エヴァリス きっちり計れる水温計 ミニ

きっちり計れる水温計 ミニ

こちらはミニサイズです。小さくなった分精度が犠牲になっていますがそれでも±0.9℃なので他社製水温計より高精度ですよ。でもまだこの大きさだと水槽に入れると邪魔ですが。

参考 きっちり計れる水温計 Lエヴァリス

フィルター

金魚はエサをたくさん食べてフンをたくさんするお魚です。そのため、フィルターがすぐに目詰まりするので簡単にメンテナンス出来るタイプがオススメです。

オススメのフィルター

テトラ ワンタッチフィルターATシリーズ

ワンタッチフィルター AT-20

水槽に引っ掛けて電源を入れるだけで動作する簡単なフィルターです。ろ材カートリッジも簡単に取替できるので初心者の方でも十分扱えますよ。汚れ方にもよりますが「月に一度」ろ材カートリッジを交換すると良いでしょう。

参考 ワンタッチフィルター AT-20テトラ

底床

砂利、砂タイプの底床を「薄く」敷きましょう。水槽下部のガラスが見切れると格好悪いので「3mm~5mm程度」の厚さに敷けば十分ですよ(無くても問題ありません)

金魚はたくさんフンをするお魚なので、底床を厚く敷いてしまうとお掃除が大変ですよ。

「底床は厚く敷いてバクテリアを~」なんてお話もありますが、薄く敷いたほうがシンプルに管理が出来ます。

・水草を植える
・底面フィルターを使う
などの理由がない限りは薄敷きがマストです。

小型水槽の場合、目の大きなものよりも細かなタイプの方がキレイに見えるので「砂」が特にオススメですよ。

「オススメの砂利、砂」へ飛ぶ

MEMO
基本的に「お魚を中心」に楽しむ水槽なら底床は薄敷きがオススメです。グッピー、アピストグラマ、コリドラス、プレコなど薄敷きで管理した方が簡単ですよ。

バックスクリーン

バックスクリーンとは水槽背面やサイドに貼るシールのようなものです。飼育と言うよりは見栄えに関わることなのですが、有るのと無いのではスッキリ感が全然違いますよ。ライトやフィルターの配線など水槽周りはゴチャゴチャしがちなので、水槽のガラス面に映り込むとキレイじゃないです。水槽に水を入れた後では貼りづらいので予め貼っておきましょう。

色は黒、白、ミストのどれかがオススメです。

・黒
黒は基本的に魚の色を目立たせます。特に淡い色のベタに合いますよ。シリコンが黒い水槽はバックスクリーンも黒にするとスッキリしますね。

・白
赤や黒など濃い色のベタにオススメです。全体の印象が明るくなるので水槽全体の「雰囲気」を重視するなら白がオススメです。

・ミスト
半透明なので背面に機材類がある場合はオススメしません。上記のバックスクリーンと違い光を透過するので圧迫感がありません。水槽を広く見せたい場合にオススメですよ。

参考 アクアフォレスト オリジナルバックスクリーンアクアフォレスト

貼り方はこちらの動画を御覧ください。
分かりやすく解説していますよ。

オススメのレイアウト素材

簡単にセット出来て見栄えの良い「レイアウト素材」をご紹介します。
なるべくシンプルにすることでメンテナンスしやすくなります。あまりゴテゴテさせないほうが良いですよ。

金魚は比較的よく泳ぎ回るお魚なので、素材を詰め込んだレイアウトよりも「泳ぐスペース」を広くとってあげた方が良いでしょう。

オススメは流木や石を1つだけ使ってレイアウトする方法です。
コレなら気に入った素材を1つ選ぶだけで済みますので簡単ですよ。石でも流木でも良いのでお気に入りを見つけましょう。

流木
石

オススメの水草

金魚は「水草を食べる」お魚です。
柔らかい葉の水草はおやつとして割り切りましょう。飾りとして水草を入れたいなら「葉の硬い」種類がオススメです。また、基本的に水草を引っ張ってちぎろうとするので「石や流木に活着」させてある水草が良いですね。

・葉の硬い水草

流木に活着済みの水草

ミクロソリウム・プテロプス

中でもオススメはミクロソリウムが活着させてあるタイプです。水草自体に高さがあるのでこれ1つでも十分見栄えの良い水槽になりますよ。もちろん、丈夫ですので安心して入れてください。

同じくアヌビアスの仲間も流木や石に活着させて販売されていますが、お水を汚しやすい金魚水槽では苔が付きやすいのであまりオススメしません。


・おやつになる水草

マツモ

マツモ

根を持たず、水中を漂うように生活している水草です。植える必要が無くポンと入れるだけで良いので簡単ですよ。古くから金魚鉢に入れて楽しまれてきました。いわゆる「金魚藻」とはマツモのことを差します。


カボンバ

大体のアクアリウムショップで販売されているのではないでしょうか?水草の中で最もポピュラーなものだと思います。姿形は似ていませんが実はフサフサとした姿が可愛らしいですが金魚がガンガン食べます。おやつとして割り切りましょう。


アナカリス

別名「オオカナダモ」すごくタフな水草です。カボンバよりも葉が硬いので金魚によっては食べないかもしれません。独特の濃いグリーンの葉色が金魚に良く似合いますよ。食べられちゃうことが多いですが。


MEMO
金魚は水草の好き嫌いがあります。あまり水草を食べない子もいれば、どんな水草を入れても食べちゃう子もいます。

セッティング方法

セッティング方法を順を追って解説していきます。初心者の方でも1時間程度で終わる内容ですので難しくはありませんよ!

まずはざっと流れをご説明します。後ほど詳しく解説いたしますね。

手順1
場所を決める
小型水槽ならちょっとした場所にも置けるはずです!
手順2
バックスクリーン、マットを貼る
水槽に貼り付ける作業は一番最初にやっちゃいましょう。
手順3
置く
設置場所に水槽を設置します。
手順4
底床を入れる
ザザザっと底床を入れます。洗わなくても大丈夫ですよ。
手順5
機材をセッティング
フィルターなどの機材類をセットします。電源はまだ入れないでください!
手順6
レイアウトする
石や流木でレイアウトします。ポンと入れるだけの水草ならこのタイミングで入れても大丈夫です。
手順7
水を入れる
中和剤を入れた水道水を入れます。
手順8
水を透明にする
レイアウト作業などで水が濁っているようなら水を換えて透明にしましょう。
手順9
金魚を入れる
お店の水ごと入れるとベタのストレスがちょっと軽減されます。
手順10
完成!
機材類の電源を入れて完了です!

場所を決める

今回ご紹介した水槽セットなら重く見積もっても15kg~25kgくらいなので丈夫な台の上なら設置出来ると思います(耐荷重をご確認ください)

耐荷重だけで無く、水槽を設置する場所は以下の要件を満たしている必要があります。

  • 水平である
  • 直射日光が当たらない

・水平である

「水槽に水が入った状態」で水平であることが重要です。アーチ状にしなって重みに耐える構造の台はオススメしません。丈夫な本棚などが向いていると思いますよ。


・直射日光が当たらない

特に夏場に直射日光が当たると水温が上がり煮えてしまいます。必ず直射日光が当たらない場所に置きましょう。


MEMO
「近くに電源がある」「水場の近く」この条件を満たしているとメンテナンスが楽です。キッチンや洗面所などはオススメの設置場所ですよ。

バックスクリーン、マットを貼る

予め貼ることで、この後の作業が捗りますよ。マットは両面テープで貼るようにすると良いです。はみ出た部分はカッターで切るとキレイに仕上がりますよ。

MEMO
マットとは「水槽の下」に敷くズレ防止用マットのことです。オールガラス水槽なら必ず敷いた方が良いですよ。予め水槽に貼っておくことで設置作業がスムーズに進みます。
バックスクリーン
両面テープ

バックスクリーンの貼り方はこちら動画が分かりやすいです。

置く

設置場所に水槽を置きます。そしてちょっと離れて見てチェックしましょう。もしイメージと違うようなら別の場所を探しましょう。

元気

水を入れてから移動するのは大変なのでここできっちり場所を確定しておきましょう。

底床を入れる

袋の口を切ってザザッと入れてください。「洗ってから使用してください」と記述があっても洗わなくても大丈夫ですよ。乾いた状態の方がキレイに底床を整えられます。

MEMO
別の水槽で使っていた砂利を再度利用する場合は良く洗った方が良いです。

機材をセッティング

このタイミングで機材をセットします。

この後のレイアウト作業で隠しやすいよう、なるべく後ろの方にセットしましょう。一箇所にまとめるようにすると良いと思います。

注意
必ず水を入れてから電源をいれましょう。

レイアウトする

リズム良く「ポン」と置いてみてください。なるべく機材を隠すようにすると見映えが良いです。石や流木に活着させてある水草もこのタイミングで入れちゃいましょう。

MEMO
水草は乾燥しないよう、3分おきくらいに「霧吹き」してあげてくださいね。

水を入れる

せっかく作ったレイアウトが崩れないようにゆっくりと注水しましょう。水槽全体にキッチンペーパーを敷いてその上から水を注ぐようにするとキレイに水が張れますよ。小さなジョウロなどを使って水を注ぐと濁りが出づらいです。

金魚をすぐに入れる場合は「金魚が入っている袋の水」と同じくらいの水温になるように調整しましょう。慣れると手で触って調整出来るようになりますが、初心者の方は水温計を使うと確実です。

中和剤を入れるのをお忘れなく(後ほど解説します)

MEMO
水草を植える場合は70%程度水を入れてから植えましょう。

水を透明にする

作業をしていて水が濁ってしまったら「換水」をして水を透明にします。

金魚をすぐに入れる場合は「金魚が入っている袋の水」と同じくらいの水温になるように調整しましょう。慣れると手で触って調整出来るようになりますが、初心者の方は水温計を使うと確実です。

中和剤を入れるのをお忘れなく(後ほど解説します)

金魚を入れる

まずは水温合わせをするために金魚を袋のまま10分くらい水槽に浮かべておきましょう。次に袋を開けて、手でお水を触ってみてください。同じくらいになっていたらお水ごと水槽へ移しましょう。

元気

水槽にお魚を入れる瞬間はアクアリウムの醍醐味の1つです。いつになってもワクワクしますね!

完成です!

機材類の電源を入れて完成です。お疲れ様でした!

すぐに餌をあげたくなりますが、ここは我慢してください。次の日からあげてくださいね。

元気

順調に作業が進めば初心者の方でも1時間程度で終わると思いますよ!

日頃の管理

  • 餌をあげる
  • 換水

基本的に日頃行う管理はこの2つです。

・餌やり → 毎日
基本的に毎日与えましょう。
健康な子がたまに2~3日餌を食べない程度は大丈夫ですよ。

・換水 → 7日~14日に半分程度
金魚は新しい水を好みます。
あまり換水はサボらないようにしましょう。長くても2週間に1度は行った方が良いですよ。

使用する水は「水道水」で十分です。

底床を薄く敷いている場合は「底床掃除」は必要ありません。換水時に底に溜まっている汚れを軽く吸い出すだけで大丈夫ですよ。

フィルターの清掃

1ヶ月に一度、ろ材を新しいものに交換しましょう。

古いものを使い回したりせず、新しいものにまるっと交換したほうがトラブルが少ないですよ。

MEMO
詳しい方は「バクテリアのこと考えなくて良いの?」と思われるかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。むしろバクテリアが少ない状態で管理した方が金魚は簡単です。

管理に必要なもの

メンテナンス時に使うグッズを紹介します。
これだけあれば、問題無く管理が行なえますよ。

必要なもの
  1. バケツ
  2. ホース
  3. 中和剤
  4. スポンジ
  5. アミ

・バケツ

8L~10Lくらい入るものがオススメです。
「注ぎ口がある」「目盛りが付いている」ものは使いやすいですよ。経験上、バケツはケチらない方が良いです。なるべく高品質なものを使うと普段のメンテが楽になりますよ。


・ホース

おそうじラクラク クリーナーポンプ[小型水槽~60cm水槽向け]

小型水槽ならこちらのホースがオススメです。
簡単な底床掃除も出来ますし、初心者の方でも取り扱いが簡単ですよ。

参考 おそうじラクラク クリーナーポンプGEX

・中和剤

フォーインワン

金魚は肌荒れの多いお魚ですので「粘膜保護剤」「重金属を無害化」するタイプの中和剤がオススメです。

参考 4in1エーハイム

・スポンジ

薬剤を使っていないスポンジなら家庭用のもので問題ありませんよ。
私はこちらをカッターで小さく切って使っています。ガラス面が汚れてきたらこれでお掃除しましょう。金魚は水槽に入れたままで大丈夫ですよ。

・アミ

スリムネット しなり

小型水槽で使うならこのアミが一番使いやすいと思います。大きめと小さめのアミを2つ用意しておくとメンテが捗ると思います。

今回の水槽サイズなら「お掃除用にS、金魚を掬う時にM」みたいな感じでしょうか。

参考 スリムネット しなりスドー

・餌

咲ひかり金魚育成用 沈下

金魚にあげるエサは「下に落ちる粒状のもの」がオススメです。
餌は長期で見るとお魚の調子に大きく影響を与えるのでこだわった方が良いですよ。こちらのメーカー(キョーリン)の餌はどれもオススメです。

MEMO
与える量の目安は「金魚の目の大きさ」です。片目の大きさくらいの量を1日/1~2回ほど与えれば大丈夫ですよ。
参考 咲ひかり金魚育成用 沈下キョーリン

バクテリア剤はいらないの?

「水槽をセットしてバクテリアを増やしてからお魚を入れましょう」と言われますが、今回の内容ならすぐに金魚を入れても大丈夫ですよ。

また、バクテリア剤は必要ありません。

金魚は水をたくさん汚すお魚なので、小型水槽の場合はあまり深く考えず「汚れは換水で取り除く」ように管理した方が簡単です。

金魚と一緒に飼うお魚は「ドジョウ」がオススメ

金魚はエサをよく食べこぼすので、それを食べてくれるドジョウを一緒に飼うのがオススメです。

・ドジョウ
・ヒドジョウ
・スジシマドジョウ

などが特にオススメです。どの子も大人しいので金魚をいじめたりしませんよ。

MEMO
ヒーターを使えば熱帯魚とも一緒に飼えますよ。

ヒーターの必要性

金魚はヒーターを使わなくても飼育出来ます。
ただし、ヒーターを使うメリットもありますので、お部屋の環境などと合わせて考えて導入するか決めると良いでしょう。

メリット
  • 水温の変化が少ない
  • 冬場でも活発な姿が観察出来る
デメリット
  • 寿命が短くなる
  • 電気代がかかる

メリット
・水温の変化が少ない

ヒーターをつけることによって、季節ごと、時間ごとの水温変化を少なくすることが出来ます。水温が変動する時期は白点病などの病気が出やすくなるので、病気の予防になります。


・冬場でも活発な姿が観察できる

水温が低い時期は「底の方でじっとして動かなく」なります。ヒーターをつければ常時活性が高い状態をキープ出来るので、ずっと動き回っていますよ。


デメリット
・寿命が短くなる

常時活性が高い状態が続くので、全体としての寿命が短くなります。

お魚は「変温動物」なので代謝スピードが周りの温度に左右されます。

温度高い ⇒ 代謝スピード早い ⇒早く寿命がくる
温度低い ⇒ 代謝スピード遅い ⇒遅く寿命がくる

みたいな感じです。代謝スピードが遅いというのは「時間の流れが遅く」なっているような感じなんです。なのでその分、寿命が長く伸びます。


・電気代がかかる

ヒーターを別途動かすことになるので、その分電気代がかさみます。今回ご紹介している水槽サイズなら、月200円~300円くらい増える感じでしょうか。


病気の予防のためにヒーターを導入するか、寿命を伸ばすためにヒーター無しでいくかの選択でしょうかね。そもそも病気で死んでしまうと寿命を全う出来ないので「温度変化の大きな」場所に水槽があるならヒーターを付けたほうが良いかもしれませんね。

まとめ

「シンプルに」と言っておきながら、長い記事になってしまいました。ここまでお読み頂きありがとうございます。

今回ご紹介した同じ設備、管理方法で「メダカ」「アカヒレ」「小型熱帯魚※ヒーターが必要」を飼育出来ます。小型水槽ならではの手軽さでアクアリウムが始められますのでぜひチャレンジしてみてください!

元気

アクアリウムを始める方が1人でも増えたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です