【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【これで解決】藍藻を確実に駆除する方法

皆さんご安心ください。
藍藻らんそうを確実に駆除出来る方法があります。

市販されている藍藻対策薬やブラックモーリーでは「駆除」までは出来ないことが多いです。そのため、藍藻のせいでリセットに追い込まれた方も多いのでは?
そこで今回は、藍藻を確実に駆除出来る対策方法をご紹介します。 初心者の方でも簡単に行える方法です。ぜひこの機会に駆除方法をマスターしてください。

元気

ミスト式で立ち上げをする方は必見です!

藍藻とは?

藍藻とは光合成をして酸素を作る光合成細菌です。
地球上の酸素生成に大きく貢献していますがアクアリストからは憎まれていますね。独特の青緑の体色と強い臭気からモチベーションをガッツリ奪っていきます。実は駆除方法をマスター出来れば怖い存在では無くなります。むしろ苔の中では対処が簡単な部類です。

藍藻を駆除する

藍藻を駆除するのに有効な方法は2つあります。どちらも私が仕事の現場、自宅の水槽で使っている方法です。どなたでも簡単に行える方法ですよ。丁寧に解説しますので、ぜひ覚えてくださいね。

「グリーンFゴールド 顆粒」を使う

1番オススメの藍藻特効薬です。
参考 グリーンFゴールド日本動物薬品 ※グリーンFゴールドリキッドと間違わないように注意してください
本来はカラムナリス菌を倒す魚病薬です。尾腐病の治療薬として有名な商品なのでお持ちの方も多いはず。
手順は簡単です。規定量を入れた後、換水するだけ!
こちらが手順です。

手順1
規定量投入
規定量を溶かし入れます。少量の水を使って薬を予め溶かしてから入れるようにすると早く薬が水槽全体に行き渡ります。
手順2
薬抜き
1日後、80%程度換水します。この薬は水草にダメージがあるので換水して取り除きます。長時間薬浴させた方が藍藻へのダメージは大きくなるのですが、水草への負担も増えるので48時間程度を限度としましょう。
手順3
様子を見る
再発していないか2週間程度様子を見ましょう。薬が効いていれば2~3日程度で藍藻は死滅します
手順4
完了
再発して無ければ完了です。
もし再発しているようなら手順1より再度行ってください。
「換水する」ということは少なからず環境が変化するのでストレスがあります。しかし調子の良い生体でしたらそれくらいのストレスなんて事ないですよ。

 

投入後、2~3日程度で藍藻が消えるように無くっていきます。
ポイントは薬を入れたら翌日換水する事です。
殺菌薬のため、生体、水草、微生物に害があります。しかし翌日、換水するならあまり薬害はありませんよ。

注意
ウィローモス、リシア等、コケの仲間にはダメージが大きいです。場合によりますがダメになってしまうことがあります。ウィローモス等のコケをメインにしているレイアウトもあるかと思いますので、藍藻への対処と天秤にかけて使用するか考えてみてください。

元気

ちなみに私は基本的に藍藻対策を優先しています。

藍藻が生き残る場所

底床とソイルの間が藍藻にとってベスポジのようです。
あまり水周りが良くないので薬が回らず藍藻が残りやすいです。

そんな時は薬をスポイトで注入しましょう。
スポイトで入れる場合はオキシドールがオススメです。

スポイトで入れる場合は基本的に少量なので薬害はほとんど出ませんよ。ソイルにオキシドールがつくとソイルが爆発?したように崩れて泥状になることがあります。少量ならあまり気にしませんが、あまり溜まるようなら底床クリーナーを使って取り除きましょう。

藍藻が好む環境

  • 水が動かない
  • 栄養が豊富
  • 明るい場所を好みます
そのため発生しやすいのは「ガラス面と底床の間」「密度の高い水草の茂み」「水の溜まったミスト式」等の環境ですね。
基本的にどこにでもいる苔なので、適した環境があるとたくさん増えて目につくようになります。

どんなに調子の良い水槽でも、多少は水の周りが悪い場所があります。増える時は増えますので、そんなに深刻に考えなくて良いですよ。

藍藻を予防する

藍藻の出るところ

 

特に藍藻が出やすいのは「ガラス面と底床の間」です。
ココである程度増え、水槽全体に広がっていくパターンが多いです。そのため、よく観察して気がついたらスポイトでオキシドールを入れるようにしましょう。

注意
ミスト式で管理している場合、水が溜るとほぼ藍藻が出ます。毎日の霧吹きは大切ですが溜まった水は適時吸い出すようにしましょう。

藍藻を食べる生き物

藍藻を食べてくれる生き物をご紹介します。一度、水槽に広がった藍藻を駆除するためには現実的では無い数の生き物を入れる必要があります。生き物は基本的に「予防」するためと考えて頂くと良いかと思います。

  • ブラックモーリー
  • 貝の仲間

ブラックモーリー
藍藻対策として1番有名ではないでしょうか?藍藻を食べないわけでは無いのですが、一度、水槽に広がった藍藻を駆除させるにはものすごくたくさんの数をいれないとダメです。
油膜対策としても有名です。油膜対策用として1~3匹程度入れて藍藻もつまんでもらう程度に考えましょう。
ブラックモーリー



貝の仲間
石巻貝、カノコ貝の仲間、タニシ、アップルスネールは藍藻を食べてくれます。基本的に動きが遅くカバー出来る範囲は狭いですがよく食べてくれますよ。

石巻貝
貝の中で1番オススメです。
・安いので数を揃えやすいこと
・動きが比較的早いこと
から頼りになります。白い硬い卵を産むのが欠点です。

石巻貝
貝の卵

カノコ貝の仲間

基本的に石巻貝と同様です。柄の好みで選ぶと良いでしょう。

MEMO
ちなみに大きなサイズは卵をたくさん産むのでなるべく小さいサイズをオススメします。

シマカノコ

タニシ
ほとんどのコケに効果のあるタニシですが、藍藻も食べます。大食漢なので餓死しやすいのが欠点です。
タニシ


アップルスネール
藍藻駆除能力はかなり高いです。しかし葉の大きな水草を食べてしまうことがあります。お魚中心の水槽にオススメです。
ゴールデンアップルスネール

まとめ

藍藻はどんなに調子の良い水槽でもどこかに潜んでいて、増殖の機会を伺っています。
今回ご紹介した方法をマスターすれば藍藻は怖くなくなります。むしろ対処しやすい苔になると思いますよ!

9 COMMENTS

アバター タカユ

轟さん

いつも楽しく勉強させていただいています。
近くのショップの店員さんから轟さんのブログを紹介していただきました。

藍藻について質問です。
当方60センチレギュラー水槽で定期環水・CO2添加・少量の餌やり等、
水草管理をするうえで必要なことは、一応やっているつもりです。
ライトはソーラーRGBです。

水草生長は問題なく楽しめるのですが、必ず藍藻が発生します。
ホースで吸いだす、オキシドールを試すなど、いろいろ調べて対策を
しますが、再発し広がってしまって、半年で泣く泣くリセットをかける
ことも多く悩んでいます。

そこで質問ですが、
①藍藻は水槽の状態が安定していても発生するものなのでしょうか。

②試していなのは「グリーンFゴールド顆粒」ですが、
調べたところメーカー販売休止になっているようです。
販売再開するのでしょうか。また、効果の持続はいかがでしょうか。

③藍藻予防の秘策はありますか。

よろしくお願いいたします。

返信する
轟 元気 轟 元気

タカユさん、コメントありがとうございます。

藍藻でお困りなのですね。
藍藻は水槽全体に広がってしまった場合、「グリーンFゴールド顆粒」で薬浴しないと対処出来ないことが多いですね。

①藍藻は調子の良い水槽でも発生します。
もともと、どこにでもいるような生き物?なので、調子の良い水槽にも必ずどこかに潜んでいます。

②現在のところ、メーカー欠品中です。
再販売時期は今のところアナウンスされていません。効果の持続時間は1週間程度続きますが、水草へのダメージから24時間後に換水をして取り除くことをオススメします。

③水が滞ると藍藻が出やすくなる印象です。
なるべく水をしっかりと循環させることでくらいでしょうか?
上記の通り、調子の良い水槽でも発生するときは発生するので、局所的に発生しているなら「オキシドール」、蔓延しているなら「グリーンFゴールド顆粒」と使い分けて対応すると良いですよ。

現在はグリーンFゴールド顆粒が手に入りづらいかと思いますので、「エルバージュエース」で代用することも出来ますよ。
エルバージュの方が薬害が強いので、グリーンFゴールド顆粒のほうはオススメなのですが、無いよりはマシかと思います。

以上です。
よろしくお願いいたします。

返信する
アバター タカユ

轟さん

ご回答ありがとうございます!
藍藻はどんな状況でも発生するときはあるのですね。安心しました!
「エルバージュエース」がネットで見つかりましたので購入して試してみます!
ありがとうございました!

以上です。

返信する
アバター くら

轟さん

こちらこそ、無理を言って申し訳ないです。

120×60×60とはすごいですね!
90ハイタイプトライしてみようかと思います。
もちろん自己責任で(笑)

今後も記事を楽しみにしておりますので、頑張ってください!

返信する
アバター くら

アドバイスよろしくお願いします。

アルタムエンゼルが入っている水槽に藍藻が発生しまったのですが、グリーンFゴールド顆粒を使用しても問題無いでしょうか?
ワイルドのため、心配があります。

返信する
轟 元気 轟 元気

くらさん
コメントありがとうございます。

落ち着いているアルタムでしたらグリーンFを使っても問題無いかと思います。

水槽へ導入して間も無いようでしたら、薬のダメージによって粘膜がビラビラになってしまうと思うので使わないほうが無難です。
この場合はオキシドールを使うと良いですよ。

返信する
アバター くら

轟さん

アドバイスありがとうございます!
1年飼育した子達なので、グリーンFを試してみました。おかげさまでみんな元気にしています。

個人的な希望で申し訳ありませんが、大型水槽を置く際に床の補強をどうすべきかを記事にして頂けると助かります。
現在、90×45×60のキューブガーデンを立ち上げたいのですが、これをヘーベルハウスの3階に置いても大丈夫なのかと不安に思っています。
一般的にみなさんはどうしているのでしょうか?

お時間があるときに、是非ご検討下さいm(_ _)m

返信する
轟 元気 轟 元気

くらさん

ご返信ありがとうございます!
みんな元気でなによりです。

床補強の記事なのですが、何分、建築関係は専門外なので安易に記事が書けないのです。
お力になれず申し訳ございません。

普段お客様にご説明する際は、「1平方メートルあたり180キロ以上の耐荷重(一般住宅)」というのが法令で決められていますので、建物の施工業者さんと相談してみてくださいとお伝えしています。

ちなみにウチは普通の一軒家ですが120cm×60cm×60cm水槽を特に床補強無しで置いています(笑)
今のところ問題無いですよ。
なんの参考にもなりませんが、、、

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です