私が行っている苔対策まとめ

水槽で飼育できる魚の数 ー目安と考え方を解説ー

水槽で飼育できる魚の数

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「水槽で飼育できる魚の数」を解説します。

アクアリウムを初めたものの、「今の水槽で何匹飼えるの?」と疑問に思う方も多いはず。

そこで今回は、水量に応じた「飼いやすいお魚の数」を解説していきます。

また、目安となる考え方もご説明しますので、ご自分の水槽水量に合わせて調整できるようになりますよ。

初心者の方にも分かりやすく丁寧に解説していきますので、ぜひご覧ください。

飼育数の目安

1Lあたり、1~3匹程度(2~3cm程度の魚の場合)

これが飼育数の目安です。

水槽の水量に合わせて魚の数を決めるのがポイントです。

あくあまで目安ですので、状況に応じて数は調整してくださいね。

ネオンテトラを例にすると

サイズガラス厚正味の水量飼育数の目安
W20×D20×H205mm6L5匹程度
W30×D18×H245mm10L10匹程度
W36×D22×H265mm16L15匹程度
W30×D30×H305mm22L25匹程度
W45×D27×H305mm30L30匹程度
W60×D30×H366mm55L60匹程度
W45×D45×H456mm79L80匹程度
W60×D45×H458mm107L100匹程度
W90×D45×H4510mm155L150匹程度
W120×D45×H4512mm204L200匹程度
W150×D60×H6015mm465L500匹程度
W180×D60×H6015mm559L600匹程度

落ち着いた環境の水槽なら、これくらいの匹数を飼育することができます。

無理にたくさん飼う必要はありませんので、見た目なども勘案して数を決めると良いでしょう。

MEMO
飼育数が少ない方が水が汚れづらいですよ。
水槽の水量を計算する方法水槽の水量を計算する方法

サイズの大きいお魚

サイズの大きなお魚はその分、多めに換算しましょう。

  • 5~6cm程度のお魚 = 2匹分
  • 10cm程度のお魚 = 5匹分

というような具合ですね。

お掃除屋さんは数に含めなくてOK

基本的に餌を与えないお掃除屋さんは数に含めなくてOKです。

もし、餌を与えながらお掃除屋さんとして活用しているお魚なら、数に入れてくださいね。

水槽のお掃除屋さん水槽のお掃除屋さんまとめ ー苔、残り餌、スネール、油膜を食べる生き物ー

フィルターの無い水槽

1~2Lあたり、1匹程度

ボトルアクアリウムなど、フィルターの無い水槽の場合はこれくらいを目安としましょう。

お魚は徐々に増やす

お魚を水槽へ入れる際は、いきないたくさんの数を入れてしまうと問題が発生することが多いです。

1週間程度の間隔で徐々に数を増やしていきましょう。

60cm水槽なら

1週目:10匹追加

2週目:10匹追加

3週目:10匹追加

4週目:10匹追加

5週目:10匹追加

どうしてダメなの?

生物ろ過

生き物が元気に育つ水槽とは、「ろ過バクテリア」が十分にいる水槽と言えます。

ろ過バクテリアとは、簡単にいうと「残り餌」「排泄物」などの汚れを食べてくれる小さな生き物のこと。

作ったばかりの水槽にはろ過バクテリアがいないので不安定になりがちです。

そこで、ろ過バクテリアの増殖に合わせてお魚を増やしていくわけです。

ろ過バクテリアを利用して水がキレイになる仕組みを「生物ろ過」といいます。

生物ろ過についてはこちらの記事で詳しく解説しましたので、ぜひご覧ください。

生物ろ過の仕組み【ろ過バクテリア】生物ろ過を詳しく解説

初めて入れるお魚=パイロットフィッシュ

水槽に1番初めに入れるお魚のことを「パイロットフィッシュ」と呼びます。

環境が不安定な時期から水槽に入れるわけですから、丈夫なお魚を選ぶようにしましょう。

こちらの記事で、私が普段より活用しているパイロットフィッシュをご紹介しています。

初めにどのお魚を入れようか悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

パイロットフィッシュ【最初に入れるお魚】パイロットフィッシュを詳しく解説 ーおすすめの熱帯魚5種をご紹介ー

お魚の飼育数を増やすには

  • フィルターのランクアップ
  • フィルターの増設
  • 換水量を増やす

お魚の飼育数を増やすにはこれらの施策が効果的です。

要は「水をキレイにする力」を強めるということですね。

フィルターのランクアップ

使っているフィルターを上のランクのものにすればそれだけろ過能力がアップします。

60cm用 → 90cm用

というような具合です。


フィルターの増設

フィルターは2台設置することで、グンと水質が安定するようになります。

大きな汚れを取るフィルター、生物ろ過のフィルターと役割を分けるのがコツですよ。


換水量を増やす

通常は「週1回、50%程度の換水」が目安ですが、回数を増やすことで水の劣化を防ぐことができます。

管理の負担が増えますので、あくまで補助として考えてフィルターのランクアップ、増設を行うことをおすすめします。

たくさんお魚を飼育するのに向くフィルター

  • 底面式フィルター
  • 上部式フィルター

底面式フィルター

スライドベースフィルター
  • 安価
  • 強力な物理ろ過と生物ろ過

店舗でもっとも使われているフィルター。

安価ながらかなりのろ過能力を持っているので、お魚をたくさん飼育するならイチオシですよ。

欠点は活性炭などの吸着系ろ材が使いづらいこと。

サブで活性炭などを入れやすいフィルターを使うと、より環境が安定しやすいですよ。


上部式フィルター

スライドプラスフィルター600
  • 設置が簡単
  • メンテナンスが楽

60cm水槽セットに付属することが多く、かつては1番メジャーなフィルターでした。

その名の通り、水槽上部に設置するため水槽に手を入れずにメンテナンスすることができます。

設置が簡単で、メンテナンスをしやすいことから初心者の方にも使いやすいフィルターです。

欠点は、水槽の上半分に設置するため、どうしても暗くなってしまうこと。

そのため、水草水槽には不向きです。

お魚の数が多すぎると

  • 水が濁る
  • 水が臭う
  • お魚が調子を崩す

お魚が多いとその分汚れの発生量が増えるため、これらの問題が発生しやすくなります。

もし、何か問題が発生するのであれば「お魚の飼育数を増やす」を参考に対策をしてみてくださいね

水槽の濁り対策【透明な水を手に入れよう!】水槽の濁り対策水槽の臭い対策【嫌な臭いとオサラバ】水槽の臭い対策

餌の与えすぎに注意

餌の量

適正な数を飼育していても、餌を与えすぎていると水が汚れやすいことから問題が発生しやすいです。

「お魚の片目の大きさ」

これが餌の量の目安。

水槽で発生する問題の多くは餌の与えすぎから起こりますので注意しましょう。

こちらの記事で餌の与え方について詳しく解説しました。

興味のある方はぜひご覧ください。

餌の量の目安【お魚に餌を与える方法】与える量、回数、バランスの目安

見た目も考えて泳がせる数を決める

いくら100匹泳がせられる水槽でも、100匹泳がせたら窮屈に見える場合があります。

見た目の印象も考えながら匹数を調整すると、キレイな水槽に仕上がりますよ。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

ちょっと少なめくらいが自然な印象になり、見栄えが良いです!

どうしてお店はたくさん魚が飼えるの?

  • ろ過システムを最大限に活用
  • お魚の飼育が最優先
  • 餌やりの最適化

経験を積み、これらのポイントを抑えることで、店舗の販売水槽ではお伝えしている適正数よりも遥かに多くお魚を飼育しています。

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

45cm水槽でネオンテトラ300匹くらいを飼育する感じです。

まとめ

今回は「水槽で飼育できる魚の数」を解説しました。

あまりたくさんの数を泳がせてしまうと、窮屈に見えるだけでなく「白濁」「臭い」「お魚の健康悪化」に繋がります。

最初のうちは少なめに飼育して、慣れてきたら数を増やすようにすると失敗が少ないですよ。

上手にお魚と向き合って、アクアライフを楽しんでください!

https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

くれぐれも餌の与えすぎにご注意ください!