【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

【ソイルor砂利?】水草水槽の底床選び ー水槽環境別におすすめの底床を解説ー

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事は「水草水槽の底床選び」を解説します。

底床とは水槽に敷く土や砂利のこと。

一体、管理のしやすい底床とはどのようなものなのでしょうか。

実は、ソイルを使っても、砂利、砂を使ってもキレイな水草水槽を作ることができます。

スタイルに合わせて底床を選べるようになると、レイアウトの幅が広がり管理も楽になりますのでもっとアクアリウムが楽しくなりますよ。

そこで今回は「初心者の方におすすめの底床」「底床の敷き方」「化粧砂」「盛土」などを丁寧に解説していきます。

また、上級者向けに「環境に合わせて底床を選ぶ方法」「環境が安定するまでの時間」などもご紹介しますよ。

初心者の方にも分かりやすく進めていきますので、ぜひご覧ください。

この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

底床とは?

ソイルを入れる

水槽にソイルを入れる様子。

底床ていしょうとは、水槽における「土壌」のことです。

  • ソイル(水草用の土)
  • 砂利

こちらの3つが主に底床材と呼ばれます。

水草を植えるいわば「大地」ですから水草水槽の中でも重要なポジションです。

ソイルと砂利、砂

ADA アクアソイル-アマゾニア Ver.2
ADA アクアソイル-アマゾニア Ver.2
水作 水槽の底砂 川砂
水作 水槽の底砂 川砂

底床は大きく分けると土である「ソイル」と、「砂利(砂)」の2種類に分類できます。

それぞれメリット、デメリットがありますが、どちらのタイプを使用したとしても「キレイな水草水槽」を作ることができますよ。

それぞれ詳しく掘り下げた記事がありますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

ソイルとは?「ソイル」とは何か? 水草用ソイルを徹底解説砂利とは?「砂利」とは何か?砂利系底床を水草水槽向けに徹底解説

初心者の方におすすめの底床

JUN プラチナソイル
JUN プラチナソイル

私が初心者の方におすすめしているソイル。

私が初心者の方におすすめしている底床材は「吸着系ソイル」と呼ばれるタイプです。

吸着系ソイルは含まれる養分が少ないことから、水草の成長が劇的に良いわけではありませんが、「藻類の大量発生」「白濁」などのトラブルが少ないのがメリットです。

そのため、初心者の方でも使いやすいですよ。

MEMO
養分をたくさん含んだソイルを「栄養系ソイル」、少ないソイルを「吸着系ソイル」と呼びます。
おすすめの底床【2021年版】水草水槽におすすめの底床 ーソイル、砂利、砂をプロが選別!ー
元気
元気

初心者の方には「吸着系ソイル」をおすすめしています!

底床の敷き方

ソイルの敷き方

手前はできるだけ薄く、後ろはなるべく高く盛るのが格好良く底床を敷くコツです。

底床の厚みはレイアウトによって微妙に異なりますが、どのような場合でも「手前をなるべく薄く敷くこと」を心がけると見栄えが良いですよ。

実際の敷き方については、30cm水槽にソイルを敷く過程を動画でご紹介したものがありますので、お時間のある際にぜひご確認ください。

また、別記事では底床の厚みについて掘り下げて解説しているものや、実際のレイアウト制作過程を紹介しているものもあります。

こちらも興味のある方はぜひご覧ください。

【水草水槽】底床の「厚み」を考える ーレイアウトと水草育成、2つの視点からアプローチー機材のセッティング水草レイアウトの第一歩 機材のセッティング

化粧砂とは?

60cm

このように、水景の一部に使用する砂(砂利)のことを「化粧砂けしょうすな」と呼びます。

  • 道の表現
  • 自然感を強める効果
  • 水景を明るくする

などなど、様々な効果があるのでレイアウトに取り入れることで表現の幅が広がりますよ。

化粧砂には、砂や砂利が利用されることが多いので底床の1部といえます。

「化粧砂の効果と使い方」【前景を砂で演出】化粧砂の効果と使い方 ーソイルとの敷き分け方も詳しく解説ー

底床を高く盛る

盛土

石組みと盛り土で作る「山岳系レイアウト」。

背面の底床を高く盛ることを「盛土もりつち」と呼びます。

盛土には、立体感を表現し、強い奥行き感を表現する効果があります。

作業にちょっとコツが入りますが、格好良いレイアウトを作るには必須技術ですので、ぜひ習得してください!

盛土をして奥行感を演出する方法【ソイル・砂利を高く盛る】盛土をして奥行感を演出する方法

上級者向け:環境に合わせて底床を選択する

ご自分の水槽が「どれだけ養分を必要としているか」ということを意識して底床選びができるようになると、さらにレベルの高い管理ができるようになります。

ある程度水草水槽の管理に慣れている方は、ぜひチャレンジしてみてください!

水槽環境に合わせた底床選び

番号水槽スペック栄養系ソイル吸着系ソイル砂利、砂系底床
・高光量
・CO2有
・陽性水草メイン
・高光量
・CO2有
・陰性水草メイン
・低光量
・CO2有
・低光量
・CO2無し

こちらの表は4タイプの環境例に合う底床を表にしたものです。

環境は細かく分けると無数にあるのですが、大きく分ければ上記の4タイプに収まるはずです。

ざっくりとご自分の水槽が何番に当たるのか把握しましょう。

それでは、①から順に解説していきます。

陰性水草とは「比較的暗めの環境でも育つ水草」のことです。

陽性水草は、それ以外の水草のことを指します。

一般的に陰性水草は丈夫なものが多いですよ。

陰性水草と陽性水草陰性水草と陽性水草 ー必要な光量で水草を分類ー

① 高スペック水槽で陽性水草メインの場合

120cm
おすすめの底床
  • ◎:栄養系ソイル
  • ◎:吸着系ソイル
  • ◯:砂利、砂系底床

高光量ライト、CO2添加キットなどの水草育成用器材が揃っている環境では、水草の代謝が高くなるため養分要求量が高くなります。

このような環境で、成長が早く養分をたくさん必要とする陽性水草を育てるなら、「栄養系ソイル」がおすすめです。

栄養系ソイルを使用するとセット後しばらくは追肥を行わなくても水草がある程度は成長するので、一番難しい肥料の使用を抑えられます。

立ち上げはやや不安定ですが、一度安定すると長期間にわたり調子を維持しやすいため慣れると手放せなくなりますよ。

初めて水草水槽にチャレンジする方は「吸着系ソイル、砂利、砂系底床」から始めると失敗が少ないです。

水草水槽を管理する上で一番難しい時期は「セット初期」です。

栄養系ソイルと比べ、吸着系ソイル、砂利、砂系底床は含まれる養分が少ないため「養分過多」からくるトラブルが起きづらいですよ。

元気
元気

「立ち上げのスムーズさ」「水草に必要な養分をある程度含んでいる」この2点を併せ持つ吸着系ソイルは初心者の味方です!


② 高スペック水槽で陰性水草メインの場合

120cm
おすすめの底床
  • ◎:吸着系ソイル
  • ◯:砂利、砂系底床

高スペックの水槽で成長の緩やかな陰性水草を中心としたレイアウトを作る際は「吸着系ソイル」がおすすめです。

養分が多く含まれる底床の場合、養分を上手に処理しないと藻類が出てしまいますが、立ち上がりの早い吸着系ソイルなら安心して陰性水草を育てることができます。

また、「砂利、砂系底床」もおすすめです。

シダの仲間コケの仲間だけでレイアウトしている場合など、養分をほとんど必要としないような水槽ならソイルでは無く「砂利、砂系底床」を使うことでメンテの手間を少なくできます。


③ 低光量だけどCO2を添加している場合

おすすめの底床
  • ◎:吸着系ソイル
  • ◯:砂利、砂系底床

「今まで熱帯魚メインで楽しんでいたけど、CO2を添加を始めてみた」なんて方はこの状態であることが多いですね。

CO2を添加していても低光量なら、そこまで水草の代謝は上がらないので「栄養系ソイル」は使わない方が良いでしょう。養分過多から藻類に悩まされてしまいますよ。

使うなら「吸着系ソイル」「砂利、砂系底床」がおすすめです。


④ 低光量、CO2添加無しの場合

おすすめの底床
  • ◯:吸着系ソイル
  • ◯:砂利、砂系底床

低スペックの場合、水草の代謝が低いままなのでたとえ成長の早い水草であっても、あまり養分を必要としません。

なるべく「養分の少ない底床」を使うことでトラブルを未然に防ぐことができますよ。

そのため、「吸着系ソイル」「砂利、砂系底床」がおすすめです。

ポイントは「養分量」と「光量」

サイズ低光量高光量
30cm350lm程度700lm程度
45cm1000lm程度2000lm程度
60cm1500lm程度3000lm程度
90cm3000lm程度6000lm程度
120cm4000lm程度8000lm程度
180cm6000lm程度12000lm程度

こちらが水草水槽の光量の目安です。

丈夫な水草なら低光量程度の光を当てれば十分に育てることができます。

「絨毯になる前景草を育てる」「真っ赤に育てる」「大きな茂みを作る」など本格的な水草水槽を作るなら高光量を目安にライトを選ぶ必要がありますよ。

水草に養分吸収は光量にも左右されるので

  • 低光量の環境⇒ 養分の少ない底床
  • 高光量の環境⇒ 養分の多い底床

と使い分けるのがポイントです。

こちらの記事で、水草水槽におすすめのライトをご紹介しています。

照明をお探しの方はぜひご覧ください。

水草水槽におすすめのライト【2021年版】水草水槽におすすめのライト ー水草のプロが厳選!ー水草水槽の光水草水槽の光 ー必要な光量、適切な点灯時間、時間帯などを徹底解説ー

環境が安定するまでの時間が短い底床

生物ろ過の仕組み

環境が安定するとは、「有益なろ過バクテリアがしっかりと水槽内に繁殖した状態」といえます。

バクテリアのご飯は有機物なので、より養分の多い底床を使用した方が早くバクテリアが増えるます。

ということは、養分がたくさん含まれている「栄養系ソイル」はバクテリアの増殖量が多く、より早く安定すると言えますよ。

とはいえ、養分が多ということはセット初期にその養分の多さから環境が不安定になるというリスクも抱えているため、一概に良いとも言えません。

別記事でろ過バクテリアについては詳しく解説しましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

生物ろ過の仕組み【ろ過バクテリア】生物ろ過を詳しく解説

ベストな底床はあるのか?

底床選びに「これがベストだ!」というものはありません(ココまで書いてきてなんですが)。

本格的水草水槽は砂利系底床でもできますし、水草の代謝に低い環境でも栄養系ソイルで綺麗な水槽を維持している方はたくさんいます。

管理次第でどうにでもなるのです!

  • コンテスト用だから栄養系ソイルで頑張るか
  • 藻類が怖いから吸着系ソイルにしよう
  • この砂の色がイイ
  • 今回のレイアウトは砂利で作ろ~

こんな感じで私は割と軽いノリで底床を決めてしまいます。

後のことは肥料添加であったり、換水であったり、各水質調整剤で割とどうにかなっちゃうので「見た目優先」ですね。

なので皆様も自由な感覚で底床を選んで頂けるともっとアクアリウムが楽しくなるんじゃないかなと思っています。

水草水槽の肥料の使い方【プロが伝える】水草水槽の肥料の使い方 ー肥料添加をする理由、添加量の目安、おすすめの肥料ー
元気
元気

色々と勉強しなきゃいけないこともありますが、簡単すぎるよりは難しいほうが歯応えがあって楽しいでしょ(笑)

まとめ

今回は「水草水槽の底床選び」を解説しました。

水槽のスタイルに合わない底床を選んでしまうと、その後の管理が大変です。

また、場合によっては水草が育ちづらくなってしまいますよ。

水槽環境、底床の特徴を掴めば、自由に底床を選べるようになりますが、慣れるまでは「養分の少ない底床」の方が管理が簡単です。

初心者の方はまずは吸着系ソイルを使って水草を育ててみましょう!

元気
元気

初心者の方は養分の少ないソイルが使いやすいと思いますよ!