私が行っている苔対策まとめ

【水草水槽】底床の「厚み」を考える ーレイアウトと水草育成、2つの視点からアプローチー

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「底床の厚み」について「レイアウト」「水草育成」の2つの視点からアプローチしていきます。

「手前はなるべく薄く、奥はできるだけ高く」

これがレイアウト水槽の底床ルール。

底床の「厚み」一つでレイアウトの印象がガラッと変わります。

初心者の方にも分かりやすいよう、丁寧に解説しますのでぜひご覧ください。

底床とは?

底床ていしょうとは水槽の底に敷く「砂利、砂、ソイル」などのこと。

アクアリウム以外ではあまり使われない言葉かもしれませんね。

水槽の大地となる部分なので、特に水草水槽では重要なポジションです。

レイアウトからのアプローチ

レイアウトの美観から考えた場合、底床の厚みは「手前はなるべく薄く、奥は出来るだけ高く」
する必要があります。

こちらの2つの水槽を見比べてみましょう。

底床の「厚い」水槽
底床の「薄い」水槽

青いバックの水槽の方がより「奥行き」と「横の広がり」を感じますよね。

実は青いバックの水槽は60cm水槽、白いバックの水槽は90cmです。

60cm水槽の方が大きく感じますね!

レイアウトが違うので一概には言えませんが、このように「底床の厚み」が見た目の印象に大きな影響を与えています。

手前はできるだけ「薄く」敷く

最初に目に入る部分である水槽前景は印象を決める重要なポイントです。

そのため、なるべく薄く仕上げることでスッキリとした印象になりますよ。

  • 化粧砂の場合
  • 前景草を植える場合

大きく分けるとこちらの2パターンがあります。

どちらの場合でも手前側はできるだけ薄く仕上げましょう。

化粧砂の場合

化粧砂は出来るだけ薄く

厚さ:3mm~10mm程度

これくらい敷けばOKです。

化粧砂の厚さはレイアウトの作り方によっても様々なのですが、手前側は「できるだけ薄く敷く」というのがポイントです。

化粧砂についてはこちらの記事で詳しく解説しました。

興味のある方はぜひご覧ください。

「化粧砂の効果と使い方」【前景を砂で演出】化粧砂の効果と使い方 ーソイルとの敷き分け方も詳しく解説ー

前景草を植える場合

前景草を植える場合

厚さ:1cm~1,5cm程度

こちらの場合もなるべく薄く敷きましょう。

これは前景草の「根」が隠れるギリギリの厚さです。

白い根が見切れてもそれはそれで見苦しいですからね。

横から見た図
上から見た図

底床が薄い部分には水草を植えづらいですし、抜けやすいです。

前景草を植える際は「厚さが2cm程度ある部分」に植えて、前景草が手前に伸びてくるのに任せたほうがキレイに仕上がりますよ。

MEMO
水草は「動かない状態」であれば底床に根を下ろしていなくても育ちます。レイアウトイメージを優先して底床を「浅く」しても問題ありませんよ!

奥は出来るだけ「盛る」

レイアウトイメージにもよりますが、奥側はなるべく高く盛ったほうが立体感ある水景になります。

背面側を高くすることでより奥行き感を演出することができますよ。

高さの目安

半分より高く盛る

水槽高の半分以上に盛る

これが奥行き感を演出する高さの目安です。

例えば60cmレギュラー水槽なら、高さ36cmなので「18cm以上盛る」ということです。

こちらの水槽はたしか22cmくらい盛ったと思いますよ。

このレイアウトのように中央に「道」のあるレイアウトは奥行感の演出が重要なので、盛り土は効果的なテクニックです。

MEMO
ちなみに道の終点(線が交差しているところ)はセンターに来ると不自然なので、画像の水槽のように左右にずらすと見栄えが良いですよ。

「抜け」も大切

「抜け」

「抜け」とは水槽の背面が見えている部分のこと。

ここが少なすぎると圧迫感が生まれます。

こちらの水槽のように「清涼感」を演出したい場合は画面上の面積で「15%以上」は欲しいですね。

MEMO
鬱蒼とした雰囲気を狙う場合はもっと少なくすることもあります。

IAPLC2015【IAPLC2015】世界水草レイアウトコンテスト出品水槽の作り方

盛り土には「軽石」「レンガ」などが有効

底床を盛るためには「軽石」や「レンガ」などを使って底上げすると効果的です。

こちらの記事で詳しく解説しましたのでぜひご覧ください。

軽石で底床を底上げ【レイアウト水槽向き】軽石、レンガを使って底床を底上げする方法

盛土レイアウトの作り方

盛土

こちらの記事でオーソドックスな盛土レイアウトの作り方を解説しました。

ソイルが崩れてこないようにする土留どどめの方法」なども詳しくまとめてあります。

立体感、奥行感のあるレイアウトを作り方はぜひご覧ください。

盛土をして奥行感を演出する方法【ソイル・砂利を高く盛る】盛土をして奥行感を演出する方法

水草育成からのアプローチ

  • ピンセットで植え込むため
  • 水草が抜けないように

様々な媒体で水草を植える場合、底床は「最低3cm」の深さが必要と記載されています。

なぜ3cmなのかと言うとこちらの理由からなんです。

ピンセットで植え込むため

基本的にピンセットでつまんで植えるため、ある程度深さがないと植え込みが困難です。

そのため最低3cmは必要とされています。


水草が抜けないように

単純に厚いと抜けづらいです。

浅いと底床の抑えが緩いので抜けやすくなってしまいます。

「抜けて、植えて、抜けて、植えて」を繰り返すと水草が弱ってしまいます。

調子良くキープするためにも、植え込みは一度で終わらせたいところですね。

底床が厚い方が育ちが良い?

場合にもよりますが、根を強く張る水草は5cm以上の厚さがある方が育ちが良いです。

1部の前景草など、厚く敷いても育ちが変わらないものを多いので、そこまで強く気にしなくても大丈夫ですよ。

MEMO
ほとんどの水草が葉からも養分を吸収します。そのため底床に根を張らなくても生長しますよ(動かなければ)。

レイアウト優先で考える

水槽の見栄えを考えた場合、「レイアウト優先」でOKです。

前述の通り、前景を水草の絨毯にする場合でも、底床が厚い部分に植えて水草が伸びてくるのを待てば良いのです。

目に入る部分の底床はなるべく薄く敷いてスッキリと仕上げましょう。

底面フィルターを使用する場合

底面フィルターを使う場合

底面フィルターを使用する場合は底床に「厚み」が無いとフィルターとして機能しません。

最低でもフィルターの上に「3~5cm程度」の底床を敷きましょう。

水草水槽向けに底面式フィルターの使い方をこちらの記事で紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

水草水槽で底面式フィルターを使う方法水草水槽で底面式フィルターを使う方法

元気
元気

底面は水草水槽向きのフィルターです!

おすすめの底床

こちらの記事で水草レイアウト水槽向きの底床をまとめてご紹介しています。

底床選びにぜひご活用ください。

【2020年版】私が水草水槽にオススメする底床 ー実際に使って確認していますー

まとめ

今回は「底床の厚さ」を解説しました。

「手前はなるべく薄く、奥は出来るだけ高く」

これがキレイなレイアウト水槽の底床です。

高く盛るのは結構技術が要りますが、手前を薄くするだけなら簡単なので初心者の方でもできると思います。

早速ホースで厚い底床を吸い出しちゃいましょう!

元気
元気

手前を薄くするだけでも見た目がスッキリして「広がり」のある水景になりますよ!