私が行っている苔対策まとめ

グロッソスティグマ

グロッソスティグマ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

グロッソスティグマ
Glossostigma elatinoides

  • 高光量
  • 必要
  • 軟水
  • 5mm~15mm
  • 前景草、丸葉
  • オーストラリア
  • グロッソ、グロッソスティグマ・エラチノイデス

レイアウトのコツ

かいわれ大根のような葉が可愛らしい前景草。

高光量下では地面を覆うようにベタっと伸びますが、低光量下では水面に向かって縦に成長するようになりますよ。

そのため、石や流木の際など、光があまり当たらない場所では、自然と高さのある草体になります。

このように、光量に合わせて高さが変わることから、本種だけでも立体感のある前景を作ることが可能です。

葉が丸いことから、「ショートヘアーグラス」など細葉タイプの前景草と好相性ですよ。

育成のコツ

前提として高光量、CO2添加が必要ですが、大切なのは「軟水」をキープすることです。

硬度が高くなりやすい「石をたくさん使用しているレイアウト」には不向きです。

硬度を下げる作用のある「水草用ソイル」を使うと育成が楽になりますよ。

また、換水時には「テトラ PH/KHマイナス」などのpH降下剤を使うと良いですよ。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法水草水槽に最適な水質水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー

縦に成長してしまう場合

水面を目指して成長してしまう場合、光が足りていない場合がほとんどです。

光量、点灯時間が十分で無いと縦伸びしてしまいます。

また、縦に伸び始めてしまうと、なかなか絨毯のようになりません。

もし横方向に伸ばしたいのなら、新しいものを植えることをおすすめします。

【水草水槽の光とは?】必要な光量、点灯時間など徹底解説

分類

ゴマノハグサ科 グロッソスティグマ属 グロッソスティグマ