【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

アポノゲトン・ボイビニアヌス

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー
アポノゲトン・ボイビニアヌス

アポノゲトン・ボイビニアヌス
Aponogeton boivinianus

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 15cm~80cm
  • 後景草、センタープラント
  • マダガスカル
  • ボイビニ

レイアウトのコツ

デコボコとした葉が面白いアポノゲトンの仲間です。透明感のある深い緑色の葉は独特の風情があります。

流通している水草の中でも特に大型化する種類です。この水草を存分に楽しむなら、小さくても120cmクラスの水槽が必要です。出来れば150~180cmクラスの水槽で楽しみたいですね。

放射状に大きく葉を広げます。ガラス面に葉がくっつくと窮屈に見えてしまうので、大きく開けた場所へ植え込みましょう。

育成のコツ

基本的には丈夫な水草ですが、暗い環境だと調子を崩してしまいます。出来るだけ明るい環境を用意するとキレイに葉を伸ばしますよ。

養分をたくさん必要とするので適時肥料を入れてあげましょう。底床肥料が特に有効です。

アポノゲトン全体に言えることですが、水流のある環境を好みます。特に株の部分の水流が滞ると調子を崩すことがあるので注意しましょう。

休眠期

アポノゲトンの仲間は「休眠期」と呼ばれる期間があります。

例えるなら冬眠のような感じです。休眠期に入ると葉を落とし根茎だけになってしまいます。3~6ヶ月程度経過すると急にまた成長を始めますよ。

何がスイッチで休眠期に入るかは場合によるのですが「弱る」と入りやすいです。特に花を咲かせると疲れてしまうようなので、花芽が出たらカットすると良いでしょう。

分類

レースソウ科 レースソウ属 アポノゲトン・ボイビニアヌス

図鑑の使い方

この図鑑の使い方はこちらで確認できます。

「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

簡単チェック!

水草が枯れてしまう原因

水草が育たない原因を探る簡単なチェックシートを作りました。

直感的に答えていくと30秒で17通りの回答へたどり着きます。

まずは現環境に何が足りないのか(何が多すぎるのか)を把握して、正しい方向を目指しましょう!

水草の育て方

水草育成論

Ordinary-Aquariumでは、私が今まで培ってきた水草育成の技術、知識を初心者の方にも分かりやすく解説しています。

どれも、実際に試して有効なものばかりですので、水草をもっと上手に育てたい方は他の記事もぜひご覧ください。

水草索引