「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

ヒドロコティレsp. “ミニ”

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ヒドロコティレsp.

ヒドロコティレsp. “ミニ”
Hydrocotyle sp. “MINI”

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 8mm~15mm
  • 中景草、丸葉
  • オーストラリア?
  • オークロ・ミニ、ドワーフヒドロコティレ・ミニ

レイアウトのコツ

丸い葉をツルのようにヒュルヒュルと横に伸ばす可愛らしい水草です。

ヒドロコティレの仲間の中では成長が緩やかなのでレイアウトに取り入れやすいです。

丸く切れ込みの入る独特の葉は中景のアクセントにピッタリですよ。

丸い葉なので「細葉」タイプの水草を組み合わせると自然感がでます。

育成のコツ

基本的に丈夫で育てやすい水草です。

十分な光量とCO2添加があれば問題無く育成出来るはずですよ。

ヒドロコティレの中では成長が緩やかとはいえ、他の水草と比べると早いほうです。

適時、間引いていかないと他の水草を駆逐してしまうので注意しましょう。

似ている水草

名前葉の大きさ成長速度難易度手に入りやすさ
オーストリアンクローバー10mm~18mmとても早い簡単手に入れやすい
ヒドロコティレsp. “ミニ”8mm~15mm早い簡単専門店なら
ノチドメ8mm~10mm遅い難しい難しい

こちらの3種類はとても良く似ています。

葉の大きさがちょっと違う程度ですよ。

大きく違うのは成長スピードでしょうか。

特に本種とオーストラリアンクローバーは間違えやすいので注意が必要ですよ。

見た目が似ているのに育成難易度が高いことが原因で、ノチドメは現在ほとんど流通していません。

元気

ちなみにノチドメは日本にも自生しています。湧水が出ている場所ではポピュラーな水草ですよ。

分類

セリ科 チドメグサ属 ヒドロコティレ.sp “ミニ”

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です