【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ニューラージパールグラス

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ニューラージパールグラス

ニューラージパールグラス
Micranthemum “Montecarlo”

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 10mm~15mm
  • 有茎草、前景草、丸葉
  • アルゼンチン
  • ニューラージ

レイアウトのコツ

丸い葉が可愛らしい前景草です。
ベタッと地面を覆うように伸びるので、背の低い絨毯を作りたいときに便利です。垂れ下がるように伸びる性質があるので、石や流木の上に配置すると、それを覆うように伸びてくるので個性的な水景を作ることが出来ますよ。

背が低い分、構図素材との際が不自然になりやすいです。ショートヘアーグラスなどのちょっと背が高い前景草と組み合わせて「なだらかな丘」のようにすると自然感のある水景になります。

トリミング

厚く層にを作るように成長していきます。
ある程度、層が厚くなると下部から枯れてくるので、そうなる前にトリミングをしましょう。

トリミングした場所は黒~茶色に変色してしまい美しくありません。「新しい芽」が切った場所を覆うまでキレイでは無くなってしまいますよ。

下部が茶色になってしまったら?

一度引き抜き茶色の部分を取り除いてから植え直しましょう。

「厚く層を作ること」はニューラージの性質です。厚くなり下部が枯死してくるのは仕方のないことですので、定期的に引き抜いて下部を取り除くようにしましょう。

育成のコツ

  • 光量とCO2量のバランス
  • カリウム肥料をマメに添加

この2点がニューラージをキレイに育てるコツです。

・光量とCO2量のバランス

光量に応じて、CO2要求量が大きく変わる性質があります。
高光量下では「CO2要求量が増大」し低光量下では「CO2要求量が低下」します。高性能なライトを使っているけど、キレイに育たない方は「CO2添加量」を見直して見ると良いでしょう。「暗くする」という手段も有効ですよ。

ちなみに、低光量下では葉が小さく育ちます。

元気

影になっているところがキレイに育っていて、光が良く当たる場所は育っていないようなら「CO2不足」です!

・カリウム肥料をマメに添加

一度、肥料切れを起こすと、そこから復活させることが難しいです。特にカリウム不足から調子を崩すことが多いので、マメに添加するように心がけましょう。

CO2添加をしなくても育つ?

低光量下ではCO2要求量が低下する性質があることからCO2を添加していないくてもなんとかキレイに育つ場合があります。

上級者向けではありますが「軟水をキープ」「pHを6.4以下にキープ」することで、育てることが可能です。

分類

ゴマノハグサ科 ミクランサム属 ニューラージパールグラス

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

6 COMMENTS

アバター マンモ

たびたびすいません。テトラph/kh降下剤を入れても翌日にはph6.8くらいに戻ってしまいます。
何が原因か分からず悩んでいます。
私の地域の水道水はph7.1です。
石は溶岩石しか入れてません。
底砂も溶岩砂で1番底にパワーサンドを引いています。8ヶ月経っているので追肥は少しずつしています。
流木も入れています。
水槽は去年の12月に立ち上げてます。
外部式フィルターにプラチナソイルを袋詰めし少しでも下がるかと入れています。
カリウム液は添加してますがPHが上がるので少なめで一日置きにしています。
co2添加夜間エアレーションしてます。
phを上げる要因は何があるのでしょうか?
またソイルを使用せずにph6.4以下で安定させる方法はありますか?
リバースグレインも考えてますが6.8となっていたので…。
150センチの水槽なのでリセットする事を考えてソイルは入れたくないので何か良い方法あればご指導お願いします。

返信する
轟 元気 轟 元気

マンモさん、コメントありがとうございます。
降下剤を使ってもすぐにpHが戻ってしまうのですね。

テトラのph/khマイナスは成分表示がされていないため、はっきりとしたことはわからないのですが恐らく「リン酸」を使ったものだと考えています。
リン酸と仮定した場合、リン酸除去剤や鉄と反応するとpHが元に戻ってしまいます。
溶岩石を使っているとのことですので、溶岩石の鉄分と反応しているのかもしれませんね(溶岩石は鉄を豊富に含んでいます)。

降下剤を使わずpHを下げる場合は、「硝化菌をたくさん増やす」「換水をしない」などの対応になるかと思います。
手っ取り早く対応するなら降下剤の投入量を増やしてみるのが簡単かと思います。

返信する
アバター マンモ

アドバイスありがとうございました。
あれからブログを全て読まさせて頂き勉強させてもらってます。

phの測定はco2添加前で消灯時に測定して6.4以下と言うことですか?
点灯してから7時間の気泡を出しているタイミングで6.4でした。
テトラのph/khマイナスを点灯前の時点で計測し投入した方が良いですか?
エビも居る水槽ですが少しずつ入れて翌朝phを計り高ければまた入れて様子を見る感じでいいですか?
よろしくお願いします。

返信する
轟 元気 轟 元気

マンモさん、ブログを読んでいただきありがとうございます。

pHの測定はライト点灯中の間が良いですね。
出来れば点灯直後から6.4以下になっていることが望ましいので、点灯直後に計るのが良いかと。

テトラph/khマイナスは換水時に使うくらいでOKですよ。
水槽へ直接入れ続けなければ6.4以下に保てないようなら、何かpHを上げている原因があると思うのでそれを解決したほうが良いでしょう。

返信する
アバター マンモ

初めして!私は溶岩砂でニューラージパールグラスを育ててるのですが光が良く当たる所は育ちが悪くコケにやられていて日陰になっている所はキレイに育っています。やはりco2不足でしょうか?
光合成はしていてたくさん酸素を出すので足りているのかと思っていました。
ですが日陰の方が育っていることに不思議に思っていました。目からウロコでした。
凄く簡単な全景草と良くネットで見ますがグロッソスティグが絨毯を作る環境でニューラージパールはうまく育たずいつも悩んでいます。
今回凄く勉強になりました!
何かアドバイスあればお願いします。

返信する
轟 元気 轟 元気

マンモさん、コメントありがとうございます。
暗い環境の方がキレイに育つ場合は、「何かが足りていない」ことが多いです。
中でも「CO2」が足りていないことが多い印象です。
酸素の気泡を出しているということは、添加量を増やしていただくよりも、水質を調整してCO2の吸収効率を上げたほうが良いかもしれません。
pHが6.4以下になるように「テトラPH/KHマイナス」などを使って調整すると良いでしょう。
詳しくはこちらの記事を御覧ください。
https://ordinary-aquarium.design/waterplant/wq-1

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です