【初心者必見】私が行っている苔対策まとめ

水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー

水草水槽に最適な水質

本記事では「水草水槽に最適な水質」について解説します。

水の質と書いて「水質」です。
目に見えないので見過ごされがちですが、水草を育てる上でとても重要なんです。

  • ほとんどの水草が育てられる
  • 苔の少ない水槽を作れる

水質が自由に操れるなら、こんな感じに水草水槽が簡単にキープ出来るようになりますよ。

特に水質は「CO2」と「肥料」に深く関係しており、水質がコントロール出来ればより効率よくCO2、肥料を扱えるようになります。

どなたでも簡単に理解していただけるように、なるべくシンプルに分かりやすく解説していきます。

初心者の方にこそ知って欲しい内容ですので、ぜひ読んでみてください。

水質の基礎知識まとめ【pH?NH4?】水質の基礎知識まとめ
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

「水質のコントロール」は初心者の壁の一つだと思います。ここがクリア出来ればずっと簡単に水草水槽が維持出来るようになりますよ!

水草水槽に最適な水質とは

pH 5.5~6.5

こちらが水草水槽に最適な水質です。

他のことはとりあえず気にせず、pHをこちらの数値内にするようにしましょう。

この数値内なら水草が「CO2、肥料」を効率良く利用できます。

そのため、ほとんどの水草を元気に美しく育てることができますよ!

※目安ですので、厳密に守らなくても大丈夫です。

CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安

水道水の水質

正直にお話しすると、日本の水道水は「場所によっては」とっても優れているので水質調整をしなくともキレイな水草水槽を作ることが出来ます。

しかし、地域によって水質に差がありますので、まずはお住まいの地域の水道水を調べてみると良いでしょう。

「東京 水道水 水質」などと検索することで詳しく知ることができるはずです。

参考 水質検査結果東京都水道局

新宿の水道水

新宿の水道水数値
pH7.5 前後
KH3 前後
GH3 前後

※東京都は概ね同じような水質です
※場所、日によって微妙に異なります

例として新宿の水道水を例にしてみましょう。

pHは最適な数値(5.5~6.5)よりも高いですね。

これくらいなら、水草用ソイルやpH降下剤を使えば簡単に調整することができます。

水質に恵まれない場合

とある場所の水道水数値
pH8 前後
KH5 前後
GH8 前後

場所によって、pH、KH、GHともに高い場合があります。

このような地域の場合、水質調整が大変です。

こちらの記事を参考に硬度を下げたうえでpH調整にチャレンジすると良いでしょう。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法
注意
水質に恵まれない場合、換水をすると水草育成適さない水質になってしまいます。そのため頻繁な換水は逆効果です。「水草水槽の換水」についての考察「水草水槽の換水」の考察

水質を調整する方法

もし、どうしてもpHが適正値にならないようでしたら、こちらの記事を参考にpH調整をしてみてください。

ソイル、pH降下剤などを試して、それでもpHが下がらないなら「硬度」を調整してみてください。

pH、硬度どちらの調整方法もご紹介しましたので、お役に立つはずですよ!

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法

まとめ

今回は 「水草水槽に最適な水質」について解説しました。

pH 5.5~6.5

こちらが水草水槽に最適な水質です。

これだけはぜひ覚えておいてください!

そして、pH調整をしてもpHが下がらないなら硬度を計ってみてくださいね

水質が自由にコントロール出来るようになると、ほとんど水草が美しく育てられるようになります。

苔にも悩まされず、マメなメンテに追われるような事も無くなるでしょう。

そこまで行けば、空いた時間で別のことが出来るようになりますよ!

みなさんのアクアライフがもっと楽しくなれば幸いです。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安
https://ordinary-aquarium.design/wp-content/uploads/2019/10/myface.png
元気

pH 5.5~6.5

しつこいようですが、覚えておいてください!

5 COMMENTS

アバター TT

なるほど、クエン酸は戻りが激しいという問題があるのですね、リン酸のことも教えていただいてありがとうございます。いつも大変参考になります。

返信する
アバター 渡辺

いつも拝見させて頂いております。GHを下げる商品として、ウォーターエンジニアリング リバースグレインシリーズとありますが、ソフトとソフト6.8の違いは何でしょうか?よろしくお願いします。

返信する
轟 元気 轟 元気

渡辺さん、コメントありがとうございます。

ソフトと6.8の一番の違いは「軟水作用の強さ」です。
6.8の方が軟水化作用が強く、その分、寿命が短いです。
ソフトの方が軟水効果は弱いですが、長持ちします。

6.8は軟水化効果を高めるため、酸を取り除く効果が少なくなっているので、「苔予防効果」はソフトよりも少なくなっています。

どちらも水草水槽にオススメなのですが、「石をたくさん使っているなど硬度が高くなりやすいなら、6.8」「特に硬度が高くならない環境ならソフト」と使い分けると良いでしょう。

ウォーターエンジニアリングさんはHPに分かりやすい図がありますので、こちらも見てみてください。
https://www.water-eng.net/products/

返信する
アバター TT

テトラpH/KHマイナスの中身は塩酸と硫酸のようです。

https://www.hornbach.de/data/shop/D04/001/780/498/004/61/2227501_Doc_03_DE_20160129114516.pdf

pH調整に使う強酸で家庭でも手に入れやすいものにクエン酸がありますが、クエン酸水溶液を作ってpH調整をするやり方はどうなのでしょうか?やられている方もいるようですが、結局どうなのかよくわからず…なにかご経験があれば教えていただければ幸いです。

返信する
轟 元気 轟 元気

TTさん、コメントありがとうございます。
また、素晴らしい情報をありがとうございます!↓
https://www.hornbach.de/data/shop/D04/001/780/498/004/61/2227501_Doc_03_DE_20160129114516.pdf

さっそく記事を直します。

クエン酸ですが、pHの戻りが激しくて現在のところ僕は使わなくなりました。
安くていいんですけどね。

pHがすぐに上がってしまうのは有機酸のため、すぐにバクテリアに分解されてしまうから?なのか微妙なところですが、pH降下剤としてはあまり有用ではないかと思います。バクテリアのご飯にはなるので、バクテリア活性剤としては有用です。

同じ理由から木酢液もpH降下剤としてはあまり有効ではないです。

塩酸と硫酸がPH降下剤として一番効くだろうと考えていたので(特に硫酸)、やっぱりテトラpH/KHマイナスを使うしかないんでしょうかね。。
現在のところ、消去法的にテトラpH/KHマイナスを使っていますが、これに変わるものにまだ出会っていません。

ちなみに、農業用のpH降下剤の多くはリン酸を使っているのですが、こちらもかなりpHを下げる力があります。
ついでにリンの濃度が上がってしまいますが、リン肥料として上手く付き合えるならpH降下剤として有用ですよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA