私が行っている苔対策まとめ

水草水槽に最適な水質 ーpHをコントロールして最適な水質を作ろうー

水草水槽に最適な水質

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「水草水槽に最適な水質」について解説します。

水の質と書いて「水質」です。
目に見えないので見過ごされがちですが、水草を育てる上でとても重要なんです。

  • ほとんどの水草が育てられる
  • 苔の少ない水槽を作れる

水質が自由に操れるなら、こんな感じに水草水槽が簡単にキープ出来るようになりますよ。

特に水質は「CO2」と「肥料」に深く関係しており、水質がコントロール出来ればより効率よくCO2、肥料を扱えるようになります。

どなたでも簡単に理解していただけるように、なるべくシンプルに分かりやすく解説していきます。

初心者の方にこそ知って欲しい内容ですので、ぜひ読んでみてください。

水質の基礎知識まとめ【pH?NH4?】水質の基礎知識まとめ
元気
元気

「水質のコントロール」は初心者の壁の一つだと思います。ここがクリア出来ればずっと簡単に水草水槽が維持出来るようになりますよ!

水草水槽に最適な水質とは

pH 5.5~6.5

こちらが水草水槽に最適な水質です。

他のことはとりあえず気にせず、pHをこちらの数値内にするようにしましょう。

この数値内なら水草が「CO2、肥料」を効率良く利用できます。

そのため、ほとんどの水草を元気に美しく育てることができますよ!

※目安ですので、厳密に守らなくても大丈夫です。

水質の基礎知識まとめ【pH?NH4?】水質の基礎知識まとめ

適した水質だと水草のエンジンに火が入る

良い循環
pHを6.5以下にする
CO2、肥料が効率よく使えるようになる
カルシウム、マグネシウムを吸収
繰り返し
硬度が下がりpHが下がりやすくなる

適した水質下ではこのようなサイクルが回り初めます。

つまり、水草水槽における水質調整の意義は

「水草のエンジンを入れること」

ということです。

水質をpH6.5程度に維持できれば、様々な要因が水草に有利に働くようになるので水草のエンジンに火が入ります。

火が入りサイクルが回り始めれば、水草自体が硬度を下げてくれるので自然とpHが下がりやすい環境になりますよ。

硬度を構成するカルシウムとマグネシウムは「水草の必須栄養素」です。

そのため、pH6,5以下にし、CO2を使いやすく、肥料の吸収効率をすることで水草自身が「カルシウム」と「マグネシウム」をより吸収するようになります。

結果、pHが下がりやすくなり水草自身が生活しやすい「CO2を使いやすい」「肥料の吸収効率の良い」水質になるのです。

元気
元気

水草のギアが一段一段上がるごとに、加速度的に環境が改善されるのはこのためです。調子の良い水槽はトコトン管理が楽なのですが、調子の悪い水槽は何をしてもダメなのはこのサイクルが回っていないからです!

水質が違うとどうなるの?

pH5.5よりも低い場合

水草の種類によっては育たないものが出てきますが、弊害は少ないです。

pHが高いよりずっとマシですよ。

pH6.5 よりも高い場合

CO2、肥料の吸収効率が低下します。

特にCO2は致命的で、pH7.0よりも高い場合、添加したCO2の大部分が水草にあまり利用されなくなってしまいます。

「CO2を添加しているけど水草が育たないよ?」という方はpHに問題があることが多いです。

CO2とpHの関係はこちらの記事で詳しくまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安

水道水の水質

正直にお話しすると、日本の水道水は「場所によっては」とっても優れているので水質調整をしなくともキレイな水草水槽を作ることが出来ます。

しかし、地域によって水質に差がありますので、まずはお住まいの地域の水道水を調べてみると良いでしょう。

「東京 水道水 水質」などと検索することで詳しく知ることができるはずです。

参考 水質検査結果東京都水道局

新宿の水道水

新宿の水道水数値
pH7.5 前後
KH3 前後
GH3 前後

※東京都は概ね同じような水質です
※場所、日によって微妙に異なります

例として新宿の水道水を例にしてみましょう。

pHは最適な数値(5.5~6.5)よりも高いですね。

これくらいなら、水草用ソイルやpH降下剤を使えば簡単に調整することができます。

水質に恵まれない場合

とある場所の水道水数値
pH8 前後
KH5 前後
GH8 前後

場所によって、pH、KH、GHともに高い場合があります。

このような地域の場合、水質調整が大変です。

こちらの記事を参考に硬度を下げたうえでpH調整にチャレンジすると良いでしょう。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法
注意
水質に恵まれない場合、換水をすると水草育成適さない水質になってしまいます。そのため頻繁な換水は逆効果です。水草水槽の換水の考察【プロが語る】水草水槽の換水の考察 ー換水の意義、換水のデメリット、無換水、これからの換水ー

水質を調整する方法

もし、どうしてもpHが適正値にならないようでしたら、こちらの記事を参考にpH調整をしてみてください。

ソイル、pH降下剤などを試して、それでもpHが下がらないなら「硬度」を調整してみてください。

pH、硬度どちらの調整方法もご紹介しましたので、お役に立つはずですよ!

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法

まとめ

今回は 「水草水槽に最適な水質」について解説しました。

pH 5.5~6.5

こちらが水草水槽に最適な水質です。

これだけはぜひ覚えておいてください!

そして、pH調整をしてもpHが下がらないなら硬度を計ってみてくださいね

水質が自由にコントロール出来るようになると、ほとんど水草が美しく育てられるようになります。

苔にも悩まされず、マメなメンテに追われるような事も無くなるでしょう。

そこまで行けば、空いた時間で別のことが出来るようになりますよ!

みなさんのアクアライフがもっと楽しくなれば幸いです。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安
元気
元気

pH 5.5~6.5

しつこいようですが、覚えておいてください!