【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ボルビティスsp.”ギニア”

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ボルビティスsp.”ギニア”
Bolbitis sp.’Guinea’

  • 低光量~中光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 10cm~45cm
  • 中景草、活着、丈夫な水草
  • ギニア
  • ボルビティス・ギニア産

レイアウトのコツ

のこぎり刃のような葉が特徴のシダの仲間です。

数タイプが流通しているギニアワイルド便ボルビティスの1つですよ。

ボルビティス・ヒュデロッティと比べと、より大きく育つので90cm以上の水槽でレイアウトしたいところ。

成長スピードも早く、大きな群落を素早く作ることが出来ます。

育成のコツ

  • 軟水
  • 高水温に注意
  • 適度な水流

この3点がキレイに育てるコツです。

・軟水

ある程度、硬度の高い環境化でも育成することは可能です。

しかし葉が「硬い雰囲気」になってしまいあまりキレイではありません。

軟水で育成することでキレイになりますよ。


・高水温に注意

30℃を超える水温が続くと「シダ病」が発生しやすくなります。

夏場は注意が必要ですよ。


・適度な水流

ミクロソリウムやボルビティスは水流が好きです。

特に株の根元付近の流れが滞ると調子を崩すことがあるので注意が必要です。

株が大きくなり葉の枚数が増えてくると、株の根元の流れが滞るので適時間引いてあげましょう。

ボルビティスの病気

ボルビティスは病気になって調子を崩すことがあります。

放って置くと元気な葉にも症状が感染るので早めに取り除くようにしましょう。

シダ病

葉に「黒い模様」が出来て、それが広がっていきます。黒くなったところは枯死します。

「高水温が続いている」「水流が無い」「葉が混み合っている」ような状態が続くと発生しやすいです。

感染スピードは早くないので、見つけ次第、黒くなった葉をカットするようにすればそれほど問題になりません。

分類

ツルキシノオ科科 ボルビティス属 ボルビティスsp.”ギニア”

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です