【初心者向け】カリウム肥料の使い方

ルドウィジア・ブレビペス

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ルドウィジア・ブレビペス
Ludwigia brevipes

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 3cm~5cm
  • 中景草、後景草、茂みになる草、黄色、オレンジ
  • 南米
  • サンパウロ・ニードルリーフルドウィジア、ルド・ブレビ

レイアウトのコツ

暖色系の細い葉を持つルドウィジアの仲間です。

草姿、葉色から水景の良い脇役になるので、どんなレイアウトにも合わせやすいですよ。

トリミングをすることで脇芽をたくさん出し、大きな茂みを作ることが出来ます。

光が十分にあると横に倒れるように生長するので、中景にも使うことが出来ます。

45cm~60cmクラスなら後景として、90cm以上なら中景、後景に使えますね。

ライトグリーンの有茎草と相性が良いので、組み合わせて配置すると見栄えが良いですよ。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

植栽直後に溶けてくることがあります。

溶けは伝染するので、一度引き抜き、溶けている部分を取り除いて再度植えるようにしましょう。

根付けばもう大丈夫ですよ。

赤くなることも

光のよく当たる水面付近まで葉がくると「真っ赤」になることもあります。

分類

アカバナ科 ルドウィジア属 ルドウィジア・ブレビペス

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です