【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ビハールハイグロ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ビハールハイグロ
Hygrophila sp ‘Bihār’

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 8cm~25cm
  • 後景草、センタープラント、ユニーク
  • インド
  • ピーファウルハイグロ

レイアウトのコツ

ノコギリのような切れ込みの入る葉が特徴のハイグロフィラです。

ハイグロフィラ・ピンナティフィダ」に似ていますが、本種の方がずっと大型化します。

特徴的な葉はインパクトが強く目を引き、個性的な茂みが出来ます。

そのため、120cm以上の水槽でセンタープラントとして使うと面白いと思いますよ。

マメにトリミングしても小さくキープすることが難しいので90cm以上の水槽で使うことをオススメします。

育成のコツ

高光量、CO2添加のある水槽なら育成しやすい水草です。

カリウム不足から調子を崩しやすいので、マメに添加すると良いでしょう。

大きく育つことから、本種の下は影が出来ます。

そのため、暗い環境化でも育つ水草と組み合わせると良いです。

分類

キツネノマゴ科 オギノツメ属 ビハールハイグロ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です