【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

ビハールハイグロ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ビハールハイグロ
Hygrophila sp ‘Bihār’

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 8cm~25cm
  • 後景草、センタープラント、ユニーク
  • インド
  • ピーファウルハイグロ
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

ノコギリのような切れ込みの入る葉が特徴のハイグロフィラです。

ハイグロフィラ・ピンナティフィダ」に似ていますが、本種の方がずっと大型化します。

特徴的な葉はインパクトが強く目を引き、個性的な茂みが出来ます。

そのため、120cm以上の水槽でセンタープラントとして使うと面白いと思いますよ。

マメにトリミングしても小さくキープすることが難しいので90cm以上の水槽で使うことをオススメします。

育成のコツ

高光量、CO2添加のある水槽なら育成しやすい水草です。

カリウム不足から調子を崩しやすいので、マメに添加すると良いでしょう。

大きく育つことから、本種の下は影が出来ます。

そのため、暗い環境化でも育つ水草と組み合わせると良いです。

分類

キツネノマゴ科 オギノツメ属 ビハールハイグロ