「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

パールグラス

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

パールグラス
Hemianthus micranthemoides

  • 低光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 2mm~8mm
  • 中景草、後景草、茂みになる草
  • 中南米
  • パール

レイアウトのコツ

繊細なグリーンの葉が美しい有茎草です。

「細かな葉」と「茂みを作ること」を両立している数少ない水草ですよ。

トリミングをすることで脇芽をたくさん出し、大きな茂みになることから、中景、後景にオススメです。

縦方向への生長スピードはそこまで早くないので、大型水槽では中景に向いています。

後景に使うなら底床を「底上げ」すると良いでしょう。

小型水槽では中景、後景どちらに使ってもOKですよ。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

どんどんボリュームが増していきますので、適時トリミングをしましょう。

真新しいソイルに植えると、溶けるように枯れてくることがあります。

特に低pHにするソイル場合、起こりやすいので注意が必要ですよ。

もし、溶けてしまったら、溶ける部分は伝染するのですぐに取り除きましょう。

溶けてない部分を植え込むと次第に落ち着いてくるはずです。

根を張るようになればもう大丈夫でしょう。

低光量、CO2無添加でも育つ?

適応範囲の広い水草なので「低光量、CO2無添加」でも育成可能です。

ヒョロヒョロとした草姿になることが多いので、キレイに仕上げたいなら「光量を増やす」「CO2を添加する」ようにしましょう。

分類

ゴマノハグサ科 ヘミアントゥス属 パールグラス

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です