【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

タイガーロータス・グリーン

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

タイガーロータス・グリーン

タイガーロータス・グリーン
Nymphaea lotus “Green”

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 15cm~20cm
  • センタープラント、ユニーク
  • 西アフリカ
  • ロータスグリーン

レイアウトのコツ

かなり大型化するスイレンの仲間です。

キレイに見せるためには小さくても90cmクラスの水槽が必要ですよ。

レイアウトとしてみるなら120cm以上の水槽が欲しいところ。

葉柄

水面に浮かぶ葉」「水面まで伸びる長い葉柄ようへい」が水中感を演出します。

水中と空中を分ける水面という「境界線」を強く意識させますね。

主役としてセンタープラントにするのも良し、点在させてワンポイントにするのも面白いですよ。

葉が放射状に広がるので、サイドや端に植えてしまうと窮屈な印象になってしまいます。

植える場所はある程度開けたところが良いですね。

育成のコツ

養分をたくさん必要とします。

栄養が豊富に含まれる水草用ソイルを使うと育てやすいですよ。

また、固形の底床肥料の追加も有効です。

高光量、たくさんの肥料がある環境下では他のスイレン同様に花を楽しむことが出来ます。

株が大きく育つと葉をたくさんつけるので、水面が葉で埋め尽くされてしまいます。

そうなると水中に光が入らなくなり他の水草が枯れてしまうので、適時間引きましょう。

レッドタイプ

その他、レッドタイプもあります。

東南アジアで養殖されている一部のタイガーロータスはレッドタイプとグリーンタイプの交雑が進み中途半端な色彩表現のタイプがあります。「レッド」「グリーン」などハッキリとした色合いのタイプを探してるなら注意が必要ですよ。

「本物」のグリーンタイプ

水草マニアの間では

ハンス バース デソー便(Hans Barth Dessau 通称HBD便、バース便)

にて入荷したタイガーロータス・グリーンを「本物」とすることが多いです。

たしかに斑の入り方、色がキレイで東南アジアものとは全然違いますよ。

もう入荷はおそらくはありませんので、国内にて店舗、愛好家が殖やしたものが時折流通するのみとなりました。

名前にあやかって「偽物」が出回ることがあるので信頼できるところから入手することをオススメします。

※この記事の写真は東南アジアで栽培されたロータスグリーンです

分類

スイレン科 スイレン属 タイガーロータス・グリーン

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です