私が行っている苔対策まとめ

【水草レイアウト水槽】濁らない水の張り方とCO2添加キットのセッティング

濁らない水の張り方とCO2添加キットのセッティング

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

今回の水草レイアウトステップアップガイドは「濁らない水の張り方とCO2添加キットのセッティング方法」を解説します。

前講座にて制作した水槽はしばらく水を張らずに管理しましたね(ミスト式)。

今回はいよいよ水を張ります。

水草水槽で使うソイルはそのまま水を張ると濁ってしまうことがあるんです。

本講座で解説する方法なら濁らずに水を入れることができますよ。

また、水を張ったらCO2添加をスタートします。

添加キットのセッティング方法も画像をたくさんご用意してご紹介していきますので、初心者の方も安心してご覧ください。

前回までのおさらい

ミスト式で立ち上げ

前回はここまで進めましたね。

流木を配置して水草を植えるレイアウト作業まで終わらせました。

そしてこのまま1~2週間程度は水を張らずにキープしました。

ミスト式中の管理

前講座でもお伝えしましたが、もう一度ミスト式期間中の管理をお知らせします。

  • ライトは1日8~10時間程度点灯する
  • 毎日1~2回霧吹きをする
  • 水草が枯れてしまったら取り除く
  • 気温に注意!

ライトは1日8~10時間程度点灯する

水を入れるまではそれほどシビアではありませんので、ざっくり8~10時間程度点灯しましょう。

点灯する時間帯は規則正しいほうが良いので、ある程度決めておきましょう。

点灯時間の例
  • 8:00~18:00
  • 15:00~23:00

毎日1~2回霧吹きをする

空気の入れ替え&乾燥予防のため、毎日霧吹きをしましょう。

サランラップをちょこっと外して5~10プッシュ程度霧吹きすれば十分です。

MEMO
コケはある程度乾燥に強いです。流木に活着させた部分は乾燥しやすいのですが毎日霧吹きしてれば大丈夫ですよ(カラカラになっても復活します)。

水草が枯れてしまったら取り除く

組織培養水草は無菌状態で育成されているためか、外気に触れると溶けるように枯れてくることがあります。

もし、枯れているものを見つけたらすぐに取り除きましょう。


気温に注意!

15℃~30℃以内

こちらがミスト式に向く気温です。

春、秋はあまり気にしなくても良いのですが、夏は暑くて水草が蒸れてしまいます。

冬は寒くて水草の成長がストップしてしまいます。

そのため、

  • 夏⇒ フタの隙間を大きして空気がこもらないようにする
  • 冬⇒ 温かい部屋に移動する・エアコンを使って部屋を温める

このような対策をして様子をみましょう。

注意
冬季の場合、温められないのであればすぐに水を張って管理してください。

水を張る

ミスト式で立ち上げ
立ち上げ直後
1週間後

ミスト式にて1~2週間程度キープしたら、水草が馴染んで少しだけ根付いてきます。

2つの画像を見比べると水草が育っているのが確認できると思います。

このタイミングで注水していきます。

7月に撮影をしたので気温が高く水草の成長が早かったです。

そのため、今回はミスト式での管理は1週間としました。

元気
元気

温度に比例して成長が早くなりますので、涼しい時期ならもうちょい長くミスト式を続けましょう!

水張り手順

今回の手順を守れば「濁らずに」水を入れることができます。

水が濁っているとそれだけ苔が生えやすくなってしまうので、丁寧に水を入れましょう。

それでは1つずつ解説していきます。

サランラップを外す
サランラップを外す

フタとして使っていたサランラップを外しましょう。

※撮影のため前面の水滴は落としました

キッチンペーパーを敷く
キッチンペーパーを敷く
キッチンペーパーを敷く

1番手前側にキッチンペーパーを敷きます。

袋状になるように敷くと水が濁りずらいですよ。

水を入れる
水を入れる

キッチンペーパーの上からゆっくりと水道水を入れていきます。

コップなどを使いキッチンペーパーを伝うように入れると良いでしょう。

水草だけなので塩素中和剤を使わなくてもOKです。

水温は20~25℃程度にしましょう。

70~80%程度入れたら
キッチンペーパーを取り除きましょう

ある程度水を張ったらキッチンペーパーを取り除きましょう。

ここで満水にしてしまうと機材をセットする際に水が溢れてしまうので注意しましょう。

CO2添加キット、フィルターの設置
CO2添加キット、フィルターの設置
CO2添加キットをセット

サランラップでフタをする際に外したフィルターとCO2添加キットをセットします。

CO2添加キットの詳しいセット手順は後ほど解説します。

※フィルターは撮影のためフタを外しています

フィルター、ヒーターの電源を入れ水を足す
フィルター、ヒーターの電源を入れ水を足す

機材の電源を入れて水を足しましょう。

完了!

これで完了です!

もしゴミが浮いているようならアミで取り除きましょう。

キッチンペーパーじゃないとダメ?

水をゆっくり通すようなものなら使えます。

例えば新聞紙などですね。

ただし新聞紙は濡れると破れやすくなってしまうのでキッチンペーパーが最適だと思います。

フィルターのろ材は予め洗う

フィルターのろ材は予め洗う

AT-30の純正ろ材は洗わずに使用すると白濁の原因になります。

必ず水道水でしっかり洗いましょう。

元気
元気

本講座でご紹介している水槽セットなら純正ろ材だけでも十分に管理できますよ!

もし流木が浮いてしまったら

流木の上に石をのせる

もし水を張っタイミングで流木が浮いてしまうなら「石を重し」にすることで対応しましょう。

流木にもよりますが1~2週間程度で沈むはずです。

元気
元気

実は今回浮かんじゃうと思っていたので石を用意していたのですが大丈夫でした(笑)

もし水が濁ってしまったら

水が濁ってしまったら水を捨ててもう一度入れ直しましょう。

多少濁っているくらいならフィルターが取ってくれますのでご安心ください。

CO2添加キットのセッティング手順

ADAアドバンスフォレスト

水を入れたので今回からCO2を添加していきます。

本講座で使用するのは「ADA アドバンスフォレスト」という高圧ボンベ式CO2添加キットです。

注意
ガラス製品が含まれます。割らないように注意しましょう。

セット手順

レギュレーターにボンベを入れる
レギュレーターにボンベを入れる

レギュレーターにボンベを接続します。

ネジになっていますので差し込みましょう。

レギュレーターに耐圧チューブを接続
レギュレーターに耐圧チューブを接続

5cm程度にカットした耐圧チューブを接続します。

ボールバルブの接続
ボールバルブの接続

STEP2の耐圧チューブへボールバルブを接続します。

ボールバルブへ耐圧チューブを接続

STEP3で接続したのとは反対側へ耐圧チューブを接続します。

耐圧チューブに逆流防止弁を接続
耐圧チューブに逆流防止弁を接続

STEP4で接続した耐圧チューブに逆流防止弁を接続します。

※耐圧チューブの長さは設置位置によって微調整してください

パレングラス・イージーにキスゴムをセットし水を入れる
パレングラス・イージーにキスゴムをセット
付属のスポイトで水を入れましょう。

キスゴムをパレングラス・イージー(CO2拡散器)にセットして付属のスポイトで水を入れましょう。

水はなかなか入れづらく、周りが濡れますので流しなどで作業しましょう。

半分程度入れればOKです。

【オプション】ジョイントグラスをパレングラス・イージーに接続する
ジョイントグラスをパレングラス・イージーに接続する

U字型のガラスパイプ(ジョイントグラス)をパレングラス・イージーに接続します。

アドバンスフォレストには付属しませんので一緒に購入しておくと配管がスッキリしますよ。

アドバンスフォレストを扱っている店舗ならあるはずです!

パレングラス・イージーを水槽にセット
パレングラス・イージーを水槽にセット

シリコンチューブを接続したパレングラス・イージーを水槽にセットします。

今回は撮影のため前側にセットしましたが左右、奥どこでもOKです。

※CO2がしっかりと水中に溶けるよう、なるべく下の方にセットしましょう(泡が水中にいる時間が長いほどよく溶けます)

【オプション】シリコンチューブをジョイントグラスに接続
シリコンチューブをジョイントグラスに接続

こんな感じで水槽をまたぐ部分にジョイントグラスをセットすると配管がスッキリします。

シリコンチューブを逆流防止弁に接続
シリコンチューブを逆流防止弁に接続

STEP5で接続した逆流防止弁にシリコンチューブを接続します。

添加量の調整
添加量の調整

微調整ネジを回して添加量を調整します。

添加量については後ほど解説します。

※ネジを回してから実際に添加が始まるまでにちょっと時間がかかります

完了!

CO2配管は短いほうが何かと調整しやすいので水槽のそばにボンベをセットするのがおすすめです。

今回は付属のボンベスタンドを使って水槽のすぐ脇に設置しました。

耐圧チューブとシリコンチューブ

耐圧チューブとシリコンチューブ

ADAアドバンスフォレストには2種類のチューブが付属します。

  • 硬いチューブ⇒ 耐圧チューブ
  • 柔らかいチューブ⇒ シリコンチューブ

持ってみて硬いほうが耐圧チューブですよ。

ボンベから逆流防止弁までが「耐圧チューブ」、逆流防止弁から水槽側が「シリコンチューブ」です。

CO2の添加量

今回の水槽のCO2添加量

3秒に2滴程度

これが今回の水槽の添加量です。

添加量はこのように「何秒にいくつ泡が出るか」で測ります。

本ステップアップガイド通りに水槽を作っているのなら動画を参考に添加量を調整してみてください。

なお、添加量は水槽サイズごとに違います。こちらの記事で水槽サイズ別のCO2添加量の目安を紹介していますよ。

やや専門的な内容ですのでお時間のある際に目を通してみてください。

CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安

添加量の調整方法

固定ネジと調整ネジ

ADAアドバンスフォレストのCO2量の調整は「固定ネジと調整ネジ」で行います。

調整ネジを動かすとCO2量が変わりますので、ちょうど良い量になったら固定ネジで固定しましょう。

拡散器から出るCO2量は調整が反映されるまでにタイムラグがありますよ。

「微調整したら1~2分ほど時間をおいてチェック」

というように、少し待って確認するのがコツです。

ボンベのセット場所

水槽の脇に設置

今回は水槽脇に設置しました。

CO2の配管は短いほうが「添加量の微調整がしやすい」「CO2漏れのリスク」が少ないなどのメリットがあります。

そのためなるべく短く配管をセットすることを心がけましょう。

元気
元気

もし配管が長くなってしまうなら「耐圧チューブ」を長くして対応しましょう!

ADAのセット動画

同じ商品ではありませんがメーカーがセット方法を動画でご紹介しています。

こちらも参考までにご覧ください。

今後の管理

セット完了

ここまでセットできたら次に水槽をいじるのは1週間後です。

まずはじっくり水草の成長を楽しんでください。

水草は植物の中でも特に成長が早いです。

1週間でも成長を実感できるはずですよ!

ライトの点灯時間とCO2添加の時間

8~10時間程度

これくらいの時間が目安です。

ライトの点灯時間とCO2添加は同じ時間に合わせましょう。

時間帯はライフスタイルに合わせて大丈夫ですが、規則正しくしてくださいね。

時間例
  • 8:00~16:00 「8時間」
  • 15:00~25:00 「10時間」

タイマーと電磁弁で自動化

簡単デジタルタイマー
タイマー
ELバルブ
電磁弁

タイマーと電磁弁を組み合わせることでライトとCO2添加を自動化することができます。

水草水槽の管理を楽にできる便利アイテムですので、ぜひご予算に組みこみましょう。

電磁弁はCO2添加キットのボールバルブと交換で取り付ければOKです。

ライトの電源と電磁弁をタイマーにつなげれば、後は自動でON/OFFしてくれます。

元気
元気

タイマーに延長コードをつけると接続口を増やすことができます!

定期メンテナンス

  • 週1回程度の換水
  • 苔のお掃除
  • お魚の餌やり
  • 肥料添加
  • 水草のトリミング

この5つが水草水槽の基本的な管理です。

こちらをこれから定期的に続けていくことになります。

とはいえまだセット初期なので全て行うわけではありません。

それぞれざっくり解説しますのでご覧ください。

週1回程度の換水

いわゆるお水の交換です。

しばらくは、「週1回程度の30~50%程度の換水」を続けていきます。


苔のお掃除

  • ガラス面をスポンジでこする
  • お掃除屋さんを入れて掃除してもらう

苔掃除は大きく分けるとこちらの2つ。

ガラス面のお掃除は換水のタイミングで自分でやりましょう。

お掃除屋さんとは苔を食べるお魚やエビのことです。

これらを適正量入れることで水槽をキレイにしてもらいます。

元気
元気

お掃除屋さんについてはこれからの講座で解説していきます。

今は「そんな生き物もいるんだなぁ」程度に頭に入れておきましょう。


お魚の餌やり

お魚を入れたら餌やりが必要になります。

水槽は「餌のやりすぎ」から調子が崩れてしまうケースが多いです。

まだお魚はいませんので詳しい解説は控えますが、「餌は少なめ」と覚えておきましょう。


肥料添加

水草をキレイに育てるには定期的な肥料添加が必要です。

とはいえ今回使用したソイル「JUNプラチナソイル」には多少肥料が含まれています。

そのため、セット1ヶ月程度は肥料を入れなくても十分育ちますのでご安心ください。

今は「肥料の添加がいずれ必要になる」と覚える程度で十分ですよ。


水草のトリミング

トリミングとは成長した水草をハサミでカットして形を整える作業のこと。

これから水草が成長していくわけですが定期的にハサミを入れて形を整えることでキレイな茂みになります。

また、適度にカットすることでキレイな茂みが長持ちするようになります。

元気
元気

トリミングについてもこれからの講座で解説していきます!

まとめ

本講座のまとめ
  • ミスト式にて1~2週間程度キープしたら水を張る
  • キッチンペーパーを敷いてその上から注水する
  • 入れる水は水道水で十分
  • まだお魚を入れないので塩素中和剤は使わなくても良い
  • 流木が浮かぶなら重しをする
  • 水を張ったらCO2添加を始める
  • 水を張ったらフィルターとヒーターの電源を入れる
  • CO2添加量は3秒に2滴程度
  • ライトの点灯時間、CO2添加時間は8~10時間程度
  • タイマーと電磁弁を使うとライト点灯時間とCO2添加を自動化できる

次回の講座

次回は初めてのメンテナンスということで「水の交換」「苔掃除」「お掃除屋さんの投入」を解説します。

本講座のセッティングでしたら週1回程度のメンテナンスで十分維持できますので、これからは週1でメンテしていくと思ってくださいね!