【初心者向け】カリウム肥料の使い方

【簡単!早い!】流木をすぐに沈める方法

本記事では「簡単に素早く流木を沈める方法」を3つご紹介します。

皆さん、せっかくレイアウトを作ったのに、「水を張ったら流木が浮いてしまって台無し、、」なんて経験はありませんか?

僕は何度かあります。萎えますよね。。

ですが、レイアウトを作る時にいちいちアク抜きをして、流木を沈めてから作っていたのでは良い作品は作れません!

良いレイアウトを作るには、スムーズにリズム良く作ることが大切だからです。

そこで今回は、簡単に流木を沈めることの出来る方法を3つ解説します。

沈めるというよりも「浮かなくなる」という表現の方が合っているかもしれませんが、どの方法も簡単に取り入れることが出来ますよ。

1つずつ、丁寧に解説していきます。興味のある方はぜひお読みください。

3つの方法

  1. 石を乗せる
  2. 石を接着する
  3. 板を付ける

こちらの3つの方法が代表的です。

①が最も簡単ですが、石を乗せるとレイアウトイメージが変わってしまうので、沈むのを確認したら取り除くようしましょう。

②、③は加工が必要ですが、一度組んでしまえば浮き上がりを気にすること無くレイアウト制作に集中することが出来ます。

どの方法が適切なのかは場合によって変わってくるので、レイアウトデザインや流木によって使い分けるようにすると良いでしょう。

元気

レイアウトを邪魔しない方法を選びましょう。

石を乗せる

乗せる

最も簡単な方法です。

単純に沈むようになるまでの期間、「石を流木の上に乗せるだけ」なのでとってもお手軽。

予想外に流木が浮いてしまった時など、サッと対応出来ますよ。

石を乗せてしまうとレイアウトイメージが変わってしまうのが、気になるところ。

また、流木の形状、設置角度によっては乗せられないこともあります。

あまり不安定な場所に乗せてしまうと、動いて外れてしまうので注意しましょう。

 

メリット
  • 簡単
  • 手軽
  • 加工の必要無し
デメリット
  • 重しが邪魔
  • 乗せられないとダメ
  • 動いてしまう

石を接着する

接着する

現在、スタンダードな方法。

「接着する」という一手間が必要ですが、確実に流木を沈めることが出来ます。

接着には流木を固定する効果もあるので、構図がちょっとやそっとの衝撃では動かないようになります。

構図を組んだら固定するついでに石を接着すると、「固定&重し」になるので一石二鳥ですよ。

重しにした石は「底床に埋める」「水草の茂みで隠す」などの対応で見切れないようにすると見栄えもGOODです!

便利な方法なのですが、接着剤の跡が残ってしまうのが残念。

流木を再利用する際はカッターなどで削ぎ落とすようにしないとキレイになりません。

また、接着箇所が見切れてしまう場合は「小さな流木片などを上から接着する」「活着する水草で隠す」などの対応をしないと格好悪くなってしまいます。

 

メリット
  • 確実に沈められる
  • 流木を固定出来る
  • 見栄えが良い
デメリット
  • 接着跡が残る
  • 接着箇所が見切れるとダサい
  • 加工が必要

オススメの接着剤

  • ウルトラ多用途SU
  • 瞬間接着剤

こちらの2つのボンドがオススメです。

それぞれ使い勝手が違うので、2つとも用意しておくと作業効率が良くなりますよ。

どちらだけなら「瞬間接着剤」がオススメです。

・ウルトラ多用途SU

オススメのボンド【素材+素材】水槽で使えるボンド「ウルトラ多用途SU」をご紹介

乾くとゴムのような質感になるボンド。

複雑な形状をしたところにも、ムギュッとフィットするので作業しやすいです。

角度のあるところを接着する場合は、タレてしまうので注意が必要ですよ。

「石垣を作る」「土管の周りに石を付ける」など特殊な加工をする際はこちらを使うことが多いですね。

ちなみに、乾燥するのに半日~1日くらいかかりますよ。


・瞬間接着剤

G-1接着剤

オススメなのはこちら。

なんと言ってもすぐに固着するので、スピーディーな作業を可能にします。

手順としては

①素材の隙間にティッシュを入れる

②瞬間接着剤を付ける

③乾燥

みたいな感じです。

海外の方の動画ですが、見るだけでも使用感が分かるかと思います(3分くらいのところからです)。

参考 G-1接着剤JUN

板を付ける

流木を立てたレイアウト
出典:AGAコンテスト2016

こんな感じの「流木を立てたレイアウト」を作るときに活躍する方法。

加工は大変ですが、垂直に流木を立てるのは難しいので、こんな感じのレイアウトを作りたい方はぜひ取り入れてみてください。

一度加工してしまえば浮きませんし、しっかりと固定が出来ますよ!

流木に固定した板の上に底床を乗せて重しにするので、一度設置すると移動が大変です。

よく吟味してから、底床を入れましょう。

 

メリット
  • 確実に沈められる
  • 流木を固定出来る
  • 「立てるスタイル」と相性が良い
デメリット
  • 工具が必要
  • 加工が大変
  • 流木を移動しづらい

加工方法

流木をカット

流木を垂直に切り、直線を出します。

この後、板を付けるのでなるべく真っ直ぐに切るよう心がけましょう。

板をカット

流木に付ける板をカット。

大きさは流木に合わせて調整してください。

例えば、直径10cm程度の流木なら、15cm×15cmくらいのサイズがあれば十分です。

流木に板を付ける

垂直に切った面に板を固定します。

流木は硬いので電動ドライバーが必要になるでしょう。

ネジを打つ代わりに、先程紹介した接着剤を使って付けても良いですよ。

立てる
立てる
出典:AGAコンテスト2016

流木を立ててレイアウトしましょう!

必要な物
  • ノコギリ
  • 電動ドライバー
  • ネジ(ビス)
  • 下穴用ドリル
  • 塩ビ板

ノコギリ

流木をカットするなら、ある程度しっかりしたものがあると便利です。

僕はコスパの良い「ゼットソー」シリーズを良く使いますよ。

流木は硬いものが多いので刃はいずれダメになります。

すぐに交換出来るタイプ、交換用の刃が手に入れやすいものが良いですね。

ゼットソーなら大抵にホームセンターにあるはずですよ!

created by Rinker
ゼット販売
¥1,878 (2019/12/06 17:30:46時点 Amazon調べ-詳細)


・電動ドライバー

あると何かと便利な電動ドライバー。

もちろんアクアリウムDIYでも活躍しますよ。

流木にネジを打つ、下穴を開けるなど欲しい場面は多いです。

マキタのドライバーはちょっと高いですが、パワーも強く使いやすいですよ。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥15,239 (2019/12/06 17:30:46時点 Amazon調べ-詳細)


・ネジ(ビス)

ステンレス製の錆びないものが良いですね。

流木のサイズに合わせて長さを変えると良いでしょう。

最低でも3cmは流木の中に入っていないと十分に固定出来ないので注意です。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥557 (2019/12/06 17:30:47時点 Amazon調べ-詳細)

下穴用ドリル

ネジを打つときは下穴を空けておくとスムーズに作業が進みます。

「下穴を空ける加工」はDIYの基本なので持っていて損は無いはずです。

電動ドライバーと合わせて手に入れておくと作業が捗りますよ。

created by Rinker
スターエム
¥764 (2019/12/06 17:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

塩ビ板

3mm厚程度のものが扱いやすいです。

もっと薄いほうが加工が簡単なのですが、薄すぎると流木の固定、重しにならないので注意が必要ですよ。

色はどうせ見えなくなってしまうので自由に選んでください。

今回の加工なら精密にカットしなくても良いので、流木に使ったノコギリで十分にカット出来るはずですよ。

created by Rinker
光(Hikari)
¥1,221 (2019/12/06 17:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

浮きやすい流木

最近では生木に近いタイプの流木が多く流通するようになりました。

長い期間、水中にあった訳では無いので、沈むまでに時間がかかりますよ。

こちらの写真のようなものは特に沈まないですね。

ブランチウッド
ブランチウッド
スタンプウッド
スタンプウッド

他にも何タイプかありますので流木を買う際は店員さんに「沈むまでの時間」を確認すると良いでしょう。

元気

流木は天然資源のため出来るまでにかなりの時間が必要です。これからの流通量を考えると「生木を流木っぽく加工したもの」の流通量が増えるでしょう。

採集した流木

日本の川で採集した流木は基本的に沈みづらいです。

物によっては年単位で沈まないので、「石を接着」「板を付ける」などの方法で確実に沈むようにしたほうが良いでしょう。

注意
場合によっては数年単位で沈みません。

その他の沈める方法

要するに流木が浮かんでこないようにすれば良いので、レイアウトに合わせて自由に工夫してOKです!

IAPLC2019出品作品
アク抜き後

例えばこちらの水槽では「シャックル」という工具を重りにして流木を沈めています。

この水槽で使用した流木はすべて採集したものなのですが、中央の一番大きな流木は1年経った今でも沈みません(笑)

採集流木はずっと沈まないことも視野に入れてレイアウトしたほうが良いですよ!

こちらの記事で制作過程を公開していますので、興味のある方はぜひお読みください。

created by Rinker
ヒメジヤ(Himejiya)
¥294 (2019/12/06 19:02:59時点 Amazon調べ-詳細)

重しに使う石

山谷石
山谷石

水質に影響の無いものであれば何でも使えますよ。

僕はADAから発売されている「山谷石」を使うことが多いです。

真っ直ぐな面が多いので「乗せやすく」「接着しやすい」です。

色も黒っぽいのであまり目立ちませんよ。

もし、どうしても見切れてしまうところに石を付ける場合は、レイアウトのバランスを考えて見栄えの良い石を選ぶと良いでしょう。

元気

余っている石があるなら積極的に利用しちゃいましょう!
参考 山谷石ADA

流木のアク抜きは必要?

絶対に必要な作業ではありません。

しかし、アク抜きをすると流木の中に水が染み込みやすくなるので、沈みやすくなります。

時間を掛けて準備が出来るなら、アク抜きをしてからレイアウトに使っても良いでしょう。

元気

僕は基本的にアク抜きせずにレイアウトに使います。乾いている流木の方が作業しやすいので。

まとめ

今回は「流木を沈める方法」について解説しました。

本格的なレイアウトを作るなら必須となる技術ですので、ぜひ皆さんもマスターしてください。

けれども難しく考える必要はありません。要は流木に「重し」を付けるだけですので。

ご紹介した方法以外にも、様々なアイデアがあると思いますので、ご自分のレイアウトに合わせて自由にアレンジしてくださいね。

元気

流木が浮かばなければ何でもOKですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA