【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

ピグミーチェーンサジタリア

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ピグミーチェーンサジタリア
Sagittaria subulata

  • 低光量~中光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 5cm~40cm
  • 前景草、中景草、テープ状、丈夫な水草
  • 北米
  • サジタリア
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

テープ状の葉を持つ前景から中景にかけて使える水草です。

細葉丸葉有茎草など様々な雰囲気の水草と組み合わせてレイアウト出来るのが魅力ですね。

特に「草むら」のような雰囲気を出したいときにオススメですよ。

あまり密生感は出ないので、ワンポイント的に取り入れると水景に馴染みやすいです。

CO2添加によって背丈が大きく変わる

大きくなったピグミーチェーン

CO2添加の有無によって背丈が大きく変わります。

添加すると最大で40cm程度まで葉長が伸びますよ。

下記のように使い分けると良いでしょう。

  • 添加有り ⇒ 90cm以上
  • 添加無し ⇒ 小型水槽でもOK

※添加有りでもトリミングによって小型にキープすることは可能です

育成のコツ

CO2無添加でも育成できる丈夫な水草です。

根を張る前に溶けるように枯れてしまうことがありますよ。

溶けた葉をすぐに取り除かないと、元気な葉も溶けてしまうことがあるので注意しましょう。

ランナーを出して増殖し、ランナーを切って親株に栄養を集中させると大きく育ちます。

小さくキープするならランナーはなるべく切らないようにしましょう。

分類

オモダカ科 サジタリア属 ピグミーチェーンサジタリア

図鑑の使い方

この図鑑の使い方はこちらで確認できます。

「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

簡単チェック!

水草が枯れてしまう原因

水草が育たない原因を探る簡単なチェックシートを作りました。

直感的に答えていくと30秒で17通りの回答へたどり着きます。

まずは現環境に何が足りないのか(何が多すぎるのか)を把握して、正しい方向を目指しましょう!

水草の育て方

水草育成論

Ordinary-Aquariumでは、私が今まで培ってきた水草育成の技術、知識を初心者の方にも分かりやすく解説しています。

どれも、実際に試して有効なものばかりですので、水草をもっと上手に育てたい方は他の記事もぜひご覧ください。