【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ピグミーチェーンサジタリア

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ピグミーチェーンサジタリア
Sagittaria subulata

  • 低光量~中光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 5cm~40cm
  • 前景草、中景草、テープ状、丈夫な水草
  • 北米
  • サジタリア

レイアウトのコツ

テープ状の葉を持つ前景から中景にかけて使える水草です。

細葉丸葉有茎草など様々な雰囲気の水草と組み合わせてレイアウト出来るのが魅力ですね。

特に「草むら」のような雰囲気を出したいときにオススメですよ。

あまり密生感は出ないので、ワンポイント的に取り入れると水景に馴染みやすいです。

CO2添加によって背丈が大きく変わる

大きくなったピグミーチェーン

CO2添加の有無によって背丈が大きく変わります。

添加すると最大で40cm程度まで葉長が伸びますよ。

下記のように使い分けると良いでしょう。

  • 添加有り ⇒ 90cm以上
  • 添加無し ⇒ 小型水槽でもOK

※添加有りでもトリミングによって小型にキープすることは可能です

育成のコツ

CO2無添加でも育成できる丈夫な水草です。

根を張る前に溶けるように枯れてしまうことがありますよ。

溶けた葉をすぐに取り除かないと、元気な葉も溶けてしまうことがあるので注意しましょう。

ランナーを出して増殖し、ランナーを切って親株に栄養を集中させると大きく育ちます。

小さくキープするならランナーはなるべく切らないようにしましょう。

分類

オモダカ科 サジタリア属 ピグミーチェーンサジタリア

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です