私が行っている苔対策まとめ

ロタラ・マクランドラ“グリーン”

ロタラ・マクランドラ“グリーン”

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ロタラ・マクランドラ“グリーン”
Rotala macrandra’Green’

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 15mm~30mm
  • 後景草、茂みになる草、黄色、オレンジ
  • 東南アジア
  • マクランダグリーン

レイアウトのコツ

環境によって様々な色彩変化を見せるロタラの仲間。

緑、黄色、オレンジと光量が強くなるにつれて色付いてくるので、水面に近づくほどオレンジ色に近づいていく色の変化を楽しむことができます。

葉裏は薄紫色をしているので、良いアクセントになりますよ。

真っ直ぐ水面を目指して成長するので、後景に使うのがおすすめです。

背が高く成長すると、下部の葉が落ち、見苦しくなりやすいので隠すように手前に「中景草」を配置すると良いでしょう。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

成長が早いので養分吸収量が多いです。そのため、養分が豊富に含まれている「栄養系ソイル」を使用すると育てやすいですよ。

高光量、CO2添加のある環境下では、基本的に丈夫で育てやすい種類です。「初めてCO2添加をしてレイアウトする」なんて場合におすすめです。

分類

ミソハギ科 キカシグサ属 ロタラ・マクランドラ“グリーン”