【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

ヒロハノエビモ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ヒロハノエビモ
Potamogeton perfoliatus

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 2cm~4cm
  • 中景草、後景草
  • アジア
  • 広葉海老藻
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

透明感のある濃いグリーンの葉が美しい有茎草です。

波打つような独特の形の葉をしています。

後景のワンポイントにちょうど良く、個性的な葉は良いアクセントになりますよ。

やや成長の早い水草なので中景で使うなら45cm以上高さのある水槽が向いています。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

底床は砂利、ソイルをどちらを使っても問題無く育成出来ます。

やや肥料を多く必要とする種類です。

葉の色が薄くなってきたら肥料不足のサインですので、肥料を追加しましょう。

「汽水」でも育つ

汽水環境にも自生している水草です。

多少、塩分が入っていても育成することが出来ます。

日本にも自生しています

和名はそのまま「ヒロハノエビモ」です。

琵琶湖などに自生しています。

分布範囲が広いので見つけやすい水草ですよ。

分類

ヒルムシロ科 ポタモゲトン属 ヒロハノエビモ