【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

ピンクアンブリア

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ピンクアンブリア
Limnophila sp. ‘brownei’

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 20mm~40mm
  • 中景草、後景草、茂みになる草
  • ブラジル
  • リムノフィラsp.”ブローニー”
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

ほのかに発色する赤い茎とピンク色の頭頂部が美しい有茎草です。

アンブリアの中でも、特に葉が細かい種類で繊細な雰囲気の茂みを作ることが出来ます。

成長速度が早いため、後景に使うことをオススメしますよ。

高さが45cm以上あるなら、中景に使っても良いでしょう。

トリミングをすることで茂みを作ることが出来ますが、密度はそれほど高くなりません。

ある程度、空間を作りたいけど、茂みになる草も使いたいなんて時にオススメですよ。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば十分にキレイに仕上がりますよ。

CO2の添加量が多すぎると、節と節の間が長くなり、間延びしてしまいます。

調子が悪くなる訳ではないですが、見栄えが悪いので注意しましょう。

分類

分類

ゴマノハグサ科 リムノフィラ属 ピンクアンブリア

図鑑の使い方

この図鑑の使い方はこちらで確認できます。

「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

簡単チェック!

水草が枯れてしまう原因

水草が育たない原因を探る簡単なチェックシートを作りました。

直感的に答えていくと30秒で17通りの回答へたどり着きます。

まずは現環境に何が足りないのか(何が多すぎるのか)を把握して、正しい方向を目指しましょう!

水草の育て方

水草育成論

Ordinary-Aquariumでは、私が今まで培ってきた水草育成の技術、知識を初心者の方にも分かりやすく解説しています。

どれも、実際に試して有効なものばかりですので、水草をもっと上手に育てたい方は他の記事もぜひご覧ください。