【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

ニューオランダプラント

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ニューオランダプラント
Limnophila hippuridoides

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 20mm~50mm
  • 中景草、後景草、赤色
  • 東南アジア
  • ニューオランダ
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

菊の花のような姿が目を引く有茎草です。

調子良く成長するとかなり赤みが強くなるので、さらに目を引くようになりますよ。

やや成長の緩やかな水草ですが、大振りな印象なので60cm以上の水槽で使うと良いでしょう。

高さが45cm以上あるなら「中景草」としても使えますよ。

育成のコツ

マメに肥料を追加することがキレイに育てるコツです。

リムノフィラの仲間全般に言えることですが「肥料切れ」にとても弱いです。特に「カリウム」「窒素」が足りないと途端に調子を崩してしまいますよ。

一度、肥料切れになった本種を立て直すのは難しいで、なるべく肥料切れにならないようにすると良いです。

砂利系の底床でも問題無く育成できますが、「真っ赤」に育てるならソイルを使うほうが有利ですね。

水草の栄養不足の見分け方と対策【水草の色が薄い?】水草の栄養不足の見分け方と対策 ー肥料を入れる前にまずは確認!ー

分類

ゴマノハグサ科 シソクサ属 ニューオランダプラント