「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

ブリクサ・ショートリーフ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ブリクサ・ショートリーフ

ブリクサ・ショートリーフ
Blyxa novoguineensis

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 4cm~15cm
  • 中景草、細葉
  • 東南アジア
  • ブリクサ、ブリクサ・ショート

レイアウトのコツ

茎から細い葉を密に茂らせる中景草です。

有茎草に分類されますが、茎はあまり大きく成長しないので「中景草」として有用です。

縦方向にはあまり大型化しないのですが、ボリューム感のある水草なので60cm以上の水槽で使いたいところ。

葉を放射状に広げるので、サイドに植えると窮屈な印象になってしまいます。必ず開けた場所へ植えましょう。

癖のない草姿はどんなレイアウトにも似合います。

ネイチャーアクアリウムの登場以来、定番の中景葉として親しまれていますよ。

石や流木の際部分へ植えると自然感が出ます。

数種類の「前景草」と組み合わせて植えることで、より自然感を高めることが出来ます。

トリミング

全体的に有茎草の仲間はトリミングに強いのですが、本種はトリミングに弱いです。

脇芽を残すようにカットしないと芽が出てこないので注意してください。

キレイに維持するなら「差し戻し」がオススメです。一度、引き抜いて剪定してから再度、植えましょう。

根をしっかり張っているので、引き抜く際はゆっくりと丁寧にしないと周りの水草まで抜けてしまうのでご注意ください。

育成のコツ

基本的に丈夫で育てやすい水草です。

十分な光量とCO2添加があれば問題無く育成出来るはずですよ。

根張りが良い水草のため、底床肥料が特に有効です。

小さくまとめたい場合は、底床肥料を控えめにすると良いでしょう。

CO2を添加しなくても育つ?

  • pH6.4以下
  • 軟水

以上のような水質にすることでCO2無添加でも育成することが可能です。

この場合、大きく育たないので小型水槽でも長期間楽しむことが出来ますよ。

分類

トチカガミ科 スブタ属 ブリクサ・ショートリーフ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です