【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

ウォーターバコパ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ウォーターバコパ
Bacopa caroliniana

  • 低光量~中光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 15mm~25mm
  • 中景草、後景草、丸葉、丈夫な水草
  • 北米
  • バコパ・カロリニアーナ
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

丸い卵型の葉が可愛らしい有茎草です。

真っ直ぐに水面を目指して成長していきますが、成長が緩やかなので中景にも後景にも使うことが出来ます。

独特の肉厚の葉はどこか「多肉植物」のような雰囲気を持っていますよ。

成長が緩やかなので、育てて形作るよりも最初から「階段状」に高さを変えて植えるとキレイにレイアウトすることが出来ます。

時間によって色が変わる?

時間によって葉色が「オレンジ、茶色~黄色、緑色」と変化します。

朝 オレンジ、茶色
夕方 黄色、緑色

※朝とは「ライト点灯直後」夕方とは「ライト消灯前」のことを指します

育成のコツ

基本的に丈夫で育てやすい水草です。

肉厚な葉を楽しむなら「高光量」「CO2添加」が有効ですよ。

肥料の量によって葉色が大きく変わります。

たとえば、肥料が薄めの環境では時間にかかわらず「緑色」になるので、上級者の方は「肥料の調整」によって葉色のコントロールにチャレンジしてみるのも面白いでしょう。

水草の栄養不足の見分け方と対策【水草の色が薄い?】水草の栄養不足の見分け方と対策 ー肥料を入れる前にまずは確認!ー

分類

ゴマノハグサ科 バコパ属 ウォーターバコパ