【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ラゲナンドラ・ミーボルディ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ラゲナンドラ・ミーボルディ
Lagenandra meeboldii

  • 低光量~中光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 3cm~8cm
  • 中景草、丸葉
  • インド付近
  • ラゲナンドラ・ミーボルディ”レッド”

レイアウトのコツ

丸い葉が特徴のロゼット水草です。

ここまで丸い葉の中景草はあまりないので、水景のアクセントにピッタリですよ。

石や流木などの「際」に植えることで自然感のある雰囲気を作ることが出来ます。

複数種の「前景草」「中景草」と組み合わせることで、より自然な雰囲気を作り出せますよ。

育成のコツ

低光量でも育ちますが、キレイに仕上げるにはCO2添加が有効です。

株が大きくなり、葉数が増えてくると株の根元付近の水が滞るようになります。

そうなると溶けるように枯れてくることがあるので注意しましょう。

間引くように時折、葉をトリミングすると良いでしょう。

分類

サトイモ科 ラゲナンドラ属 ラゲナンドラ・ミーボルディ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です