【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

ハイグロフィラ・トリフローラ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

ハイグロフィラ・トリフローラ
Hygrophila triflora

  • 低光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 3cm~6cm
  • 中景草、後景草、茂みになる草
  • インド
  • ハイグロフィラ・インディア
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

頭頂部が褐色に色づくハイグロフィラの仲間。

ボリューム感のある草姿ながら、そこまで大型化しないので小型水槽にも使いやすいです。

中景に配置してレイアウトのポイントとして使うのがオススメです。

ロタラの仲間やパールグラスなどの細かな葉を持つ有茎草と組み合わせることで、コントラストのある水景を作ることができます。

育成のコツ

高光量、CO2添加があれば育成は難しくありません。

成長が早いので養分吸収量が多いです。そのため、養分が豊富に含まれている「栄養系ソイル」を使用すると育てやすいですよ。

高光量、CO2添加のある環境下では、基本的に丈夫で育てやすい種類です。「初めてCO2添加をしてレイアウトする」なんて場合におすすめです。

分類

キツネノマゴ科 オギノツメ属 ハイグロフィラ・トリフローラ

図鑑の使い方

この図鑑の使い方はこちらで確認できます。

「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

簡単チェック!

水草が枯れてしまう原因

水草が育たない原因を探る簡単なチェックシートを作りました。

直感的に答えていくと30秒で17通りの回答へたどり着きます。

まずは現環境に何が足りないのか(何が多すぎるのか)を把握して、正しい方向を目指しましょう!

水草の育て方

水草育成論

Ordinary-Aquariumでは、私が今まで培ってきた水草育成の技術、知識を初心者の方にも分かりやすく解説しています。

どれも、実際に試して有効なものばかりですので、水草をもっと上手に育てたい方は他の記事もぜひご覧ください。