【水草水槽ガイド】水草QA100が書籍になりました!!

イエローバコパ

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

イエローバコパ
Bacopa lanigera

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 2cm~5cm
  • 後景草、丸葉
  • 南米
  • イエローバコパ
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

大振りの卵型の葉が特徴の有茎草です。

バコパの中でも大きく成長する種類なので、見応えがありますよ。

水上葉は毛が生えているゴツい姿ですが、水中葉化すると柔らかな質感のライトグリーンに変化します。

真っ直ぐ水面を目指して成長するので、後景に向いていますよ。

水上葉と水中葉【水中の姿】水草の水中葉と水上葉【陸上の姿】ビオトープの作り方【水辺を楽しむ】睡蓮鉢を使ったビオトープの作り方
元気
元気

夏季ならお外のスイレン鉢で楽しむのも良いですよ!

育成のコツ

高光量、CO2添加がある環境なら育成は難しくありません。

ソイル、砂利を問わず育成出来るので、様々なレイアウトシーンに対応可能です。

水上葉は毛があるためか、空気をまとって浮力が強いです。

根付くまでは浮き上がりやすいので注意しましょう。

丈夫な水草?

本種はなぜか丈夫な水草として紹介されることがあります。

丈夫なウォーターバコパ(バコパ・カロリニアーナ)と混同しているのでしょうか?

本種は育成には「高光量」「CO2添加」が必須なのでご注意ください。

分類

ゴマノハグサ科 バコパ属 イエローバコパ