【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【水草水槽】エアーレーションは必要なのか? ー必要な場面と方法を徹底解説ー

本記事は「水草水槽のエアーレーション」について解説します。

Aeration(エアーレーション)とは直訳すると「空気を通すこと」です。
いわゆる「金魚のブクブク」「酸素のヤツ」などと呼ばれるもののことですね。

エアーレーションて何?

水草水槽にエアーレーションは必要なのでしょうか?
答えは「必ず必要では無いけれど、出来ればしたほうが良い」です。

「必要となる場面」や「エアーレーションに必要なもの」「セッティング方法」など初心者の方にも分かりやすく解説しますので、ぜひ読んでみてください。

エアーレーションの効果

水草水槽においてエアーレーションに期待することは下記の2つです。

  1. 油膜の除去
  2. CO2中毒の予防
油膜の除去
泡を水面で弾けさせることで「油膜」を除去します。
水草水槽へエアーレーションを導入する一番の理由では無いでしょうか?油膜除去についてはこちらで詳しく解説しましたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。
【水草水槽】油膜対策 を詳しく解説 ー3つの方法をご紹介ー
CO2中毒の予防
空気が水と触れ合うと「水中に溶けている気体」が空気中に逃げていきます。CO2は水に溶けやすく、逃げ出しやすい性質があるので、これを利用して余ったCO2を取り除く効果があります。

余ったCO2を取り除く??

これは水槽のコンディション、セッティングなどで大きく変わる部分なのですが、水草が消費しきれなかったCO2が徐々に蓄積することがあります。

「CO2が余る」グラフ

CO2濃度が限界を超えると、まずはエビから死んでいきます。
CO2添加をしている水槽で、突然、エビが大量死することが稀にあります。
おそらく原因はCO2中毒です。

水草をキレイに育てるためには日々「適正量」を添加する必要があるのですが「ちょうどぴったり」適正量を添加し続けることは至難の技です。
そこで、ちょっと多めに添加して不足しないようにしているのですが、余り過ぎてしまうとこのようなことが起きます。

具体的にどれくらいの添加量から「余る」のかは水槽によって大きく変わります。はっきりとしたことが示せなくて申し訳ないのですが、以下のような水槽はCO2が余りやすいです。

①たくさんの水草が茂っている水槽

有茎草がいっぱい①
有茎草がいっぱい②

有茎草をたくさん茂らせた水槽は添加量が多くなる傾向があるので、何かの拍子にCO2が余るのことがあります。


②水面が動いていない水槽

水面の動かない水槽
まったく水面が動いていないと、ほとんどCO2が逃げないので余る可能性が高くなります。今までの経験上「水面が動いていない+フタが閉まっている水槽」は注意した方が良いですね。


上記のような水槽ではエアーレーションをして「毎日CO2残量をリセット」することをオススメします。ふとしたタイミングでCO2中毒が起こるかもなので、予防するに越したことはないでしょう。

CO2中毒になったら

CO2中毒になると下記のような症状がでます。

症状
エビ
・動きが止まる
・ひっくり返る


・水面でパクパクする
・そこでじっとして動かない
・瞳孔が開く

見極めるポイントとしては「全員に一気に同様の症状が出る」ことです。
まずはエビから始まり、さらに濃度が高くなると魚に影響が出ます。
種によって症状が出始めるまでの時間差がありますが、大体同じくらいのタイミングで症状がでます。

対処法はシンプルです。

  • すぐに80%換水してください。

・CO2濃度の高い水 ⇒ 捨てる
・新鮮な空気を含んだ新しい水 ⇒ 入れる

水道水には空気がたくさん溶け込んでいます。
換水をすることよって新鮮な空気を水槽へ入れることが出来ますよ。
汲み置きの水は含まれている空気量が少ないので、必ず「水道水」で換水しましょう。

MEMO
実は基本的な設備のある水槽で「酸欠」になることはほとんどありません。店舗のように魚をたくさん飼育している、フィルターを付けていないなどの特殊な要因がなければ、酸欠はあまり心配しなくて良いですよ。

酸素の供給は?

水草水槽ではエアーレーションに「酸素の供給」を期待していません。

酸素の気泡

CO2を添加すると水草がたくさん光合成をして酸素の気泡を付けるのを見たことがあるかと思います。なぜ、酸素が水に溶けず、気泡になって見えるかと言うと「酸素が飽和」しているからなんですね。

「もうコレ以上水に溶けないよ!」
ということです。

酸素の供給能力は「エアーレーションよりも光合成の方が優秀」です。しっかりと光合成が行われている環境なら「酸欠」にはなりませんのでご安心ください。

注意
光合成をたくさんしている環境なのに酸欠みたいな症状が出たらそれは「CO2中毒」の可能性大です。ただちに換水してください!

多分、無理です。 エアーレーションは酸素だけではなく「空気」そのものが水に溶け込むので酸素飽和量まで濃度を高くすることは出来ません。

エアーレーションに必要なもの

エアーレーションをするために必要なものをリストアップします。

元気

それぞれオススメの商品もご紹介します。
準備するもの
  1. エアーポンプ
  2. シリコンチューブ
  3. 逆流防止バルブ
  4. エアー調整コック
  5. エアーストーン
あると便利なもの
  1. タイマー
  2. ジョイントグラス
  3. キスゴム

準備するもの

① エアーポンプ

空気を送り出すポンプです。
水草水槽用のエアーレーションならパワーの弱いもので十分ですよ。
なるべく「静かな」ものを使いたいですね。

オススメ商品

水作 水心SSPP-7S

水心SSPP-7S
静かさとパワーを兼ね備えています。
小型水槽用ですが、十分働いてくれます。
120cm水槽くらいの水槽までカバー出来ます。
それより大きな水槽で使うなら「SSPP-2S」がオススメです。

参考 水心シリーズ水作

ニッソー MUTE S

MUTE S

現状、最も静かなエアーポンプです。
ほとんど音がしません!その代りパワーが弱いです。
~60cm ⇒ MUTE S
60cm~90cm ⇒ MUTE D
適合水槽はこんな感じです。

参考 MUTE Sニッソー

② シリコンチューブ

シリコンチューブ
絶対にシリコン100%のチューブをオススメします。
普通のエアーチューブと比べて作業効率、メンテナンス性が段違いです。
エアーチューブを探す際は必ず原材料「シリコン100%」であることを確認してください!
参考 シリコンチューブ太平洋セメント
参考 シリコンチューブ(各サイズ)モノタロウ


③ 逆流防止バルブ

逆流防止バルブ

エアーポンプにセットでついている場合は別途揃える必要はありません。
水面より下にエアーポンプを設置する場合、ポンプがストップすると水が逆流してくることがありますので必ず付けましょう。

使えるものと使えないものがあります。CO2用のものは「強い圧力」をかけて作動させないと機能しないものがありますのでエアーレーション用として使えるかは確認してからにしましょう。
参考 逆流防止バルブテトラ

④ エアー調整用コック

一方コック

エアーポンプに内蔵されている場合は必要ありません。
泡が弾ける時に飛沫が飛ぶので、エアー量を調整してあまり飛沫が飛び散らないようにしましょう。 参考 一方コックチャーム


⑤ いぶき エアーストーン 18Φ丸

エアーストーン 18Φ丸

エアーストーンの中で一番泡が細かいストーンです。
今回ご紹介した使用方法なら小さなサイズで十分機能しますよ。
泡が細かい方が「飛沫が飛びづらい」「泡のはじける音が小さい」ですよ。
硬いので寿命が長いのも素敵です。

参考 エアーストーン 18Φ丸いぶき

あると便利なもの

① リーベックス 簡単デジタルタイマー

 

簡単デジタルタイマー
機械が苦手な方でも簡単に設定が出来ます。
ライトの点灯、CO2添加していない時間に設定することで「CO2ロス」を気にせずエアーレーションすることが出来ます。

設定例

ライト、CO2添加時間 「10:00~20:00」
エアーレーション 「20:00~10:00」

元気

「ライト、電磁弁用」に1台、「エアーレーション用」にもう1台、計2台タイマーがあると便利ですね!自動化出来るところはして「水草育成」「レイアウト」に集中出来る環境を用意することが技術向上のコツです。
参考 簡単デジタルタイマーアマゾン

② ジョイントグラス

ジョイントグラス

水槽に引っ掛けるようにすると配管をスッキリとまとめる事ができます。
必ず必要なものではありませんが、配管はなるべくコンパクトにまとめて見切れないようにすると美観が良いですよ。

参考 ジョイントグラスADA

③ キスゴム

キスゴム

チューブを固定するために使用します。
こちらも必ず必要なものではありませんが、配管の美観をよくするためにあると便利ですよ。透明タイプがオススメです。

参考 キスゴム各種チャーム

セッティング例

エアーレーションのセッティング例をご紹介します。

エアーレーションセッティング例

電源
タイマーを接続するので嵩張って邪魔な場合は延長タップをご利用ください。
タイマー
時間を設定してエアーポンプを接続後、電源へ繋ぎましょう。簡単です!
エアーポンプ
仕組み上「振動」するものが多いので「ゴム板を下敷きにする」とさらに静かになります。
エアー調整コック
エアーポンプの直ぐ側に設置するとメンテナンス性が良いです。
逆流防止バルブ
こちらもエアーポンプの側が良いですね。
エアーストーン
水槽内にシリコンチューブをキスゴムで固定して配管をスッキリとまとめると美観が良いですよ。

エアーストーンの設置場所

オススメのエアーストーン設置場所を2つご紹介します。
レイアウトスタイル、管理面を考えてお選びくださいませ。

オススメの設置場所
  • 水槽角
  • 水槽中央付近

・水槽角
簡単に設置出来て、取り外しも簡単なのでメンテナンス性が良いです。基本的に水面直下に設置すれば十分に機能しますよ。

エアーレーションの設置位置

・水槽中央付近に設置
設置は大変ですが「飛沫が水槽外へ出ない」というメリットがあります。レイアウト製作時にソイルや砂利に埋めて配管するとキレイに出来ます。
砂利系底床の場合はエアーストーンも埋めるようにすると、泡が砂利の中から出てきて面白いですよ(ソイルだと濁りが出るので止めましょう)

中央に設置する場合

一番の違いは「飛沫の飛ぶ範囲」です。
「水槽角」に設置した場合、飛沫が水槽外へ出るので注意が必要です。
設置は簡単だけど飛沫が飛ぶ「水槽角」か設置は大変だけど飛沫が水槽の外へ出ない「水槽中央付近」かの選択ですね。

飛沫の飛ぶ範囲

ちなみに飛沫が飛ぶとこんな感じになってしまいます。
水に含まれる「カルシウム」が残っちゃいますよ。
飛沫が飛ぶと

ジョイントグラスのすすめ

ジョイントグラス

ジョイントグラスを使うことで配管をスッキリとまとめることが出来ます。

シリコンチューブは急な角度で曲げてしまうと潰れてしまって空気が出なくなってしまいます。そのため、カーブさせるところは大きく迂回させる必要があるので、美観がよろしくありません。

そこでジョイントグラスの出番です。

設置の際は水槽の「ガラス厚」よりも大きなものを使わないと設置出来ないので注意してください。ADAのHPにて確認出来ますのでまずはチェックしてみてください。

併せて「水槽サイズ別ガラス厚表」を作りました。
検討の際に見てみてください。

水槽サイズガラス厚
~45cm5mm
60cm×30cm×36cm6mm
60cm×45cm×45cm8mm
90cm×45cm×45cm10mm
120cm×45cm×45cm12mm

※商品によって微妙に異なるので必ず購入前にガラス厚をご確認ください

その他のエアーレーション方法

エアーレーションとは「空気を通すこと」なので、ブクブクさせることだけが方法ではありません。水槽の水と空気が混ざればそれがエアーレーションになります。

元気

上部式フィルターやオーバーフロー水槽は常にエアーレーションしているようなものですね。

水草水槽の場合は「外部式フィルター」の排水を利用すると良いですよ。

ジャバジャバジャ

こんな感じで水の出口を水面よりも上げて水が水面を動かすようにすると良いですよ。こちらで詳しく解説解説しましたので興味のある方は読んでみてください。

「水面を動かす」へ飛ぶ

CO2添加とエアーレーションを同時に行っても良いの?

同時に行っても問題ありませんよ。
ちょっとCO2にロスが出ますが。

しかし、光合成をたっぷりしている水草水槽の場合、常時エアーレーションをする意味はあまり無いです。
「セット初期で油膜がヒドイ」「演出として泡のポコポコ感が欲しい」などの理由がない限り夜間のみで良いでしょう。

まとめ

今回は「水草水槽のエアーレーション」について解説しました。

エアーレーションは絶対に必要なものではありませんが、不意に起きる「CO2中毒」を予防できます。

ご予算に余裕があるならぜひ設置してCO2中毒を予防しましょう。

元気

CO2中毒は、まずエビから死んでしまうので
「エビ減少 ⇒ 苔がでちゃう」
なんてコンボを予防することが出来ますよ。

2 COMMENTS

アバター 渡辺

いつもお世話になっております。
一つのストーンをCO2拡散器とエアーで兼用できますか?
またできるとしたら、どういったストーンを選べば良いですか?
よろしくお願いします。

返信する
轟 元気 轟 元気

渡辺さん、コメントありがとうございます。

ある程度目の荒いストーンなら可能かと。
一度チャレンジしたことがあるのですが、調整が難しく、出来たのですがエアーの方が極微量しかでませんでした。
もっと荒いストーンを使えばよいのですが、そうするとCO2の泡が荒くなってしまうので添加効率が悪くなってしまいます。
その時は、アクアフォレストオリジナルのCO2ストーンを使いました(現在は廃盤)。
微調整の難易度に対して、リターンがあまりにも少ないので、現在は別々の配管にすることに落ち着いています。

様々な目の粗さのCO2ストーンがありますが、エアー、CO2を両方とも丁度良く出せるストーンは現在のところ、私は知りません。
お力になれず申し訳ないです。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です