【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

【苔対策に!】シナヌマエビを川で採集して使う

本記事では苔対策として「シナヌマエビを川で採集して使う方法」を解説していきます。

皆さん、シナヌマエビってご存知ですが?

近所の川で小さい頃から採集をしていますが、たくさん採れるエビが実は外来種だと最近知りました。

その名も「シナヌマエビ」です。

とても同定が難しいので、学名までは分かりませんが、私が子供時代から採っていたエビはシナヌマエビのようです。

ある程度キレイな川になら大抵いると思いますので、簡単に採集出来ます(少なくとも関東にはいるはずです)。

しかも、苔取りに有用なのです!

アミでガサガサするのが好きな方は、ぜひ捕まえに行ってみてはどうでしょうか?

もともと、その地域にいなかったのに人の手で他の地域から入ってきてしまった生き物ことです。反対語は「在来種」 参考 外来種Wikipedia

シナヌマエビとは

シナヌマエビ

中国、朝鮮半島から日本に帰化したエビの仲間です。

同定が凄く難しいのですが、学名では「Neocaridina davidi?」「Neocaridina heteropoda?」とされています。

チェリーシュリンプ系の原種とされていますが、私が近所の川で捕まえる個体(今回ご紹介するやつ)は「アルジーライムシュリンプ」の名前で出回るエビとそっくりなので、また違う種類なのかもしれませんね。

恐らくは複数種が「シナヌマエビ」として一括にされているのでは無いかと思います。

参考 シナヌマエビWikipedia

ミナミヌマエビとよく似ている

在来種のミナミヌマエビとよく似ています。

私が採集するエビがミナミヌマエビでは無いと考える理由はこちら。

  • ミナミヌマエビは関東に分布していない(自然分布)
  • 体型が違う
  • サイズが違う
  • 苔取り能力が違う

「体型」についてはなんとも直感的な判断なのですが、ミナミヌマエビよりもガッチリとしていますよ。

サイズは明らかにミナミヌマエビよりも大型です。

苔取りとしてもミナミヌマエビより優秀ですね。

元気

正確にはDNAを精査するしかないのですが、、

シナヌマエビの苔取り能力

苔取りでよく利用される「ヤマトヌマエビ」と「ミナミヌマエビ」と比べてみるとこんな感じです。

シナヌマエビは「ヤマトヌマエビに次ぐ苔取能力を持つ」「淡水で繁殖させることが出来る」のがポイントですね。

ヤマトヌマエビ
苔取
(5.0)
繁殖
(1.0)
サイズ
(4.5)
評価
(4.5)
シナヌマエビ
苔取
(4.0)
繁殖
(4.5)
サイズ
(3.5)
評価
(4.0)
ミナミヌマエビ
苔取
(2.5)
繁殖
(4.0)
サイズ
(2.5)
評価
(3.0)
ヤマトヌマエビ
対苔用エビの中で一番苔を食べてくれます。とりあえず苔取りで迷ったらヤマトを入れると良いでしょう。欠点は淡水で繁殖しないこと。繁殖させるには徐々に海水にする必要があります。
シナヌマエビ
苔取能力はヤマトに負けてしまいますが、ミナミよりも優秀です。加えて繁殖力が旺盛なのもポイントです。調子の良い水草水槽なら簡単に繁殖させることが出来るでしょう。
ミナミヌマエビ
苔取り能力は今回ご紹介する3種の中で一番劣りますが、小さいのがポイントです。小型水槽に入れても不自然さは無いかと思います。淡水で繁殖させられるので苔取能力を「数」でフォローすることが出来ますよ。

シナヌマエビを採集する

安全に十分注意する
採集する際は安全に十分注意しましょう。基本的に人気のないところで採集するので、何かあっても助けてくれる人は近くにいません。出来れば複数人で出掛けてお互いの安全を確認することをオススメします。
私有地に無断で入らない
他人の土地に無断で入らないように注意しましょう。訳を話せば快く採集させてくれるかもしれません。トラブルを避けるために気持ちの良い挨拶を心がけましょう。
採りすぎない
エビは簡単に採れます。ついつい採りすぎてしまいますので、水槽サイズと相談して無理なく飼育出来る数だけ採集しましょう。

私は近所の川でしかシナヌマエビを採集したことが無いのですが、関東なら中流~上流域に広く分布しているようです。

下流域でも採れるようですが、スジエビやテナガエビなど苔取りに使えない他のエビも多く捕まるので選別が大変かもしれませんね。

こんな場所にいます

川
根のところをガサガサ
採れるところ

川辺りの植物の根元付近をアミでガサガサしてみましょう。

軽くガサガサするだけでエビが採れるはずです。

大量!

場所によっては一度に数10匹採れることもありますよ。

採りすぎ注意!

必要なもの

シナヌマエビを採集するだけなら川辺りからアミを入れるだけなので、水に入る必要はないかもしれません(場所によりますが)。

なので、アミとバケツがあれば十分に採集出来ますよ。

  1. アミ
  2. バケツ

・アミ

created by Rinker
PRO MARINE(プロマリン)
¥589 (2019/10/18 01:08:54時点 Amazon調べ-詳細)

川辺りのから狙えるように「柄の長いタイプ」がオススメです。三角形型が採りやすいですよ。

ちなみに潜って採る方なら柄の短いアミをオススメします。


・バケツ

created by Rinker
新輝合成
¥320 (2019/10/18 01:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

バケツは10Lくらいのものが取り回しやすいでしょう。

水槽に入れる際にそのまま水合わせにも使えるので重宝するサイズですよ。


アミとバケツなら釣具屋さんやホームセンターでも手に入るはずです。

興味のある方は行ったついでに見てみると良いでしょう。

水槽へ導入する際の注意点

水合わせ

採集した生き物を水槽へ入れる場合、「野生環境にいる様々な他の生き物を水槽へ持ち込むこと」になります。

どんなに丁寧に水合わせをしても多少は入ってしまうので、このあたり気になってしまう方は採集した生き物を水槽に入れないほうが良いかもしれません。

元気

持ち込みを気にする方は管理がしっかりしている店舗などで生体を購入することをオススメします(シナヌマエビは売っていませんが)。

ちなみに、こんな生き物が紛れ込みますよ。

  • プラナリア
  • ヤゴ
  • カゲロウの幼虫
  • ヒル

などですね。

元気

川である程度汚れをキレイにしてから持ち帰ると水合わせ作業が楽になりますよ!

苔取りで入れるなら

苔取りで入れるなら「ヤマトヌマエビよりもちょっと多め」に入れましょう。

こちらの記事で苔取用生体の投入量など詳しくまとめましたので、お困りの方はぜひご確認ください。

まとめ

今回は苔退治用に「シナヌマエビを川で採集して使う方法」をまとめました。

フィールドに出て採集するのが好きな方はぜひお試しください。

ヤマトヌマエビほどではありませんが苔取りに有用ですよ。

また、とっても増やしやすいので「エビ繁殖の入門種」としてもオススメです。

大型魚を飼育しているなら活餌としても良いかもしれませんね!

近くに川がある方は次の休みにでもお出かけしてみてはいかがでしょうか?

元気

外来種なので再放流は止めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です