【初心者必見】私が行っている苔対策まとめ

【貝駆除】アベニーパファー

今回は「アベニーパファー」について解説します。

「世界最小の淡水フグ」として紹介されることも多く、可愛らしい姿からとても人気のあるお魚です。

水草を楽しんでいる方には「貝退治」用のお魚として有名なので、すでに飼育している方も多いはず。

実は比較的簡単に繁殖させられるなど、他の魅力もあるお魚です。

初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

基礎情報

名前
アベニーパファー
学名
Carinotetraodon travancoricus
分布
インド
サイズ
2.5cm~3cm
食性
冷凍アカムシなどの活餌を好む
通称
アベニー

貝駆除用として

現地でも貝を好んで食べていることから「貝駆除用」として有用です。

駆除能力は物凄く強いので、極少数を入れるだけでも十分に効果を発揮しますよ。

こちらの表に具体的な匹数をまとめましたので御覧ください。

水槽サイズ
45cm~90cm1匹
90cm~150cm2~3匹

その他、貝駆除に関してこちらで詳しくまとめました。

興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

アベニーパファーは人工飼料に餌付き難いお魚です。

活餌系はだいたいなんでもよく食べてくれるので、飼育の際は予め準備しておきましょう。

手に入りやすく、管理が簡単な「冷凍アカムシ」を与えるのが良いです。

キョーリンから発されている「クリーン赤虫」「クリーン赤虫ミニキューブ」が質も良くオススメですよ。

アベニーが食べる活餌
  • 冷凍アカムシ
  • イトメ
  • ブラインシュリンプ
参考 クリーン赤虫キョーリン 参考 クリーン赤虫ミニキューブキョーリン

人工飼料には絶対に餌付かないの?

餌付く子は餌付くのですが、少数です。

JUNから発売されている「クリルグラニュールパファー」は比較的餌付きやすいので、人工飼料にチャレンジするならオススメですよ。

MEMO
餌付かない子は餌付かないので、出来ることなら冷凍アカムシも準備しておきましょう。
参考 クリルグラニュールパファーJUN

貝駆除中のご飯は?

与えないほうが貝駆除を積極的にしてくれます。

場合にもよるのですが、そのまま餌を与えずに飼育してしまうこともありますよ。

貝は根絶することがかなり難しいため、常にちょっとは残ります。

上手くバランスが取れると餌を与えなくても貝を食べて元気に飼育出来ますよ。

元気

水草水槽の貝駆除で入れる場合は餌を与えないことが多いです!割と大丈夫ですよ。

雌雄判別

成熟していれば比較的簡単にオス・メスの区別がつきます。

オスの特徴
  • 目の後ろにシワが入る
  • 全体的に色味が派手
  • 小競り合いをしている
メスの特徴
  • お腹以外に黒いスポット模様が入る
  • 全体的に色味が薄い
  • お腹がふっくらする(成熟すると)

元気

分からなかったら店員さんに聞いてみましょう!

繁殖

オス・メスの区別が簡単なことから繁殖させやすいお魚です。

雌雄が揃っているなら状態良く飼育しているだけでも、いずれ繁殖させることが出来ますよ。

しっかりと子供を取るなら「30cmクラスの水槽」を繁殖用として用意しましょう。

卵をばら撒くように産むため、他の魚がいるとすぐに食べられてしまいます。

そのため、アベニーだけで飼育した方が殖やしやすいですよ。

混泳について

アベニーは淡水フグの中でも「他のお魚のヒレを齧る傾向が強い」です。

「ヒレの長いお魚」「動きの遅いお魚」とは一緒に飼育しない方が良いでしょう。

自然化では大きな群れを作って生活しているためか、飼育数が多くなればなるほど気が強くなります。

複数匹で飼育する場合はさらに注意が必要ですよ。

相性の悪いお魚例
  • ベタ
  • グッピー
  • エンゼルフィッシュ
  • トランスルーセントグラスキャット

元気

貝駆除用に1匹入れるくらいなら大人しいのですが、、、

相性の良いお魚は?

動きの早いお魚は比較的混泳させやすいですよ。

また、底物など泳ぐ場所が全く違うお魚も向いていますね。

  • テトラの仲間
  • コイの仲間
  • プレコの仲間
  • コリドラスの仲間
注意
全く問題無く混泳出来る訳ではありません。たまにヒレを齧っちゃうくらいは多めに見てくださいね。

夏場は繁殖期

「梅雨明け~9月半ば程度」まで繁殖シーズンのため入荷がストップします。

お探しの方はご注意ください。

「9月中旬~下旬程度」から順次、入荷が始まりますよ。

MEMO
最初は小さい赤ちゃんアベニーが入荷します。

まとめ

飼育に冷凍アカムシが必要ですが、とっても可愛いですよね。

水草水槽を楽しむ方にとっては「貝駆除」のイメージが強いですが、実は繁殖も狙えるペットフィッシュとして高いポテンシャルがあるお魚なんです。

水草のたくさん茂った水槽は繁殖するにあたり、理想的な環境です。

すでに貝駆除用に飼育しているなら、数を増やして繁殖を狙ってみるのも面白いですよ。

元気

繁殖を狙うなら冷凍アカムシをたっぷり与えましょう。

4 COMMENTS

アバター TEN

はじめまして
あけましておめでとうございますm(_ _)m
いつも色々な記事を参考にさせて頂いております。
今回アベニーパファーについて教えて頂きたく初コメントさせて頂いた次第です。
アベニーパファーをお迎えして2ヶ月程になりますが、お迎えして3日目当たりから人口餌のクリルを食べてくれるようになったのですが、全く見向きもしない時もあり、その際は冷凍赤虫を与えてみるのですが赤虫を食べても1匹程しか食べず、基本的に毎度あまり餌を食べてくれません(;A;)
飼育環境は…
アベニーパファー1匹単独飼育
水量は約7L
パネルフィルター
低床は白砂
流木2つ、石4つ、水草5本
マリモ2つ
照明はテトラのクリップ式
ヒーターは…26℃固定のはずなのですが外気温(室温)にかなり影響され、この時期は仕事から帰宅すると23.5℃位で部屋で暖房使用していると27.8℃まで上昇してしまうので27℃付近になったら一旦ヒーターをoffしたりしております。
温度差が原因で餌をあまり食べてくれないのでしょうか?
白点病ではないと思うのですが、口元がフヤケタようになっていたり、頭に何か白っぽいフヤフヤした物が着いてる事もあります(;A;)
お忙しいところ申し訳ございませんが教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

返信する
轟 元気 轟 元気

TENさん、明けましておめでとうございます!
また、コメントありがとうございます。

アベニーパファーの餌食いが悪いのですね。
アベニーのサイズを考えると冷凍アカムシ1匹というのはそこまで食事量として少なくないかと思います
なのでそこまで心配しなくても良いかと思いますよ。

冷凍アカムシのサイズにもよるのですが、キョーリンの冷凍アカムシを与えているのであれば、アカムシ1匹でも特に問題ないかと思います。

それよりも、水温が一定で無いことが気になります。
通常、温度変化が大きいと調子を崩しやすくなるので、23.5~28度の変化は負担が大きいです。

パネルヒーターを使っているとのことですが、それは水槽の下に敷いて使うタイプのヒーターでしょうか?
ヒーターは「水槽の中」に入れるタイプの方が水温のブレが少なくオススメです。

また、「口元がフヤケタように」「頭に何か白っぽいフヤフヤした物」が着いているようですので、画像を送っていただいてもよろしいでしょうか?
もう少し具体的な提案が出来るかもしれません。

もし、可能であればこちらまで
①お魚のアップの画層
②水槽全体の画像
をお送りください。
よろしくお願い致します。

ordinaryaquarium@gmail.com

返信する
轟 元気 轟 元気

ご返信ありがとうございます。
こちらからの返信メールがエラーで返ってきましたのでコメントにて失礼いたします。

画像ありがとうございました。
残念な結果となってしまいましたね。。

この症状は水カビ病だと思います。
隔離して初期症状ならメチレンブルー、重症ならグリーンFゴールド顆粒での薬浴が効果的です。

15Wのヒーターとのことですが、15Wですと3L程度が許容量です。
7Lある水槽でしたら40W~50W程度のヒーターが必要ですね。

水温が低い原因はW数が足りないことが原因だと思います。
水温の上下動はお魚に負担が大きいので、それが原因となって病気を発症したのかもしれませんね。

次回、飼育を始める際はヒーターを新しいものに交換してからスタートすると良いと思います!

返信する
アバター TEN

こんばんは、お世話になっております。
こちらに返信して下さっていたんですね(汗)
メールにて…と思っていたので気づかず申し訳ございませんm(_ _)m

水カビだったんですね…(>︿

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA