【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

セイヨウマリモ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

セイヨウマリモ
Aegagropila linnaei

  • 低光量~中光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 4cm~30cm
  • ユニーク、丈夫な水草
  • 北半球北部に点在
  • 西洋毬藻

レイアウトのコツ

丸い姿がなんとも言えない可愛らしさのある藻の仲間です。

本図鑑では便宜上「コケの仲間」に分類しました。

前景にコロンと転がしておくだけで、目を引くワンポイントになります。

直径4cm~8cm程度のものが多く流通しているので、大きめのボトルなどで楽しむと良いでしょう。

育成のコツ

低光量、CO2無添加の環境でも育つ丈夫な水草です。

高水温は苦手なので28℃以上にならないように注意しましょう。

調子を崩すと、灰色に変化してしまい美しくありません。

一度、灰色になると復活までに長い時間が必要なので注意しましょう。

「マグネシウム」「カルシウム」などミネラル分を好みます。

マメに換水をして水道水に含まれるミネラル分を入れてあげましょう。

MEMO
夏場だけ冷蔵庫で管理する方法もあります。低光量には強いので夏季の数ヶ月間を冷蔵庫で過ごしても枯れませんよ。

丸く育てる

時々、手でこねて丸くしてあげましょう。

本来は波に揺られて丸くなっているので、何もしないでいるとマリモの繊維がいろんな方向へ伸びだして美しくありません。

マリモって何?

細い繊維状の藻が集まった集合体です。

多くの自生地では石に張り付いた姿をしているので丸くありません。

一部の湖のマリモだけが丸くなっています。

自然下では個体数が減っており、基本的に保護されているので自然採取は止めましょう。

販売されているマリモ

採取、養殖したマリモを手で丸めたものが流通します。

国内では「釧路湿原国立公園シラルトロ湖産」を採取、養殖したものが加工され販売されることが多いですね。

こちらは単に「マリモ」と呼ばれ、瓶に入れて販売しているほとんどがこのタイプです。

本種は、ヨーロッパ産のマリモを東南アジアで養殖したものがほとんどですね。

分類

アオミソウ科 マリモ属 セイヨウマリモ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です