私が行っている苔対策まとめ

【流木レイアウトに向く】軟水を好む水草10選

軟水を好む水草10選

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

本記事では「軟水を好む水草」を10種ご紹介します。

基本的に水草は軟水の方が育てやすく、キレイにキープすることができます。

今回は数ある水草の中でも特に軟水でキープするべきものをご紹介していきますよ。

「軟水を好む≒育成の難しい水草」と言い換えることもできます。

そのため、初心者の方が育成でつまづきやすい水草と言えるでしょう。

今回ご紹介する水草が上手くいかないなら、ぜひ水質調整にチャレンジしてみてくださいね。

直感で選ぶ水草図鑑直感で選ぶ水草図鑑

軟水を好む水草

  • 軟水じゃないと育成が難しい
  • 枯れないけど軟水じゃないとキレイに維持するのが難しい

軟水を好む水草は大別するとこちらの2つになります。

育成そのものが上手くいかないものと、枯れてしまうわけではありませんがキレイに維持することが難しいものに分けることができますよ。

軟水じゃないと育成が難しい水草

  • トニナsp.”ベレン”
  • スターレンジ “サンガブリエル”
  • ロタラ・マクランドラ
  • パンタナルレッドピンネイト
  • ラージパールグラス
  • コブラグラス

軟水にキープしないと萎縮し、徐々に枯れてしまう水草達です。

これらの水草を育てるなら、軟水にキープすることが条件になりますよ。

トニナsp.”ベレン”

  • 後景草
  • ヤシの木のようなユニークな葉

南米原産のホシクサの仲間。

基本的に南米原産のホシクサは硬度が0に近くないと育成することが難しいですよ。

ユニークな形の葉は独特の水景を作ることができます。

基本的にトニナの名が付く水草は軟水を好みますよ。

スターレンジ “サンガブリエル”

  • 後景草
  • ユニークな星型の葉

こちらもトニナ同様、南米原産のホシクサの仲間。

上から見ると星型に見える独特の草姿が面白いですよ。

産地ごとに微妙に葉の形が違い、コレクションする楽しみがあります。

本種は最もポピュラーなサンガブリエル産のもの。

ロタラ・マクランドラ

  • 後景草
  • 赤く柔らかな葉

真っ赤になる大振りの柔らかな葉を持つロタラの仲間。

繊細かつ大胆な葉はインパクトがあります。

優しいふんわりとした質感の葉を保つためには軟水でキープする必要がありますよ。

パンタナルレッドピンネイト

  • 後景草
  • 菊の花のような葉

頭頂部が真っ赤に染まる後景におすすめの水草。

菊の花のようなボリュームある草姿がインパクト抜群です。

硬度の高い環境では頭頂部が萎縮していしまい、本来の美しさがでないので注意しましょう。

リスノシッポ

  • 後景草
  • まさにリスのしっぽ

名前からして可愛らしい繊細な葉を持つ水草。

ここまで葉が細い赤系水草は珍しく水景の良いアクセントになりますよ。

換水に反応して葉が萎縮してしまうことがあります。

「テトラPH/KHマイナス」などを使い換水することで予防できますよ。

ラージパールグラス

  • 後景草
  • 丸いライトグリーンの葉

丸い可愛いらしさ、水草らしい柔らかさを両立している水草。

トリミングを繰り返すことで大きな茂みになります。

軟水下でキープしないと、下葉が落ちやすく、長期維持が難しいですよ。

コブラグラス

  • 前景草
  • 深い緑の葉色

前景草の中でも特に落ち着いた葉色をしています。

「陰性水草をメインの水槽の前景」「明るい雰囲気の後景草とのコントラストを活かす」なんて使い方がおすすめ。

軟水で維持していると難しく感じる水草ではありませんが、適した水質からずれると、とたんに育成が難しくなります。

軟水じゃないとキレイに維持するのが難しい水草

  • ボルビティス・ヒュデロッティ
  • アヌビアス・ナナ
  • シペルス・ヘルフェリー
  • グロッソスティグマ

別に軟水じゃくても枯れないけれど、見た目にキレイにならない水草達です。

軟水にキープすることで「健康的な葉になる」「苔が付きづらくなる」などの効果が期待できますよ。

ボルビティス・ヒュデロッティ

  • 活着する
  • 時間経過の演出

ネイチャーアクアリウムにおいて良く使用される水草。

石や流木に活着させることで、永い時間経過を感じさせる水景になります。

丈夫だけれど、キレイに育てるのが難しい水草の筆頭です。

アヌビアス・ナナ

  • 活着する
  • すごく丈夫

古くから丈夫な水草として親しまれている種。

ある程度硬度の高い環境でも枯れてしまうことはありませんが、葉に苔が付きやすくなります。

しかし、軟水にキープすることで、ある程度葉に苔が付きづらくなりますよ。

本種に限らずアヌビアスの仲間は軟水でキープした方が苔が少なく、キレイに保つことができます。

シペルス・ヘルフェリー

  • テープ状の葉
  • 爽やかな雰囲気を演出

葉先が細くなるシャープは雰囲気のテープ状水草。

爽やかな雰囲気を演出するのに便利な水草ですが、キレイにキープするには軟水にするのがポイントです。

もともとタフな種類なので枯れてしまうことは少ないですが、硬度が高いと葉に苔が付きやすくなってしまいますよ。

グロッソスティグマ

  • 前景草
  • かいわれ大根のような葉

かいわれ大根のような葉が可愛らしい前景草。

硬度の高い環境では葉が小さくなり、成長が鈍化します。

絨毯のように底床を覆うように成長させたいなら軟水でキープしましょう。

軟水をキープする方法

  • ソイルを使う
  • 水質調整をする

こちらの2つが主な軟水にキープする方法です。

簡単なのは底床にソイルを使うこと。

水道水の硬度が高いなど、ソイルを使っても軟水でキープできないなら水質調整しましょう。

ソイルを使う

底床に水草育成用のソイルを使いましょう。

こちらの記事でおすすめのソイルをご紹介しています。

底床選びにお悩みの方はぜひご覧ください。

【2020年版】私が水草水槽にオススメする底床 ー実際に使って確認していますー

水質調整をする

  • 硬度を上げるものが水槽内にある
  • 水道水の硬度が高い

このような状況にある場合、軟水にキープすることが難しいので水質調整をしましょう。

こちらの記事で水草水槽の水質調整法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

pHと硬度を下げる方法【水草水槽向け】pHと硬度を下げる方法

CO2添加量を増やす

硬度が高いとpHが下がりづらくなります。

pHの高い環境では添加したCO2が水草にあまり利用されない形になってしまいます。

そのため、硬度の高い環境なら通常の添加量よりも1.3~1.5倍程度添加すると効果的ですよ。

CO2添加量についてはこちらの記事で詳しく解説しましたのでご覧ください。

また、添加量を増やす場合、「CO2中毒」の危険性が高くなるので、対処法、予防法を予め知っておくと良いでしょう。

CO2の適正量【CO2の適正量を知る】CO2添加量と添加時間の目安【CO2過多】お魚やエビがCO2中毒になった時の対処法

流木をメインにしたレイアウトに向く

流木は硬度を上げないレイアウト素材です。

そのため、今回ご紹介したような水草を育てるなら「流木メインのレイアウト」が向いていますよ。

石を多用するレイアウトには不向き

レイアウトに使用する石は、モノにもよるのですが硬度を上げてしまいます。

そのため、石を多用するようなレイアウトでは今回ご紹介したような水草は不向きですよ。

硬度が高くても育つ水草

こちらである程度硬度が高くても育てやすい水草をご紹介しました。

石組みレイアウトにおすすめの水草ですので、興味のある方はぜひご覧ください。

硬度が高くても育つ水草【石組レイアウトにおすすめ】硬度が高くても育つ水草10選

まとめ

今回は「軟水を好む水草」を10種ご紹介しました。

キレイにするにはちょっとコツがいる水草達です。

そのため、水草の育成に慣れてきてからチャレンジすると良いでしょう。

上手く育たないなら水質調整をしてみてください!

元気
元気

アヌビアスの仲間は枯れないけれど、キレイに維持するのは難しい水草です!