【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ポリゴナムsp.”サンパウロレッド”

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ポリゴナムsp.”サンパウロレッド”
Polygonum sp.’SaoPaulo Red’

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 20mm~50mm
  • 中景草、後景草、細葉、赤色
  • サンパウロ
  • ポリゴナムsp.サンパウロ

レイアウトのコツ

雑然としたイメージを持ちながら、真っ赤になるポリゴナムの仲間です。

脇芽をあまり出さない種類のため、茂みの密度はそれほど高くなりません。

成長した後も葉と葉の間に適度は空間が出来るので、そこを魚が通り抜けるなどの動きを観察出来る水草です。

調子が良いと強く赤みが出ます。とても目を引くようになりますよ。

中景、後景のポイントとして使いやすいですね。

雑然としたイメージから同じ「細葉」の水草と相性が良いです。

一緒に組み合わせてレイアウトすることで自然感の強い水景になりますよ。

育成のコツ

前提として高光量、CO2添加が必要ですが、大切なのは「軟水」をキープすることです。

硬度を下げる作用のある「水草用ソイル」を使うと育成が楽になりますよ。

また、換水をすると水道水の硬度に反応して調子を崩してしまうことがあります。

換水時には「テトラ PH/KHマイナス」などのpH降下剤を使うと良いですよ。

分類

タデ科 タデ属 ポリゴナムsp.”サンパウロレッド”

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です